2017年11月 4日 (土)

チーム力を高めたい時に有効な1つの手法

本日は、幼体連スポーツクラブ小4サッカーチームのみなさんが『冒険教育プログラム』を体験しにきてくれました。

Dsc07986

◆今日は何をやるのか?簡単な説明
実は、川崎フロンターレトップチーム・ユースもこのプログラムをやっています。
プロサッカー選手と聞いて、みんなの目の色が変わります。
最近では、この噂を聞きつけて、東京のヴェルディユースも来ました。
【みんなが強くなるため(勝つため)には、たくさんの工夫が必要。その工夫の一つとして、今日のプログラムを体験してほしい】と伝えました。
Dsc07914
◆今日の最終チャレンジを確認
今日の最終チャレンジ4mの壁『ウォール』を見に行きました。実際に目の前に立ってみると…『えっ?!』『まじっ?!』と戸惑う様子。
Dsc07917
◆フープくぐり
チャンスは3回、記録更新を目指そう!
和気藹々とした雰囲気でチャレンジ。
結果は、2回目の記録が1番早かった…なんでだろう?みんなで考えました。
Dsc07924
◆ホエールウォッチング
全員がこの巨大なシーソーに乗り、お題にチャレンジします。
楽しい気持ちが強く出過ぎて、同じ失敗が多発。
1度冷静になって、みんなで話し合ってみることに。
すると、ちょっぴりおふざけムードだったみんなのスイッチが入りました。
声が出るようになり、的確な指示、するどい意見が飛び交います。
楽しみながら、でも話を聞くときは耳を傾ける“気持ちの切り替え”も少しずつできるように。
経験したことのある人にしかわからないと思いますが…反対側の人にも鯨を見せたいから、場所をチェンジしようと言ったら、鯨が見える側の人たちが一斉にしゃがんで反対側の人に見せようとしたのが斬新なアイディアでびっくり(笑)
でも、その後、場所のチェンジもちゃんとクリアしました。
Dsc07932 Dsc07929 Dsc07928 Dsc07939
◆パイプライン
一人ずつ持ったパイプの上にピンポン球を転がし、ゴールに入れます。
ゴールの大きさや形は違えど、ゴールを決めることはサッカーと一緒です。
スピードは速い方がいい?遅い方がいい?人と人の距離間はどう?
いろいろなアイディアが出ました。
Dsc07947 Dsc07951
◆Aフレーム
全員が木材の上に乗り、お題通りに並び替えます。
かなりユラユラする不安定な木材。
最初は、「この木材ボコボコだから変えていいですか?」なんていう変化球発言も(笑)
「試合中、芝の状態が悪かったら、その芝、交換してもらえるんだ?」と聞くと、一同「…。」
他の方法でクリアを目指すことに。
不安定さはみんなで支えあってカバーすることにしたようです。
自然と仲間に手が伸びます。
お互いが協力しあう様子が見えてきました。
Dsc07954 Dsc07960
◆ターザンロープ
目の前にあるロープだけで遠く離れた島に渡ります。
島には足が触れるのでやっと…
島に足が着いただけで満足すると、ロープに身体を引きずられて落下…
自分はどのタイミングでチャレンジするのがいいのか。
自分は、仲間に対してどんなフォローができるのか。
得手不得手は人それぞれ。それが理解できた時、自然と役割も明確になっていきます。
不安そうな仲間には「俺たちが手伝うから大丈夫!」なんて声かけも。
※今、私がサッカーの審判だったならば、このプレーにグリーンカードを出したいくらいです(^^)d✨
Dsc07978 Dsc08005Dsc08011_2Dsc07974_2Dsc07975_2




Dsc07981 Dsc08001 Dsc08002Dsc08021_2Dsc08003_2




◆ウォール
「この壁を乗り越えるために、1日をゲームメイクしていこう」というねらいを持ってスタートした今日のプログラム。
「今日積み上げてきたゲームメイクの結果をこの壁に出していこう」とだけ伝え、最後のチャレンジに挑みます。
この壁を全員が登ったら、チャレンジ成功。
最初は、登る人を持ち上げる人(手伝ってくれる人)がたくさんいるので、スムーズに登っていくことができます。
ですが、登り終えた人は、次の人を持ち上げることはもうできません。
つまり、最後の人を持ち上げてくれる人は誰もいないということ…。
登る順番や支え方などの役割分担(ポジション)をしっかり整理しなくてはいけません。
“人が減ったら、アイディアを出してカバーする”
壁を登った人が増えれば増えるほど、残された人の不安や緊張が強くなります。
時には、気持ちが抑えきれなくて涙が出たり、心が折れそうになったりする場面もありました。
残すところ、一人。。 …もう無理かも。 でも、ここまでやってきたのだから…
いろいろな想いが交錯します。
【やっぱり、みんなで成功したい!】という気持ちがピークに達したとき、最後の一人の手が上の人の足に。
両手でしっかりと掴まることさえできれば、あとは絶対イケる…という気持ちに変化していることを感じました
ドキドキドキドキ…みんなの心が同じ方向を向いています
恐さもあった。痛みもあった。辛かったとも思う。
でも…チャレンジ成功おめでとう!
Dsc08042 Dsc08052 Dsc08054 Dsc08068 Dsc08071Dsc08077Dsc08096Dsc08100












◆まとめ
ホワイトボードには、ピンクのふせんと青いふせんが貼ってあります。
これは、今日1日で出たみんなの気づきです。
ピンクのふせんは、良かったこと=得点
青いふせんは、うまくいかなかったこと=失点
見て分かるように、たくさんの気づきがありました。
【得点はこれからもどんどん伸ばしていこう】
【失点は、リカバリーして得点に変えていこう】
という言葉をみんなへの応援メッセージとして伝えて、今日のプログラムが終了です。
今日という1日がこれからのサッカーに繋がっていくことを願っています。 ナイスファイト!本当にお疲れ様でした。
Dsc08103

|

2017年7月29日 (土)

スラックライン

野外トイレの奥スペースにスラックラインを張りました。

Dsc_2610 スラックラインて何? 簡単に言うと綱渡り!
まず初めは、ピンと張られらテープの上でバランスを取って立つこと。そしたら歩いて渡ってみよう。
これだけでも最初はかなり難しい。
Dsc00837 バランス感覚や体幹、集中力を鍛えるには最高の遊びだ。
上級者はテープの上で飛んだり跳ねたり、技を決めることができる。ワールカップまで開催されている。
Dsc00834 Dsc00835 夏休みの間、張っておくので皆さん体験してみてください。
1度やるとはまりますよ!(野口)

|

2017年7月23日 (日)

夏のお土産に

Dscf3760夏休み、せっかくキャンプにきたのだから、何か思い出になるようなものを作りたい!と考えるかたがいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなときは、木の名札作りがおすすめです!

切り出した丸い木の板を、やすり掛けをし、名前を書けばオリジナルの名札の完成です。難しい道具を使わないので、小さな子から楽しむことができます。模様や絵を描くなど凝って作ることもできるので、年齢を問わずに利用されているプログラムです。

ご希望をされる団体は、準備がありますのでお早めにご相談くださいね。
プログラムに困ったときはぜひご利用してみてください。(片岡)

|

2016年8月19日 (金)

保育園児のヒノキの箸作り

Dscf0837本日ご利用の保育園の団体さんに、ヒノキの箸作りを職員が指導しています。ヒノキの四角い棒をかんなを使って少しずつ削ることで、お箸の形になっていきます。

Dscf0845

かんなで棒を削る子、かんなを支えてあげる子、ヒノキの木くずを集める子と、協力している姿が微笑ましいです。

Dscf0849「こんなにたまったよー!」とヒノキの木くずを見せてくれました。削ったときにでる木くずは、ヒノキなのでとっても良い香りがします。「おふろやお気に入りのものといっしょにしようかな~」とわくわくしているようでした。

園児には固くて削る作業は大変でしたが、一生懸命なんどもかんなを動かしていました。自分で手作りしたお箸でご飯はいつもより美味しく感じそうですね。これからいっぱい使ってくださいね!(片岡)

|

2016年8月14日 (日)

親子で○○○!!

昨日までの強い日差しが落ち着いて、過ごしやすい一日となりました。
本日は、親子の団体さん総勢50名が来てくれました。
Dscf0773 Dscf0772
お昼ご飯に流しそうめんをするためにまずは
竹のマイ箸&マイカップを作るところからスタート!
用意してあった竹の切れ端で箸作りに挑戦。
ナタを使って竹を割り、カッターで細くしていきます。
参加している子どもたちはほとんどが未就学児と小学校低学年。
ナタもナイフも初めての経験だったのではないでしょうか。
真剣な面持ちで渡割ったり、削ったりしていました。
Dscf0776 Dscf0778 Dscf0775 Dscf0786 Dscf0788
また、お父さん4名に手伝ってもらい、カップのための竹を切りに森の中へ。
良い感じの竹を3本切り倒しました。
ちょっとしたコツをつかめば、長い竹も一人で持つことが出来ます。
「意外と軽い!」と笑顔で運んでくれました。
Dscf0779 Dscf0780 Dscf0781 Dscf0782 Dscf0785
マイ箸&マイカップができたら、待ちに待った流しそうめんの
スタートです!
もう皆さん、お腹ペコペコな様子。
「5.4.3.2.いただきまーす!」で
一斉にそうめんが流れます。
Dscf0793 Dscf0791 Dscf0794 Dscf0795
自分で作った橋とカップを使って食べるそうめんは格別!
小さい子もどんどんカップに入れてはツルツル食べていました。
子どもたちの勢いがあまりにもすごかったので、途中、「大人タイム」をもうけ
親御さんにもたくさん食べてもらいました。
さらに、そうめんだけじゃなく、トマトやゼリーも流れて来ます。
トマトはとるのが難しかったかな。。。
凍ったゼリーは、大人も子供も大人気!
Dscf0799全員集合写真。
最後は、子供たちは森へ探検に。
Dscf0802 Dscf0807 Dscf0808 Dscf0809崖を登ったり、虫を取ったり、短い時間でしたが、黒川の自然を満喫してくれたのではないでしょうか。
ぜひまた遊びに来てくださいね!
保護者の皆様、一日お疲れさまでした。(関口)

|

2016年6月10日 (金)

美容学校の学生さんのプログラム指導を行いました

本日は、エステティシャンを目指す、専門学生の皆さんが 26名がプログラム体験に来てくれました。

美容学校の授業で、アウトドア。まったく別物のような気がしますが、実は通ずるものがたくさんあります。
午前中は心と体をほぐすためのレクを行いました。
Dscf3888 Dscf3906 Dscf3911 Dscf3914
全員女性ということもあり、ノリが良く、終始楽しい雰囲気で色々なゲームを行っていました。
〇ドラム缶ピザ焼き体験
Dscf3938 Dscf3939 Dscf3942 Dscf3948 Dscf3950 Dscf3957Dscf3967_2 Dscf3977_2
Dscf3971
火・トッピング・生地の3つの係に分かれて作業を進めます。
それぞれの役割を意識して楽しんで取り組んでくれました。
Dscf3979 Dscf3984 Dscf3990 Dscf3989火が安定してきたところでピザを焼き始めました。
出来上がったピザは、アツアツのうちにほおばります。
自分たちで作ったピザは大好評でした。最後の片づけまでしっかりと行ってくれました。
〇冒険教育プログラム体験
Dscf3993 Dscf3994 Dscf4007 Dscf4016 Dscf4017 Dscf4033 Dscf4041_2 Dscf4044 Dscf4055 Dscf4059
ここからは、クラスごとに二つのチームに分かれて、様々な課題にチャレンジしていきます。
失敗から学び、成功体験をチームのメンバーで共有する事は、来年社会人になる彼女たちにとって、とても有意義なものになります。ひとりでは出来ないことが、みんなの力を合わせることによって達成できる。または、色々な人が関わることによる、苛立ちやマイナスの感情なども感じたのではないでしょうか。
暑い中での活動でしたが、最後まで頑張ってくれました。
今回学んだことを、残りの学生生活に生かし、より有意義なものになることを願っています。(関口)

|

2016年6月 4日 (土)

野外実習の指導を行いました。

本日は都内の大学生の「野外実習」の指導を行いました。

文理学部の2、3年生46名。
Dscf3400_2
学生たちの多くは、将来教師を目指していて、今回の実習では、指導者としてどのような工夫がされているのかという視点を持って臨んでいたようです。
授業では顔を合わせているけど、お互い名前も知らない人がほとんどだったため、最初はみんな少し緊張した様子でした。
・アイスブレイク
緊張を壊すためのゲームをいくつか行いました。
Dscf3401 Dscf3403 Dscf3408 Dscf3435 Dscf3417 Dscf3429
Dscf3452 Dscf3475徐々に笑顔が見られ、お互いの名前を呼んだり、歓声も上がるようになりました。
・ドラム缶ピザ焼き体験
黒川人気のプログラムを学生さん達にも体験してもらいました。
Dscf3491 Dscf3487 Dscf3509 Dscf3508 Dscf3494 Dscf3495 Dscf3502 Dscf3518 Dscf3511 Dscf3504 Dscf3520
班の中で役割分担をして、それぞれの役目をしっかりと取り組んでくれました。
最初の緊張していた空気が嘘みたいに、みんなで和気あいあいとした雰囲気の中の活動となりました。出来上がったピザもおいしくできた様です。やはり、みんなで作ったピザは格別という事ですね。
・スマートBBQ講座
最後に、BBQ上級インストラクターの野口所長による、BBQ講座を行いました。
普段やっているBBQとは一味違うものを体験してもらいました。
Dscf3540 Dscf3542 Dscf3551 Dscf3547 Dscf3555 Dscf3558 Dscf3564 Dscf3571
少しの時間でしたが、目からウロコの内容だったのではないでしょうか。
焼いたお肉や野菜を少しずつ試食してもらうと、ピザでおなか一杯のはずなのに、「おいし~!」と良い反応をしてくれてこちらも嬉しくなりました。
最後は振り返りをして解散となりました。
学生の感想の中には、話し方が勉強になったとか、スタッフの連携が良かったなど、将来を見据えての感想が多くみられました。
今後も、いろんな経験を通して素敵な指導者をめざして頑張ってくださいね。(関口)

|

2016年4月27日 (水)

看護学校の学生さんが宿泊研修に来ています

朝から曇り空が広がっています。

本日から1泊2日で看護学校の学生さん39名が「人間関係論」の授業で宿泊研修に来ています。
この2日間は人と協力することや、コミュニケーションの大切さを学んでもらうためのプログラムが盛りだくさんです。まずは楽しんで取り組んでもらえたら良いと思います。
○10:00 開会式
Dscf1813 Dscf1814 Dscf1817 Dscf1821 Dscf1822
開会式から楽しい雰囲気で始まりました。
最初のウォーミングアップのためのゲームでは、みんな積極的に参加していて、チームの団結力も徐々に高まってきた感じがありました。
ゲームで一通り盛り上がった後は、木の名札作り、昼食をとり、午後のアドベンチャーツアーに備えました。
○13:00 アドベンチャーツアースタート
Dscf1824 Dscf1827 Dscf1829 Dscf1833 Dscf1837 Dscf1840
前半と後半の部でそれぞれ5個のゲームがあり、
Dscf1846 Dscf1848Dscf1850 Dscf1856 Dscf1861 時間内にクリアを目指します。
どのゲームも一人ではクリDscf1866 Dscf1869 Dscf1872 Dscf1870 アできないものばかりです。チーム力が試されます。
簡単なゲームばかりではないのですが、失敗と成功を繰り返し、ほとんどの班が全ゲームをクリアすることができました。
クリアした時の嬉しそうな表情が印象的でした。
あっという間の2時間だったのではないでしょうか。
班ごとに振り返りを行い、中には、「この子のここが良かった!」と、友人を称えあう場面も見られました。
○15:45 結果発表&夕食作り
夕食は、黒川の人気プログラム「ドラム缶ピザ」です。
アドベンチャーツアーで順位の高かった班から、今回特別に用意したスペシャルトッピングを選べます。さてさて中身は…。
Dscf1883 Dscf1884 Dscf1885 Dscf1886 Dscf1887
Dscf1888 Dscf1889 Dscf1890 Dscf1891 Dscf1892
Dscf1893 Dscf1894 Dscf1895 Dscf1896
火、生地、トッピングの3つの係を決め、さっそくピザ作りスタート!
天気もまだ持ちこたえてくれています。
この後は、ピザをおなかいっぱい食べ、夜のプログラムになります。
夜は、大きな丸太に火をともし、一日の振り返りを行う予定です。
今日一日を通して感じたこと、気づいたこと、またはなぜ看護の道を選んだのか等々、大いに語ってもらい良い時間になればと思います。(関口)

|

2016年4月21日 (木)

保育・福祉の学生さんレク講習&ピザ作りに挑戦

本日は、保育と福祉を学んでいる学生さんが、「春季ピクニック」でセンターに来てくれました。

レク講習と、ピザ作りを通して、コミュニケーション力を高め、これからの学生生活をより充実したものにすることがねらいです。
国際色豊かな学校で、中国、ネパール、ドイツから留学している人たちがいて、いつもとはまた違う雰囲気の中始まりました。
Dscf1533 Dscf1545まずは、センタースタッフによるレク実践です。
みんな、積極的に参加してくれ、時間が経つにつれ、歓声が上がるようになってきました。
Dscf1568 Dscf1576 Dscf1603続いて、有志の学生によるレク大会です。
3名がそれぞれ用意してきたゲームを披露していました。
実際に人前で実践することは、大きな成長に繋がります。良い経験になったのではないでしょうか。1時間ほど盛り上がりました。
Dscf1611 Dscf1617 Dscf1622 Dscf1623そして、お昼はドラム缶ピザ作りです。
それぞれの班に分かれ、
さっそくスタート。
火、トッピング、生地係に分かれ、それぞれの役割を頑張っていました。
最後には、どの班もおいしいピザをおなかいっぱい食べれたようです。
午後は小雨が降ってきたので、短いレクを行い、閉会式となりました。
学生の皆さん、先生方、お疲れさまでした。また、お会いできることを楽しみにしています。
(関口)

|

2016年1月31日 (日)

サッカーチームの冒険プログラム

P1260753
サッカーU-23日本代表の劇的な優勝から一夜明けた本日は、サッカーチームの小学5年生の皆さんが、士気を高めるため、冒険プログラムに挑戦しました。
最後の難関のウォールに挑戦するため、チーム一丸となって、様々なチャレンジをしていきます。
P1260734
P1260735
P1260738
P1260747
P1260741
P1260740
P1260744

和気あいあいとしつつも、チャレンジに成功する中で「協力すること」「声を掛け合う事」などの学びも増えていったと思います。
P1260749
P1260753_2
P1260758
この学びをウォールのチャレンジにも生かし、どのチームも達成することができました。次は、サッカーの練習さらには試合にも生かして欲しいと思います。

また、この冒険プログラムは、学年・年齢、目的などによって、様々なチャレンジをすることができます。社員研修にもご利用いただけますので、興味のある方はご相談ください。(岸本)

|

より以前の記事一覧