2020年12月22日 (火)

クリスマスイベント

今日は自主保育サークルの親子の皆さんが来所されました。
センターの外壁工事は順調に進み足場を組む作業が今日でひと段落つきました。
そしてこれまでの外壁だった木の板がどんどんとはがされているところです。
そんなグラウンドが少し狭い状況ですが、30名を超える親子の皆さんがクリスマスイベントを行っていました。

Dsc09114 Dsc09103

いつもは焚火をしてお昼ご飯を作ったりしている皆さんですが、今日は朝から準備万端、ドラム缶ピザを焼いています。
もちろん一部の方はいつものスタイルなのですが、中身はホットサンドでクリスマス感を出していました。

Dsc09105 Dsc09106 Dsc09107 Dsc09112

大勢ではありますが家族ごと距離をとりながら、おいしそうなピザが次々と焼けていきます。

Dsc09109 Dsc09111

そしてお昼過ぎには、子どもたちお待ちかねのサンタさんが登場!
子どもたちがいっせいに集まってきて、大喜び!
サンタさんは良い子の皆に一人づつクリスマスプレゼントを渡してくれました。

Dsc09120 Dsc09125 Dsc09134 Dsc09130 Dsc09128 Dsc09135

もう何日かすると、この後本番のクリスマスがやってきます。
本番の日もサンタさんがみんなにもう一度会いに来てくれるといいですね!(川村)

|

2020年7月25日 (土)

夏ミカンのシロップ漬け

昨日、玄関前になっていた夏ミカンを収穫しました。
そのまま食べても美味しいですが、たくさんあるので少し加工することに。
今日は雨ということもあり、中仕事にはうってつけの日でした。
Sdsc05607 Sdsc05609


最初は皮むきです。
外皮をむいて、白い綿を取ります。
Sdsc05591 Sdsc05599


次は沸騰したお湯に重曹を入れて、そこに薄皮がついた夏ミカンを入れます。
しばらくすると薄皮が溶けて皮がはがれます。
白っぽい実が薄まってオレンジ色になりました。
Sdsc05600 Sdsc05602 Sdsc05603


冷水につけて皮がペロン!とむける予定でしたが、実もほぐれてしまいました。
重曹の量なのか、置き過ぎたのか…。
つぶつぶミカンがA4サイズのバットの半分くらいできました。
Sdsc05605_20200725165501 Sdsc05611


最後に砂糖と水を1:1で煮たシロップにつけて完成です!
少し時間が経つとミカン缶のような味になります。
Sdsc05614


せっかくなので出来立てを使ってカルピス寒天を作ってみました。
現在冷やし中です。


季節の食材を使った保存食が続々出来てきました。
そしてまだ未加工の夏ミカンがいくつかあります。

これらはどう変身するのでしょうか。
お楽しみに。
(小川)

|

2020年7月11日 (土)

じゃこ山椒づくり

黒川の玄関先に山椒の木があります。

5月にたくさんの実をつけたので若いうちに収穫し、
湯がいて冷水にあてたものを冷凍してまかないのスパイスとして使っていました。


その山椒がまだまだたくさんあったので、今日はじゃこと山椒の実の佃煮を作りましたので、そのご紹介をします。


まずは冷凍していた山椒の実を解凍します。
解凍したものは乾煎りして冷ましておきました。
Sdsc05446_20200711160401 Sdsc05449 Sdsc05445



さて次は調理です。
鍋に酒、醬油、自家製みりん、砂糖を入れてひと煮立ちさせます。
先に沸騰させるのがポイントです!
Sdsc05448 Sdsc05450


少し煮たらじゃこを入れます。
お酒が多く入っているので、アルコール飛ばしとじゃこの臭みをここで取ります。
Sdsc05451_20200711160801



じゃこを煮ている間に分量の3分の2の山椒をつぶします。
今回はミキサーで粗挽きにしました。
こうすることで山椒の香りをより楽しむことができます。
Sdsc05452


最後につぶした山椒と実山椒を入れて、汁気がなくなるまで煮たら完成です!
Sdsc05454



まずはおにぎりにして、味見しました。
甘めのじゃこと山椒のピリピリしびれる香りがとても合うご飯のお供になりました。
出来上がったものは保存容器に入れて冷蔵庫で保管します。
S20740 S20737



子どもたちが食べるにはしびれるかもしれませんが、大人の方は好きだと思います。
ぜひ季節の食材を使って遊んでみてください。

(小川)

|

2020年6月25日 (木)

作っているもの紹介

黒川では旬の食材を使って、いろいろなものを手作りしています。
梅干しの様子などをお伝えしていたりしていますが、今日は一気にご紹介!

Sdsc05284



~梅干し~

6月19日に紫蘇を入れ、もうすぐ一週間が経ちます。
全体がきれいな赤色に変わり、梅の実にもほんのり赤色がついてきました。

(6月19日)
Sdsc05217_20200625162201
(6月25日)
Sdsc05276



~ぬか漬け~

去年の糠と合わせ、毎日色んな食材を漬けています。
今日はカブときゅうりを漬けて、明日のお昼にいただきます。
Sdsc05282



~紫蘇ジュース~

赤しそと自家製柿酢で煮ました。
独特の香りと酸味でさっぱり美味しいジュースです。
Sdsc05286 S20387



~大葉塩づけ~

洗って水分を取った大葉と塩を交互に重ねて漬けました。
4日経って、大葉に塩味が絡んできています。

のりの代わりにおにぎりに巻いて食べるのが、個人的に大好きです。


S20389 S20388



~発酵メンマ~

真竹を煮て、細く切ったものを約2か月置いて乳酸発酵させます。
今回はヨーグルトと自家製米麴の2種類で作ってみました。

左が米麴、右がヨーグルトです。
Sdsc05287_20200625163801



~らっきょ酢漬け~

一粒一粒皮を抜いて、甘酢に漬けました。
長く漬けると美味しいらしいですが、まずは1ヶ月経ったら味見をしようと計画しています。
Sdsc05285



~梅ジュース~

夏の暑さを乗り切るために黒川ではなくてはならない存在です。
今年は梅と氷砂糖の総計で約20kg仕込みました。

紫蘇ジュースと混ぜて飲んでも美味しいです。
Sdsc05288



こうしてみると酸っぱい物が多いですね。

お酢やお砂糖、塩などの調味料を使って長く食材を保存する。
新鮮な物はもちろん美味しいですが、余った食べ物を無駄にしない先人たちの知恵を感じる瞬間でもあります。



甘酸っぱさにパワーをもらいながら、夏を乗り切ります。
梅仕事などに興味がある方、来年一緒にやりましょう。

(小川)


|

2020年6月19日 (金)

紫蘇仕事

今日は先日漬けた梅干し用の赤しそ仕込みを行いました。



梅干しは梅酢がだいぶ上がってきています。
赤い梅干しになるように、赤しそを入れていきます。
まずは梅の高さよりあがった梅酢を取ります。
Sdsc05177



しそは太い茎を取り、よく洗います。
水気を切ったらザルにあけて、よく乾かします。
Sdsc05192



待っている間に余ったしそでジュースを作りました。
沸騰したお湯にしそを入れて約5分煮ます。
Sdsc05184



煮ていくと赤しその色素が抜けていきます。
最後に砂糖を溶かして、お酢を入れるときれいな赤色に!
Sdsc05185 Sdsc05189



粗熱を取って、保存容器に移し替えたら完成です。
程よい酸味が効いた甘いジュースになりました。
Sdsc05197_20200619150701




さて、梅干し用のしそ仕込みに戻ります。

乾かしたしその分量の約18%の塩を入れて灰汁を出していきます。
まずは分量の半分の塩を入れて、しっかりともんでいきます。
あっという間に5分の1くらいのサイズになりました。
Sdsc05179 Sdsc05208 Sdsc05202



上記の作業を2回行い、最後に取り出した梅酢を入れてよく混ぜます。
白かった梅酢が赤しそとまざり、きれいな赤色になりました。
Sdsc05212 Sdsc05210



出来上がったしそは梅の上に散らして、重しを乗せて漬けていきます。
こうすることで黄色の梅は赤く染まり、赤い梅干しになります。
Sdsc05213 Sdsc05216



ここからまたじっくりじっくり漬けながら、梅雨が明けるのを待ちます。
晴れ間に赤く染まった梅たちを干すのが楽しみです。
Sdsc05217


その間は赤いしそジュースからパワーをもらおうと思います。
Sdsc05199_20200619150701


(小川)

|

2020年4月 3日 (金)

春のよもぎ団子作り

Img_6848
先日(http://kurokawa-yagai.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-6b4a31.html )採って凍らせたよもぎを使ってお団子を作りました。
上新粉に水を入れてこね、丸く平たくし、蒸し器で蒸します。
凍っているよもぎはみじん切りを繰り返し、ペースト状にしました。
蒸しあがった上新粉とよもぎのペーストをこねて混ぜ、生地の完成です。
生地と冷やしておいたあんこをそれぞれ丸めました。
Img_68562
最後に生地であんこをくるめば、よもぎ団子の出来上がり!
まん丸、どら焼き風と梅の形を作りました。
出来立てが柔らかくて一番おいしい!
よもぎの良い香りで春をとても感じることができました。
ご興味のある方はぜひ作ってみてくださいね。(片岡)

|

2020年3月10日 (火)

春のよもぎ摘み

Img_6779_20200310160801
黒川周辺でよもぎが生えていたので摘んできました。
よもぎは3~5月頃、日なたに生えるそうです
道端で見つけると春の訪れを感じますね。
Img_6781
よもぎは葉の裏に白い毛が生えているので区別がつきやすいです。
今は新芽の時期なので葉がとても柔らかく摘みやすかったです。
根っこは抜かないように注意しました(次に生えて来なくなってしまうため)。
よもぎが群生している辺りは虫がほとんどいないのですが、すぐ隣の雑草には小さな虫が多く飛んでいました。
不思議に思って調べてみると、よもぎには虫よけになるシネオールという成分が含まれているのだそうです。
Img_6796_20200310160801 Img_6799
摘んできたばかりのよもぎは水で洗いました。
Img_6805
沸騰したお湯に塩を入れ、そこによもぎを入れて湯がきます。
塩はよもぎの色止めの効果があるそうです。
湯がく目安は葉の裏が緑色になるまで。20秒もかかりませんでした。
よもぎのちょっと薬のような、青い爽やかな香りがしました。
Img_6809
湯がいたよもぎは水を張ったボウルに入れて冷まします。
Img_6811
ひとつかみずつぎゅっと水を切って、ラップにくるんで冷凍しました。
冷凍すると日持ちがするので便利です。
このよもぎたちはお団子にする予定です。またブログにてご紹介したいと思います。
晴れた日は日なたによもぎがないか探してみてくださいね!(片岡)

|

2019年6月18日 (火)

梅仕事

10日前に仕込んだ梅干しの状況を確認してみました。

64995744_712545382499198_558922754572890 64309064_2334942906594043_50060737697944

しっかり、梅酢が上がってきていました。フリーティーな香りもいい感じです。

必要ないのかもしれませんが、天地返しをしてみました。

重石が重すぎたのか?上の梅はつぶれてしまったものが多かったのですが、中の梅は形を残したままになっていました。

64366984_384536259074690_299251015272628 64324311_491200591617238_376470139516118

再度、重石を乗せ、赤しそが出回るまではこのまま保存したいと思います。

 

 

また、先月末に収穫した梅のシロップが出来上がりました。

64410607_2386288611409830_14078606873041 65206575_428620907868050_350683251219208

まだ、砂糖が溶け切っていないため完成ではないのですが、待ちきれずに飲んでみました。

64263092_1323631347790553_46137321193723

梅の香りが爽やかな梅ジュースの完成です。

大きな瓶で5瓶仕込んだので、今年の夏は梅のクエン酸パワーで乗り切れそうです。

 

今が旬な梅。みなさんも季節の風物詩として、初夏の梅仕事を楽しんでみてはいかがでしょうか?(野口)

|

2019年6月 8日 (土)

梅干し作りに挑戦!

61930013_662791280861027_663998938772982 62055306_448111429325602_250505492252590

一週間前に収穫した梅が、見事に追熟して甘い香りを放ち始めました。

今年は大量の梅をもがせていただいたので、梅シロップのほかに、梅干し作りにも挑戦することにしました。

62351414_2513856555326439_91035191877535

梅干しは、梅の重量に対して20%の塩を入れるのが基本らしく、500gの梅に100gの塩を入れるを繰り返し行いました。

もちろん梅は、ヘタを取り水洗いしたものを最後に焼酎で洗い水けを拭いて壺に入れました。

62549882_301533837454447_543637895826846  64314398_663255034147895_587503419452607

最終的に5キロの梅を漬けることにしました。

62474609_2354513084870923_18287746892672 62244874_634408910390809_192112693578668_1

最後に重石を乗せるのですが、ちょうどいい漬物石がなかったため、ポリ袋に丸太のカッティングボードを入れ、レンガを2個乗せて作った即席重石を乗せてみました。

61991421_2635027199860663_89418825946942 62073955_1380448022108781_78060073514287

さあ、これで、第一段階は終了です。果たして美味しい梅干しは出来上がるのでしょうか?

こうご期待です!(野口)

64212721_855232064853684_755287299129868

|

2019年3月13日 (水)

春を感じる日

今日もお天気が良く、暖かい日でした。

外で作業をしていると、暑さを感じるくらいの気候。
もう春を感じることが多くなってきましたね。

センターでも、咲いていた梅はもう終わり。
花びらが足元にたくさん落ちていました。

Sdsc09659 Sdsc09657






センターから、近くの真光寺公園に行くまでの道の河津桜は満開。

Sdsc09311







センターの桜の木も、つぼみがふくらんできていました。
Sdsc09669




お花見ができるのも、もうすぐでしょうか。
毎年、この桜を楽しみにしてくださっている人がたくさんいます。
桜が咲くのが楽しみですね。

暖かさに、思わず嬉しくなってしまう1日でした♪

(小針)

|