2021年2月27日 (土)

グリーンバンブーワーク

今日も少し時間が取れたので、最近徐々に流行し始めたグリーンウッドワークをやってみました。でも材料はセンターに多く生えている孟宗竹なのでバンブーワーク(竹細工)です。
まずは、竹を適当な長さに切り、縦に割り裂きます。
適当な幅になったら、竹の節を割り取り、ナイフで大まかなスプーンの形に削ります。

Dsc09966_20210227123601 Dsc09968_20210227123601

Dsc09973_20210227123601 Dsc09977_20210227123601  

そして、サジの部分をフックナイフという丸く掘るためのナイフで削ります。

Dsc09979 Dsc09980

最後に持ち手の部分やサジの背面を削って完成です。

 Dsc09983

コーヒー豆を5gちょうどをすくえるミニスプーンが出来上がりました。
少し長めの柄にしたので筒のような入れ物の底にまで届きます。

Dsc09986 Dsc09988

里山の手入れで出る間伐材は乾かして薪になりますが、竹は薪にはむいていません。
むしろ割りやすさや繊維がしっかりしているので、道具作りには最適です。
センターではSDGs(Sustainable Development Goals)『持続可能な開発目標』に取り組んでいます。
皆さんもネイチャーボランティアなどでセンターの整備をしつつ、暮らしの道具作りを体験してみてはいかがでしょうか。(川村)

|

2019年12月21日 (土)

クリスマスリースづくり

本日利用している団体さんより、クリスマスリースの材料をいただきました。
さっそくリースづくりに挑戦!
Dsc03397


材料は針金と大きさの異なる丸形のオーナメントとリボンだけで、作り方もとってもシンプルです。
まずはオーナメントの糸を切って、針金に入れていきます。
Dsc03398 Dsc03399


大→中→小と入れていき、形を整えます。
段々リースっぽくなってきました。
Dsc03400 Dsc03401


最後にリボンをつけて完成!
できあがったリースはこちら!
Dsc03403


作ったリースは玄関に飾らせていただきました。
一気にクリスマスらしくなり、玄関が華やかになりました。

リースづくりも楽しかったです。
ありがとうございました。

(小川)

|

2019年9月15日 (日)

ウッドワークな一日

夏場に大勢の子どもたちのハイキングを支えてきた、どんぐり山のハシゴと階段の修復を行いました。
台風で折れてしまったコナラやクヌギの枝を再利用して、折れてしまったハシゴの横木を新しいものに取り換えました。

Dsc08396 Dsc08418 Dsc08407 Dsc08398

また、階段は同様に落枝を使って留杭を作り、しっかりと打ち付けました。階段の横木もコナラなどの折枝を階段の長さに合わせて切り、渡してあります。

Dsc08401 Dsc08402 Dsc08408 Dsc08416

それでもまだまだ枝がたくさんありましたので、今はやりのグリーンウッドワークでウッドテーブルを作りました。
テーブルの天板は、     知人から以前ゆずっていただいたイチョウの板を使いました。

Dsc08419 Dsc08393 Dsc08395 Dsc08420

板に脚をつける部分は電動ドリルで穴を開けました。開けた穴の大きさに合わせて脚木の先端をナタやブッシュクラフトナイフで削り、穴と脚がぴったりの大さにして、カケヤで打ち付けます。

Dsc08431 Dsc08426 Dsc08436 Dsc08445

そして天板が水平になるように脚の長さをノコギリなどで切って調整をしながら水平になるようにしました。仕上げは電動カンナで天板上部を削って滑らかにしました。

Dsc08443 Dsc08451 Dsc08448 Dsc08460

そして最後に焼き印を押してウッドテーブルが完成しました。

Dsc08461 Dsc08464

作業台として完成したのですが、せっかくなのでコーヒーを野外で淹れて一休み。

70534535_419601152017387_812823591989647 70131146_385872395420512_541899554199437

センターではどんぐり山の樹木をこのようにして再利用しています。そして、これからもグリーンウッドワークに力を入れていきたいと思います。(川村)

|

2019年9月 4日 (水)

みんなで!流しそうめんのパネル更新

Dsc07800_edited
センターではイベントの写真をパネルにして掲示をしています。
今回は先日の「夏休み/黒川満喫プログラム~みんなで!流しそうめん~」の様子を作成しました。

Dsc07801_edited Dsc07802_edited
壁に飾って完了です!
年間いくつものイベントを開催しているので、ずらりとパネルが並んでいます。

パネルを見て「これ僕だよ!」と、遊びに来た子が教えてくれることもあります。
随時更新していきますので、またセンターに遊びに来たときにはぜひチェックしてみてくださいね!(片岡)

|

2016年3月24日 (木)

ミモザのリース

P1290028
P1290029
今朝、素敵なプレゼントをいただきました。
ミモザのリースです!早速、受付に飾らせていただきました。
小さくて綺麗な黄色の花たちが、目に入るたび元気になります!
実はこの場所、トトロのツリーが飾ってありました。ツリーは写真を撮る方が多く大人気でした。そのツリーを今はリースを下さった方にメンテナンスをしてもらっています。近日中にリメイクをするとのことなので、お楽しみに!(片岡)

|

2015年9月10日 (木)

ぶんぶん駒

本日も雨模様の黒川です。

天気予報によると、週末にかけて回復してくるとの事。

各地の土砂災害がこれ以上広がらない事を望むばかりです。

皆さん、「ぶんぶん駒」ってご存じですか?

私が小学生頃は、厚紙でよく作って遊んでいました。

上手く回ると、ブーンブーンという音がなるから「ぶんぶん駒」。

今回は竹バージョンを紹介します。

P1200192_2

P1200191

P1200190

竹の節以外のところを使います。

のこぎりとナタを使って、適当な大きさに切り分けました。


真ん中に2つ穴を空けて、タコ糸を通せば出来上がりです。

お好みで、色や絵を書いても素敵ですね。

P1200194

シンプルな試作品。




さっそく回してみます。

P1200195

あら。。上手く回らないぞ。

P1200197

そこへ達人参上。

コツを伝授してもらいました。

P1200198


コツは、「しっかり糸を巻く・最初から強く引っ張りすぎない」こと。

P1200199



すると、徐々にブーンブーンを良い音が聞こえてきました。

この感触はクセになりそうです。

みなさんもぜひ挑戦してみてはいかがでしょう!(関口)


|

2015年9月 9日 (水)

手づくりはたきpart2

台風18号の影響で、大雨模様の黒川です。

朝から、激しく降ったり、止んだりを繰り返しています。

P1200181

P1200182

P1200183

グラウンドが海になっています。





炊事場天井近くの蜘蛛の巣やススの汚れを落とす、はたきを作成しました。

以前は、要らなくなった布で作ったのですが、今回は「すずらんテープ」で作ってみました。

他に用意するものが、

篠竹
ダブルクリップ

針金

輪ゴム
セロテープ

P1200189

P1200185_2

まず、篠竹に針金を使ってダブルクリップをしっかり付けます。

スズランテープは、何本か適当な長さに切り、真ん中をセロテープで束ね、リボンの様にします。両側を、チアガールのボンボンの様に細く裂いていきます。

先がフワフワになったら、輪ゴムで根本を縛り、先ほどの篠竹に付けたクリップに挟めば完成です!

P1200188_2








これの素敵な所は、汚れたら簡単に交換できる所。

予備のボンボンもいくつか作っておきました。

気づいた時にササッと掃除出来る様にしたいですね。(関口)

|

2015年3月 7日 (土)

2015 里山フォーラム in 麻生

P1130953

本日、麻生市民館にて、「2015里山フォーラムin麻生」が開催されました。

里山を通じ、生物多様性や農など様々な活動を行っている地域の40団体が集まりました。
また、5校の小学生の発表もあり、麻生区内で多くの活動が行われていることを知る機会となりました。



里山フォーラム in 麻生は、今年で14年目。
  1. 地域の現場で汗する人びと、各グループ・団体の交流

  2. 麻生の町の基礎文化である里地・里山文化の再発見

  3. 人々と共にある新しい里地・里山文化と環境を醸成し、次世代への継承

を基本に置いて、つがりを大切に生みながら活動しています。

P1130951

P1130950

リレートークと題してそれぞれの団体の活動紹介も行われ、センターからも、パネル展示やツボ焼き芋器、ロケットストーブを展示させていただきました。


里山フォーラムを通じて、それぞれの団体が協働することにより、更に素晴らしい活動ができることを期待したいと思います。(野口)

|

2014年10月14日 (火)

どんぐり山だより【秋】ができました

P1790607

センターでは夜のうちに台風が過ぎ去り、朝はすっかり青空で、暑いくらいです。

P1790606_2

施設を一回りしてみましたが、小枝や葉は落ちているものの、幸い大きな被害はなく、ホッとしています。まだ吹き返しが強く、油断はできませんが・・・

さて、10月も半ばにさしかかり、秋も深まってきました。この度、センターで年4回発行しているニュースレター『どんぐり山だより』の秋号が発行となりました。

P1790608 P1790609

おもちつきの記事を読みながら、あっという間に冬が・・・と心が一瞬ざわつきましたが、焦るだけ損!今のこの季節を存分に堪能したいと思います。

センターの正面玄関にある情報コーナーに並んでいますので、ぜひ手に取ってみてくださいね。(塚原)

|

2014年9月14日 (日)

クラフト体験~スプーンとフォークを作る

本日利用していただいた団体さんは、クラフト体験をされていました。

クラフトは3つ。スプーンとフォークの柄の作成と、木札づくりです。

1

5

6

スプーン、フォークの作成では、落ちた枝を探してきます。「太い枝がいい!」と欲張っても、スプーンとフォークの柄に使うので、使いやすい太さがベストです。細すぎると、穴をあけられないので、絶妙な太さの枝を探すのがこのクラフトのコツです。
そして、自分の好きな長さに切り、穴をあけ、ヘッドと合体させます。

11

4_3

2

細い木でも、固いとなかなか切れません。そして、合体させる時もなかなか差し込めません。

8

12スプーン・フォークのヘッドと木の柄の接合部は、ドリルで穴をあけるので、大人が作業していきます。細い枝の穴あけは、大人でもドキドキです。「ずれたら、手に穴が開いちゃう」と子ども達もドキドキしながら見ていました。

10

7

13

スプーンとフォークが出来上がった後は、木札づくり。やすりで滑らかにしてから、文字を自由に書いていきます。皆思い思いの模様を描きながら、あっという間に仕上がっていきました。

この後は、外でカレー作りをするそうです。食べるときに、作ったスプーンとフォークを使います。いつも以上に美味しく食べられそうですね。

スプーン、フォークのヘッドはそれぞれ1個250円、木札は1個150円です。クラフトの体験も人気があります。在庫がない場合もありますので、ご利用の際は、事前にご相談ください。(岸本)

|