2017年12月14日 (木)

アウトドアキッチン~カジュアルクリスマスパーティ~

Dsc02245アウトドアキッチン~カジュアルクリスマスパーティー~を開催しました。
本日の参加者は34名です。
Dsc02136Dsc02139講師はフードコーディネーターの松岡明理さん(ニックネーム:あかりママ)です。今回は、クリスマスパーティーのテーブルを彩る、4種類の料理を学びます。

手順の見本を見てから、実際に班のメンバーと調理に取り掛りました。

Dsc02143Dsc02153みなさん主婦の方ばかりなので手際よく行程が進みます。普段そんなに料理をしない人でも、作り方が難しくないので、楽しみながら作ることができました。

Dsc02159☆コブサラダ☆
上のトッピングを一口サイズに切って、グリーンカールの上にきれいに並べます。ドレッシングも手作りです!

Dsc02240Dsc02254☆高野豆腐のカレーフライ&豆腐タルタル☆

高野豆腐が高野豆腐とは思えない、不思議なフライです。
タルタルソースをた~っぷりかけて食べる所がポイントです。
下準備では、高野豆腐を濁り汁が出なくなるまでもんで軽く洗ういます。そうすると、独特の臭みが気にならなくなるそうです!

Dsc02246☆フライパンドリア☆
オーブンを使わず、フライパンだけで完成してしまうドリアです。
フライパンの中でホワイトソースを作って、ご飯を混ぜて、ミートソースをのせて、チーズを散らして、蓋を閉めて蒸し焼きにすれば完成です。
ミートソースも電子レンジで作れるので手軽です。
Dsc02187Dsc02191Dsc02192Dsc02193Dsc02194
Dsc02195



Dsc02214Dsc02257☆スノードームケーキ☆
市販のロールケーキを使って、子どもでも簡単に、でも大きくてかわいいケーキが作れます。型はなんとボウルなんです!

ロールケーキ、生クリーム、フルーツと順番に重ねていきます。
最後はひっくり返して、生クリームを塗ったら、フルーツやアラザンなどをのせてデコレーションをします。子どもたちも、真剣な顔をして自分たちのケーキをデコレーションをしていました。

Dsc02274Dsc02269Dsc02270Dsc02287Dsc02288
Dsc02289



4品の料理が完成しました!みんなで頂きます!
メインの3品が食べ応えがあり、ケーキもボリュームがあって豪華でした。
今度はお家で作って、ぜひ周りの人に振る舞ってくださいね!一緒に作っても盛り上がりそうですね!
本日はご参加いただき、ありがとうございました。
楽しいクリスマスをお過ごしください♪(片岡)

|

2017年12月10日 (日)

黒川のおもちつき2017

本日は、『黒川のおもちつき2017』の開催日!

お天気に恵まれ、大勢の方が集うにぎやかな1日となりました。
Dsc01591



参加者は405名。
スタッフは217名。
合計622名の方が遊びに来てくれました!

Dsc01633 Dsc01256




黒川のおもちつきの魅力は、なんといっても、いつもセンターを利用して下さっている方が体験コーナーを担当するという点です!

毎年お手伝いして下さる方ばかりなので、段取りもカンペキ☆
信頼しきっているボランティアスタッフのみなさんの力なくして実施することはできないおもちつきです。

また、様々な『体験できるコーナー』があることも魅力♬

Dsc01642




《受付・どんぐり銀行》

Dsc01456




《予約受付》

Dsc01435




《しめ飾り》

Dsc01378 Dsc01380




《クラフト》

Dsc01482 Dsc01485




《もちつき》

Dsc01426 Dsc01353 Dsc01351




《昔あそび》
Dscf4990 Dsc01438





《焼き芋》
Dsc01461 Dsc01410




《マシュマロ》
Dsc01416 Dsc01356




《コーヒー》
Dsc01331




《手焼きせんべい》
Dsc01508 Dsc01447




《とん汁》
Dsc01636




《いももち》
Dsc01503




《ししまい》
Dsc01557 Dsc01552




《ビンゴ大会》
Dsc01605 Dsc01602 Dsc01603




沢山の笑顔に会えた嬉しい1日となりました!!
Dsc01578 Dsc01448 Dsc01298 Dsc01387




Dsc01624 Dsc01422 Dsc01444 Dsc01560




地域の方に支えられている施設であることを再確認するのが、おもちつきを終えて私が毎年思うことです。

ご参加頂いたみなさま。
スタッフとして前日準備含め関わってくださったみなさま。
本当にありがとうごいざました😄
(黒田やいも)

|

2017年12月 9日 (土)

おもちつき2017 前日準備

今日は、おもちつき2017の前日準備でした。

Dsc01159総勢74名(職員含む)で前日準備を行いました。




Dsc01162まずは開会式。
食品を扱うので、全員で衛生面での確認をしました。




そして、3つのグループに分かれ、前日準備を行いました。

和室グループは、参加する皆さんに配るパンフレットの折り・ビンゴカードつけを始め、
ビンゴ大会の景品の袋詰めなどを行いました。

Dsc01165Dsc01187Dsc01166




子ども達も大活躍。それぞれの年齢に合わせて、できることを一生懸命
手伝ってくれました。

Dsc01188
Dsc01174 Dsc01194




Dsc01192 Dsc01193




豪華景品もあるどんぐりビンゴ大会は、当日13:30から開始となります!
ご参加されるみなさん、奮ってご参加くださいね。

Dsc01176 Dsc01179 Dsc01197




外チームは、会場のセッティングです。
机やグリル、コンパネなどを並べます。
豚汁を煮込む大鍋も洗って準備しました。

Dsc01201 Dsc01202




明日は、700人分のお餅をつきます。
臼や杵もご覧のとおり!
たくさん用意していますので、参加する皆さん、がんばってついてくださいね~!!

Dsc01182Dsc01183Dsc01185




室内では、主に食品の準備を行いました。
豚汁にいれる具材を切ります。
大根、にんじん、ゴボウなど、ものすごい数の野菜でしたが、さすが主婦のみなさん、
あっという間に切り終わりました。

ほかにも、おもちのトッピングに使うあんこやきなこも準備しました。
Dsc01167 Dsc01168




厨房では、今日お手伝いいただいた皆さんのための昼食作りと、いももちの仕込みを行いました。こちらもまた素晴らしい手際。

ボランティアの皆さんも、何年も続けて来てくださっている方が大勢いらっしゃり、
本当に、みなさん前倒しで動いてくださるので、あっという間に準備作業が終わりました。


Dsc01215 Dsc01216 Dsc01214





12時過ぎには、前日準備作業が終了し、昼食となりました。
本日もいいお天気でしたが、明日もいいお天気に恵まれそうです!!

黒川のおもちつきは、職員だけではなく、いつもセンターを利用してくださっている皆さんや、当日ご参加される皆さん、みんなで作るイベントです。
ぜひ大いにお楽しみいただき、また、盛り上げていただければと思います。
ご参加の皆さん、ぜひ、暖かい格好をして、お越しくださいね。
スタッフ一同、楽しみに、お待ちしております!(高柳)


|

2017年11月23日 (木)

第14回 チャリティーコンサート

本日『第14回 東日本大震災復興支援 チャリティーコンサート』を開催しました!!
Dsc09895 Dsc09877 Dsc09883



出演は、

☆川崎黒川フォレスト合唱団

Dsc09891 Dsc09909 Dsc09888



☆クラシカル クロスオーバーユニット
 Singer田島玲子、Piano秋吉香里
Dsc09920 Dsc09967 Dsc09972




☆ProJazzBand 太田昌宏バンド
Dsc00051 Dsc00039 Dsc00038




川崎黒川フォレスト合唱団 には、センター職員の野口と黒田も所属しています。
(今日黒田は、コーヒーに専念していましたが・・・!)
玄関では黒川名物の『つぼやきいも』
そして、やいもハンドドリップの『コーヒー』を💚
Dsc00056




入場無料ですが、チャリティーコンサートなので、皆さまからお気持ちを頂きました。
Dsc09974 Dsc09903




野外活動センターらしからぬ素敵なムードに包まれたひと時となりました。
今回みなさまから頂いたお気持ちは、被災地にお届けいたします。


寒い中50名近い方にお越し頂き、本当にありがとうございました!

※『川崎黒川フォレスト合唱団』は常にメンバー募集中ですので、気になった方は気軽にお問い合わせくださいね♬
(黒田)

|

2017年11月19日 (日)

縁の下の力持ち

青空がチャレンジャーの味方をしてくれています。

Dsc_0321






100㎞チャレンジハイク、続々とゴールしています。
実はこのチャレンジ、60名ものスタッフがサポートしています。
役割は、ディレクション、チェッカー、キッチン、アドバイザー、看護、記録、車両、施設など様々。
強力なサポーターがチャレンジャーを全力で支えています。
チャレンジャー、サポーター、みんなの心は一つです!!
最後まで応援よろしくお願いいたします★
Dsc09246 Dsc09247Dsc09248_2

リアルタイムの情報はこちら
↓↓↓

|

2017年11月 8日 (水)

おさんぽくらぶ ~葉っぱと雨水も全てが遊びもの!~

Dsc08158 おさんぽくらぶの報告です。
参加者 10名

今日は、晴天の予報でしたが、なんと朝から雨が降っていました。
降ったり止んだりという天気でしたが、幸いにも、あまり寒くならず、
おさんぽくらぶを楽しむことが出来ました。
Dsc08152
ホールで開会式。
一人一人お名前を呼ぶと、全員が大きな声でお返事してくれました。
Dsc08160 Dsc08161




Dsc08168 Dsc08174 Dsc08177




森の中には、排水溝があります。
その中に、水が溜まっていました。そこで、ザリガニ(死んでいましたが)を発見。
木の棒で釣り上げてみて、「触ってみる?」と聞くと、
数人の子が「触ってみたい!」と興味津々。
Dsc08181 Dsc08180 Dsc08178




順番で触ってみました。
そのあとは、同じ排水溝の中を棒でぐるぐる。
葉っぱを釣って、魚釣りを楽しんだり、笹船を浮かべて流れていくのをみたりしました。
Dsc08168_2 Dsc08184 Dsc08189

今日は、いろいろな色や形の葉っぱがあるよ、というやいものお話しから始まり、
みんなの興味も葉っぱに向いていました。大きな葉っぱやハート形の葉っぱをたくさんさがしました。赤い葉っぱもありました。
Dsc08192 Dsc08193 Dsc08194




Dsc08205 Dsc08206 Dsc08207
どんぐりもたくさん落ちていましたが、その中で、「来年芽を出しますように」と、
どんぐりを埋める姿もありました。まるでトトロの様です。
ちなみに、穴を掘るのも、自分で棒を探してきて、一生懸命掘っていました。

Dsc08214
この仲良しさんは、木の下で雨宿り中。
森の中は木々が雨をさえぎってくれるので、外ほどの雨は感じません。
「本当に濡れないね~。」と実感していました。

Dsc08233 Dsc08235
木くずでおにぎり作りです。
おにぎりの中身は、なんだったのでしょうか。



Dsc08217 Dsc08218 Dsc08222 Dsc08225_2




後半は、雨がぽつぽつ降ってきたので、シートの下で雨宿り。
白いシートなので、葉っぱの様子もよく見えて、それだけでも楽しかったのですが、
屋根に水が溜まっていたので、それで遊びました。
シートの上の水をつつくと、葉っぱや水がゆらゆらと揺れている様子が見えます。
Dsc08228 Dsc08229 Dsc08230 Dsc08232




棒を持ってつっついてみると、シートの下からも、ゆらゆらするのがみえました。
「棒がいっぽんしかないから、じゅんばんこね」、というと、
しっかり順番を待って使うことが出来ました。
中には、「まだ○○くんがやったことないから、やる?」と気にかけてくれた子もいました。

Dsc08246 Dsc08247 Dsc08248Dsc08243




そして、シートから落ちる雨水に手をかざして遊びます。
これが結構おもしろいんですよね。
不規則なところが飽きさせないんですね。
遊び方が一通りではないし、相手(水)が常に変化している。
こういう遊びが出来るところが自然遊びのよさだと思います。

Dscf4754
Dscf4749 Dscf4756また、森の中を探検して葉っぱやどんぐり拾いもしました。

多少の雨もなんのその。
たくさん泥んこになりながら遊びました。

五感が研ぎ澄まされ、感受性が豊かな今だからこそできる体験をこれからもたくさんしていきましょう!保護者の皆様もお洗濯や準備等のご協力ありがとうございます。
次回のおさんぽくらぶは12月ですが、またお会いできるのを楽しみにしております。(高柳)

|

2017年11月 5日 (日)

第99回 ネイチャーボランティア

第99回ネイチャーボランティアの活動報告です。
Dscf4646
参加者5名
講師(やまぼうし自然学校)7名
職員2名

少し風は強かったのですが、まさに秋晴れ、という青い空が気持ちよい日でした。
Dscf4647

Dscf4649





今日は、野外トイレから奥に行く通路のシラカシを4本切り倒しました。
Dscf4651 Dscf4653 Dscf4656
細めのシラカシでしたが、皆で順番にのこぎりで切っていきます。

Dscf4657

あっという間に枝も切り落とし、大きな山になりました。
太い幹の部分(写真上の右)は、玉切りにして、その後薪にするので、
運び出しました。



Dscf4660 Dscf4661 Dscf4666
前回のネイチャーボランティアで切ったシラカシの木を運び出すために、
滑車を作ってあげる作業をしました。
理科の授業のような、リアルな滑車で、
かなり重いはずの丸太が、一人の力で楽々上まで運びあげられます。

Dscf4671 Dscf4672お昼は、カレーです。
作業のあとのカレーのおいしいこと。

お昼のミニ講義のテーマは「森と身近な薬」とのことで、
ドクダミやセンブリ、ゲンノショウコなどが民間薬として使われている(もちろん、漢方薬としても使われています)というお話でした。
そして、なんと、本物の試飲も。
Dscf4675
これは、センブリを飲んだ後です。
なんとも言えない苦さでした。
発毛効果があるとか。

ご想像の通り、いろいろと盛り上がりました。

Dscf4677Dscf4684 Dscf4688
午後は、午前中の続きで、丸太を滑車で引っ張り上げました。
段々と要領を得て、早くなり、和気あいあい、沢山笑いながら作業が進みました。

Dscf4693 Dscf4694
運びあげた丸太もなかなかの重さなので、足に落としたりしないよう注意しながら運びます。



Dscf4701 Dscf4704切った丸太をバケツリレーで薪小屋まで運びます。
このような作業って、単純なのに、なんで楽しいのでしょうか。
本当に今日はよく笑いました。


Dscf4709
そして、竹を伐りました。
かなり竹が蜜になっている箇所もありましたが、みなさん手慣れていて、あっという間に森が明るくなりました。


Dscf4714 Dscf4717 Dscf4719
作業が終わったところで、石焼き芋器で焼いた焼き芋とドクダミ茶で振り返り。

無事に終えることが出来ました。

1人ではこんなに楽しく作業できないと思うことも、みんなでやると楽しいですね。
私も久しぶりに参加して、とても楽しかったです。

次回のネイチャーボランティアは12月3日です。
まだ参加したことがない方も、ぜひ一度お越しください。お待ちしております!!(高柳)

|

2017年10月24日 (火)

神奈川シニア自然大学校 アウトドアクッキング講座

Dsc07359 今日は、センターが共催として行っている、神奈川シニア自然大学校の入門コースを実施しました。

今回は、アウトドアクッキング講座ということで、「目からウロコのバーベキューテクニック」と、「青竹バームクーヘン」という二本立てです。
Dsc07361Dsc07362Dsc07364 




まずはビア缶チキンを仕込みます。
Dsc07368 Dsc07369
炭の置き方、下にたれる肉汁の受け皿など、
今まで知っていたバーベキューとは少し違う、
バーベキュテクニックです。


Dsc07374 Dsc07384
ミニ講習のあと、チムニースターターでの火おこしからスタートです。




Dsc07376
ペッパーステーキも焼きます。

Dsc07387




Dsc07393_2 Dsc07394 Dsc07397
今回は、上級インストラクターを取得した、やいもがペッパーステーキのデモンストレーション。




Dsc07402 Dsc07403 Dsc07405ほかにも、北京ダック風チキンや野菜も焼きます。
それぞれ、火加減を見ながら、オリーブオイルで乾燥を防ぎながら、焼きます。
焼きトマトがおいしい~!!と評判でした。





Dsc07414 Dsc07415 Dsc07417
約1時間経つと、ビア缶チキンが出来上がりました。



Dsc07432 Dsc07430
デザートのパイナップルは、肉を食べたことによる胃もたれを防ぐ効果があるそうです。





Dsc07437
Dsc07443 Dsc07453一休憩をはさんで、午後の部は、青竹バームクーヘン作りです。
いつの間にか、掛け声をかけたり、会話が生まれたり、と、今まで深まっていた仲が更に深まりました。





Dsc07460
Dsc07467 Dsc07469すばらしい出来栄えです!!





Dsc07465 Dsc07473 Dsc07484みなさんの笑顔と、所長のこの笑顔!
(バームクーヘンは切る時につぶれてしまうことが多いので、こんなに丸くきれいなバームクーヘンはなかなか難しいのです。)

ということで、楽しく和気あいあいの雰囲気で講座が終了しました。
センターでは、青竹バームクーヘンをご希望の団体さんに、指導(材料、備品セットつき)を行っています。ご希望の団体さんは、お気軽にご相談ください。
また、「自然」と「環境」の学び場『神奈川シニア自然大学校』のホームページは
こちらです。現在、入門コース(2018年度生)の募集を行っています。ぜひ、ご覧ください。(高柳)

|

2017年10月17日 (火)

アウトドアキッチン~ハロウィンパーティー~

本日、『アウトドアキッチン~ハロウィンパーティー~』を開催しました。

大人22名・こども10名・3歳未満6名、

合計38名の方が参加をしてくれました。
Dsc06592




講師は、フードコーディネーターの松岡明理さん(あかりママ)♡
Dsc06763




今回はもうすぐやってくるハロウィンを前に、カンタン♬豪華に♬楽しめるパーティー料理を教えてくれました😊

作った料理は全部で4品!

①『ジャック・オ・ランタンのパンプキンカレー』
Dsc06643 Dsc06698 Dsc06661 Dsc06697




Dsc06738 Dsc06783 Dsc06702 Dsc06776




とっても可愛いかぼちゃは、にんじんライスで出来ています。
顔はかぼちゃの皮を使っているのですが、表情も様々で見ていて楽しいカレーになりました。
市販のカレールーではなく、カレー粉や様々な調味料を使って味付けをしたので、これが新鮮で良かったという人も☆

②バーニャカウダ
Dsc06691 Dsc06747 Dsc06760



バーニャカウダソースを、簡単に手作りできちゃいました!
蒸し野菜(セイロで)をバーニャカウダソースにつけて食べると、とーっても美味しい😋
お野菜がどんどん食べられちゃいます。

③ツナとアボカドのカリカリ揚げ
Dsc06602 Dsc06613 Dsc06642



Dsc06631 Dsc06633 Dsc06741




こどもに大人気でした!
餃子の皮で包むのも、中身を混ぜるのも、小さなこどもと一緒に楽しめます。

④カラメルりんごのケーキ
Dsc06649 Dsc06674 Dsc06731 Dsc06789



食後には、フライパンで作れちゃう簡単ケーキを😊
ホイップクリームやミントでデコレーション!

「お家で作ってみる!!」という参加者の方が多かったのが、印象的でした。
あかりママのアウトドアキッチンは、「ここだから作れる」よりも「お家に持ち帰れる」を大切にしています。

『冷蔵庫にある食材で』『手に入りやすいものを使って』
そんなお料理を、教えてくれるのです😊
Dsc06784




小さなこどもたちも、楽しくお料理!
このように小さい頃からお料理の楽しさや美味しさを体験することは、とても大切なことだなぁと感じます。
Dsc06610 Dsc06706 Dsc06717





Dsc06655 Dsc06622Dsc06751




気持ちのこもったお料理を「家族などの大切な人に食べてほしい。」
参加者の方からは、そんな雰囲気も感じられました。
Dsc06771 Dsc06615




次回のアウトドアキッチンは、12月14日(火)『カジュアルクリスマスパーティー』です。

・フライパンで作るドリア
・高野豆腐のフライ豆腐 タルタル添え
・彩りコブサラダ
・スノードームケーキ
を作ります♬
Dsc06750




今日の参加者の方で、早速12月もお申込みされた方がいましたよ😊
参加を希望される方は、お早めにお申込みください~。
(黒田)

|

2017年9月12日 (火)

神奈川シニア自然大学校 森の生き物観察

今日は、センターが共催で行っている、神奈川シニア自然大学校入門コース、

森の生き物観察の授業を行いました。
神奈川シニア自然大学校WEBサイト → http://k-sns.org/

Dscf3910




講師は、東京学芸大学名誉教授の北野日出男先生でした。

Dscf3912_3




午前中は、座学です。先生が持ってきてくださった、標本には、
ボルネオ島の昆虫たちがズラリ。
世界で一番美しいゴキブリや、世界で一番大きいカミキリムシ、
ホタルの幼虫やヤモリの羽があるもの(名前忘れました。。。)。
そのお話を聞いているだけでぐいぐい引き込まれましたが、
さらに、現代の子ども達の話、どんなところが教材になるのか、
といったところでも、たくさんの事例と共にお話しいただきました。

Dscf3913_2Dscf3915_2




午後は、フィールドにて虫さがしです。
とにかく、これはなんだろう?と思うものをみつけて、
虫かごや透明のカップに入れます。

Dscf3917Dscf3920


→葉が枯れたように見えますが、実は幼虫。


Dscf3921_2Dscf3927_2




→(左写真)
ヌルデの虫こぶ。
これを切り開いたら、、、虫らしきものがいました~。
本当にたくさんのものが見つかりました。
トノサマバッタかと思っていたものが、羽を広げて確認したら、
クルマバッタという種類と分かりました。
見て、触って、味見して、という五感を大切にするという手法を大切にする先生。
バッタの羽を広げる事に挑戦してみましたが、意外と難しいことが分かりました。

このあとも、虫をルーペで観察したり、チョッキリの卵を確認したり、
みなさんそれぞれ楽しんでいらっしゃいました。
虫が苦手な方も、少し虫に親しみがわいたのではないでしょうか。
森の生命の不思議に触れる日となりました。(高柳)

|

より以前の記事一覧