2021年5月 5日 (水)

5月5日ドラム缶ピザ焼き体験

GWピザ3日目!
本日は12組のご家族にご参加いただきました。

まずはみんなでゲームをして、役割ごとに説明を聞いてスタートです。
Simg_3636


生地係、トッピング係、火係に分かれて作業開始です。
子どもたちも小さいな手でゆっくり頑張っていました。
Simg_3658 S20210505_104010 S20210505_103036


トッピングはこだわりポイント!
どのピザもカラフルで美味しそうです。
Simg_3678 Simg_3676 S20210505_104401


生地が完成したらピザを焼きです。
火力の維持も大事な仕事。子どもたちも軍手をして、薪を入れてくれていました。
S20210505_105121 Simg_3672 S20210505_111116 S20210505_110926S20210505_112819


「美味しい~!」と嬉しい声も聞こえてきます。
自分たちで一から作ったピザは美味しいよね。
大人たちからも「想像以上に美味しくてびっくりです」と、高評価いただきました!

Simg_3707Simg_3699Simg_3710Simg_3691

今日のかぼちゃんのイチオシ写真はこちら!
「楽しかった~!」と感想もくれました。
Simg_3701


3日間に分かり開催したドラム缶ピザ焼き体験。
今年は35組121名の方にご参加いただきました。

参加者のみなさんと楽しい時間を過ごすことが出来、我々職員も嬉しい時間となりました。

センターでは感染症対策をしっかりと行い、「焚き火Café」や「親子ブッシュクラフト教室」などたくさんのイベントを企画しています。
またみなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

ご参加ありがとうございました!
(小川)

|

2021年5月 4日 (火)

5月4日ドラム缶ピザ焼き体験

昨日に引き続き、本日も穏やかな天気のもと、ドラム缶ピザ焼き体験2日目を迎えました。

 

今日お越しいただいたご家族の方は、はじめて来所された方が多く、このセンターの魅力を知っていただくいい機会になればと思いながら、ドラム缶ピザを開始しました。

 

今日もスタートは、家族間のチームワークを高めるゲームから。心を合わせ手拍子をするゲーム。素早さと正確さが必要です。

今日の第1位は小学4年生のお子さんとお母さま。「コツは何ですか?」⇒「人数です」というドライかつ的確な返答がナイスでした!

 

ピザの肝となる生地作りは、所長のロバよりレクチャーです。

Img_3477 Img_3480

ベテランの商売人のようなトークとデモンストレーション。これを参考に作っていった各ご家族の生地もいい具合に仕上がっていきました。

Img_3492 Img_3535

トッピングのポイントは、細かく薄く。今日も包丁を握る手が緊張気味のお子さんもいましたが、ずいぶん手慣れた様子の子もいて、頼もしい限りです。

 

そして火つけ。これには皆さん、魅力を感じたようで、ほぼ全員がレクチャーに参加。

メタルマッチを手に着火です。

Img_3511 Img_3519

ドラム缶オーブンに関しては、昨日に引き続き、2家族合同です。

今日は火つけの魅力に取りつかれた少年たちがおり、「はじめまして」にも関わらず、一緒に薪を組み、協力して着火している様子が印象的でした。帰り際には、手をつなぎ、まるで3人兄弟のように歩いている姿がまた素敵でした。

Img_3628

さて、いよいよ「焼き」はじめ。

Img_3625

なかなかの灼熱地獄。しかし美味しいピザの為には必要な工程。でも熱中症も心配。やけども心配…。結果、各火おこし担当の皆さん、頑張ってくれました。

見てください!美味しそうなピザ!いや、美味しいのです。

Img_3566 Img_3609_20210504160301 Img_3616

この笑顔がおいしさを物語っています。

Img_3627 Img_3614 Img_3623

「早く食べたかったんだぁ」と言いながら、顔中ソースだらけでほおばる子どもたちがほほえましかったです。

Img_3585

 

明日は3日目。ご参加の皆様、道中お気をつけてお越しださい。

本日ご参加の皆様、ありがとうございました。

またお待ちしています!

 

坂口(ねぷた)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2021年5月 3日 (月)

5月3日ドラム缶ピザ焼き体験

今日も澄み切った青空が広がる中、木々の緑が映える天気となりました。

1620024246323

今年度、実施に踏み切ったドラム缶ピザには、たくさんのご応募がありました。ありがとうございました。

抽選で12組の親子のみなさんにお集まりいただきピザ作りがスタートしました。

 

これまでは、お集まりいただいたご家族同士がグループになり、コミュニケーションを取りながらワイワイガヤガヤ実施するピザ作り。

しかし、今年度は密を回避し、家族単位でピザ作りと食事が完結できる方法で運営をしました。

ピザ作りの行程は、役割分担で進んでいきます。親御さんお一人とお子さん二人のご家族はやる事が盛りだくさん!親子のチームワークが試されます。

 

行程のひとつは「生地作り」。

Img_3336 Img_3328

水加減、こね方のコツ、生地の柔らかさの目安などを教わります。

Img_3379 Img_3369 Img_3356

 

トッピングは、たくさんの野菜を切っていく作業があり、慎重に真剣に包丁を握る姿がありました。

 

ある程度ピザが仕上がってきたら、焼くためのドラム缶オーブンへの火入れ。すなわち火おこしです。

ドラム缶オーブンは、2家族合同で。着火の仕方はメタルマッチ!「メタルマッチって何?」と気になった方は、5月16日(日)の【親子ブッシュクラフト講座】へ!

Img_3398 Img_34031620024264946

火のおこし方、火の調整の仕方などを学び、いざ焼き作業へ!

火が入りすぎて焦げてしまったピザもあったようですが、各家族、それぞれ美味しそうに焼けたピザがほとんどです。

Img_3432 1620024235019 Dsc01147 Img_3443

親子でパクリ!

「正直、味は期待していなかったんです」という親御さんにもご満足いただける味だったようです。

Img_3428 Img_3448

Dsc01161_20210503165201

「思った以上に子どもが頑張ってくれました」、「子どもが主体的に動いてくれた」、など、家族単位だったからこその助け合いや成長がみられたようです。

明日も安全に実施できるよう、スタッフ一同準備を進め、皆様をお待ちしています。

坂口(ねぷた)

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2021年2月14日 (日)

黒川特製☆味噌仕込み~3日目~

本日は味噌仕込みの最終日!

32名の方にご参加いただき、味噌仕込みを楽しみました。

 

このご時世ですので、マスクもとらず、各家族ごとに味噌を仕込みました。

 

Img_1928

 

ホールに集まり、さっそくスタートです。

まずは朝からグツグツコトコト煮込んでいた大豆を見に行きましょう。

 

Img_1930

 

Img_1947

 

黒川自慢の大鍋で、朝の8時から5時間煮込んだ大豆です。

ほのかに甘い大豆を、試しにパク!

 

Img_1950

 

Img_1939

 

その美味しい甘味に、思わず笑顔がこぼれていました。

さて、大豆をそのまま食べるのもいいですが、今日は味噌仕込み!

 

Img_1958

 

会場をセッティングして、外の大鍋から大豆を運びました。

ザルに開け、水を切り、ミンチ機で潰していきます。

 

Img_1961

 

力を合わせてハンドルを回し、大豆をくまなく潰します。

 

Img_1970

 

時に大人パワーも借りながら、なんとかミンチにできました。

 

Img_1974_20210214163901

 

煮汁を加えてかき混ぜて、1つごとに取り分けます。

ここに麹と塩を混ぜれば、味噌仕込みは完成!

 

Img_1987

Img_1991

Img_1996

 

米か麦か、麹を好きな方を選んで、混ぜ合わせました。

 

今日から仕込んで、一番早く食べれるようになるのは夏ごろ。

できれば、丸々1年は寝かせておきたいところです。

 

Img_2002

 

Img_2006

 

参加者の方の中には、『お友達に頼まれて…』や、『去年のがとても美味しくて!』という方も

いらっしゃいました。

改めて、黒川味噌は愛されているなぁと思う1日でした。

 

今年度は、今回で味噌仕込みは終了になります。

仕込んだ味噌や、去年の味噌は、今後イベントで使われることもあるかもしれません。

 

気に入った方や、やりたい方がいらっしゃいましたら、ぜひ来年度の味噌仕込みを

楽しみにしていただけると嬉しいです。

 

それでは、また皆さんとお会いできる日を楽しみにしております!

 

 

大谷リオ

 

|

2021年2月13日 (土)

黒川満喫プログラム~黒川特製味噌仕込み~2日目

Dsc09850_20210213174301

黒川満喫プログラム~黒川特製味噌仕込み~の2日目です。

31名の方にご参加いただきました。

今年度の味噌作りは感染症対策のため、例年の約半数で実施しています。

150044175_131301045523812_76095243347074

巨大鍋で5時間煮た大豆を使用します。

お鍋の近くはあま~い香りがただよっています!

Dsc09825 Dsc09826

麹や塩はボウルで小分けにしています。

これらと甘く煮あがった大豆を混ぜてお味噌を仕込みます。

Dsc09837

会場セッティングを子ども達が積極的にしてくれました。

 150202665_544147526485012_48107337701931 149696669_1837082073122294_8223446052617 149726568_270505088053925_80239153698546 Dsc09848   Dsc09864

バケツリレーで大豆をホールまで運び、ミンチ機にかけていきます。

お父さんお母さんが重たい大豆の入ったバケツを、グラウンドからホールまで頑張って運びました。

そして、ミンチ機を回す、大豆を入れる、台座を支えるなどそれぞれ役割分担しながら大豆をミンチしました。

その後は各ご家庭ごとに大豆、麹、塩をこねていきます。

 

例年の半数での実施、かつ例年は大勢で材料を混ぜ合わせていた工程が今年はご家族毎になりました。

それにも関わらず、とてもアットホームな雰囲気でみんなでお味噌を仕込んでいたように感じます。

本日ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!(片岡)

|

2021年2月12日 (金)

特製黒川味噌仕込み(初日)

今日からセンターで人気のプログラム「特製黒川味噌仕込み」がスタートしました。
例年とは異なり、今年は参加人数も催事時間も大幅に縮小して実施となりました。

Dsc09751_20210212174001 Dsc09742

味噌つくりの流れなどを簡単にお話したら、まずは原材料の大豆の煮え具合を確認しました。
昨日に水に漬けたあった大豆を午前中いっぱい大鍋で煮て、参加者の皆さんが集まるまで約5時間ほどあらかじめ煮込んでおきました。
薪と鉄の大鍋を使ってじっくり煮込んだ大豆はすっかり飴色になっていて、煮豆として食べたいぐらい良い香りでした。

Dsc09753 Dsc09760

そして参加者の皆さんと大豆をすりつぶしました。
大人も子どもも手回しのミンチ機でどんどんとすりつぶしていきます。

Dsc09764 Dsc09768 Dsc09770 Dsc09785_20210212174101

大豆がすり潰れたら、先月来センターでたくさん仕込んだ、米麹・麦麹・塩を各自それぞれ混ぜ合わせていきました。
麹と塩をよく混ぜ、固まったところが無くなったら、さらに大豆と混ぜ合わせます。
いつもならこの作業も大勢で一つのタライで混ぜ合わせるのですが、今年は各自に取り分けてボールで混ぜるやり方となりました。少し手狭で混ぜにくかったかもしれませんが、今の状況ではいたし方ありません。

Dsc09740_20210212174101 Dsc09796 Dsc09805 Dsc09792_20210212174201

さて、材料がすべて混ぜあわさったら、持ち帰り用タッパーに詰めていきます。
タッパーの中をホワイトリカーですすぎ、味噌だねを空気が入らないように詰めていきます。
全て詰め終わったらタッパー自体を床に落として空気を抜く方達も見られました。

Dsc09800 Dsc09803 Dsc09813 Dsc09815

最後にキッチンペーパーやラップで蓋をして完成です。
半年から一年後には美味しい味噌になっていると思います。

Dsc09817 Dsc09739

そこまで待てないという方や、米麹味噌は作ったけど麦麹味噌は作らなかった方たちは昨年仕込んだ”黒川味噌”を帰りに買っていかれました。なかには、タッパー4つ分に加えて昨年仕込みの2種類の味噌も買っていくとか、皆さん大荷物でお帰りになりました。
手作り味噌の美味しさはまさに手前みそ、作る工程や寝かせる期間も含め美味しさが増していくようです。
たっぷり、じっくり味わってくださいね!(川村)

|

2020年12月13日 (日)

12/13 しめ縄飾り作り

皆さん、こんにちは。

 

本日はしめ縄飾り作りのイベントを実施しました。

Img_1097

 

しめ縄作りは藁からスタートしました。

縛った藁を三等分に分け、それぞれねじりながら巻いていきました。

 

Img_1100

 

最初はスタッフが見本として巻きましたが、皆さんにお配りした藁を綯うのは、

皆さん自身です。

 

Img_1107

 

Img_1109

 

 

少し不安そうな声も上がりましたが、スタッフがいるので、聞きながら進めていきました。

 

Img_1111

 

Img_1113

 

 

 

藁は柔らかくするため、湿らせてあります。

ねじると水が出てきますが、へこたれずに巻いていきます。

 

Img_1116

 

Img_1117

 

 

1本のしめ縄にできたら、穂先を左上手前にして、輪っかの形に縛ります。

 

Img_1125_20201213180001

 

しめ縄作りはここまでで、あとは飾りつけを行いました。

 

紙垂や松葉、南天の実など、様々な縁起物でしめ縄を飾り付けます。

飾りつけは皆さんの感覚次第!

 

Img_1126

 

Img_1129

 

Img_1133_20201213180001

 

綺麗に見えるよう、様々な形を試します。

 

Img_1131

 

最後は完成したしめ縄飾り作りを持って、記念撮影をパシャリ。

 

Img_1136

 

Img_1137

 

Img_1178

 

Img_1145_20201213180101

 

 

 

作り終えた後は、黒川自慢の焼き芋とコーヒーを楽しみました。

 

Img_1181

 

Img_1152

 

Img_1148

 

 

関東の松の内は、一般的には本日13日から。

今日作ったしめ縄飾りで、ぜひ楽しい正月をお迎えください!

 

大谷

|

2020年11月25日 (水)

11/25 のあそびくらぶ

皆さん、こんにちは。

本日は11月最後ののあそびくらぶでした。

 

午前中は少し小雨が降っていましたが、午後はずっと曇りでした。

 

Img_0825_20201125174201

 

さっそくどんぐり山の上を登って、探検に出発!

 

どんぐりを探したり、枝を拾ったり、切り株に上ってみたり。

 

Img_0834

 

それぞれ、自分のやりたい遊びをやってみます。

 

Img_0851_20201125174301

 

拾った落ち葉をスタッフにかける遊びも始まりました!

 

Img_0851_20201125174301

 

いっぱい落ち葉がある場所に行って、完全防備のスタッフにかけ放題タイム!

 

Img_0882

 

Img_0894

 

どうやらこのスタッフは落ち葉をかけると倒せるらしい……!

 

Img_0898

 

子どもたちの号令のもと、スタッフが落ち葉に埋もれていきます。

 

Img_0908

 

完全に埋めきって、倒せたようです!

そのあとは、たすけて~という声が聞こえたので、掘り返してくれました。

 

Img_0929

 

スタッフが抜けたあとは、集めた落ち葉でお風呂ごっこ。

 

イイ感じに陽も当たって、暖かったようです。

 

Img_0935

 

他にも、木登りしたり……

 

Img_0879

 

Img_0868

 

笹藪に隠れてみたり、様々な遊びを楽しみました。

 

センターに帰ってからは、定番の焚火とどんぐり山探検!

 

Img_0954_20201125174801

 

Img_0981

 

一日センターを満喫して、終了となりました。

 

次回ののあそびくらぶは12月16日!

また皆さんとお会いできる日を楽しみにしております。

 

 

大谷

 

 

|

2020年11月15日 (日)

竹の伐採&BBQ検定!(上級)

皆さん、こんにちは。

本日は明日使う竹の伐採を行い、グラウンドでBBQの上級検定が開催されました。

 

Dsc08123

 

竹林には、竹が乱立しています。

竹同士が、高い位置で重なっている部分もあり、間引かなければいけません。

 

Dsc08124

 

切り倒したら二人がかりで運びます。

切り倒すまでにも様々な工程があるのですが、我々もケガをするわけにはいかないので、

写真は撮影できませんでした。

 

かなりきつい傾斜なので、注意深く竹を運び出します。

 

Dsc08125

Dsc08127

 

枝を払い落し、まっさらな竹だけの状態にできたら……

 

Dsc08130

 

担いで上を目指します。階段を登るときも、注意深く。

 

Dsc08133_20201115191801

 

Dsc08134

 

グラウンドに到着しました!

間引きするだけならば、我々もここまで運ばなくてもいいのです。

しかし、間引きした竹は再利用ができます。

 

成長が早い竹は、様々な用途で使われてきました。

 

明日、竹が何になるかは……お楽しみということで!

 

Dsc08135

 

 

さて、そんなことをしているグラウンドの横では、BBQの上級検定が行われていました。

 

Dsc08137

 

Dsc08149

 

 

Dsc08150

 

Dsc08156

 

Dsc08157

 

詳細は『秘密』とさせていただきますが、皆さん真剣な様子で取り組んでいました。

 

センターでは種種様々なプログラム、それに伴う備品の貸し出しを行っています。

 

ブログをご覧いただいて、『BBQやりたい!』『竹を使って遊びたい!』などなど

ありましたら、ぜひセンターまでご一報ください!

 

皆さんとお会いできる日を楽しみにしております。

 

 

 

大谷

|

2020年11月14日 (土)

BBQ検定初級

皆さん、こんにちは。

本日センターでは、BBQの初級検定が行われました。

Dsc07842

 

体温や健康の確認を行い、講義を行います。

 

Dsc07810

 

日本バーベキュー協会会長の下城さんからお話をいただきました。

BBQ発祥の歴史や、スポーツとしてのBBQ、BBQという文化についてなど、

様々な視点からBBQに対する知識を披露いただき、参加者からも驚きと納得の声があがりました。

 

Dsc07817

 

Dsc07824

 

詳しい内容はぜひ、初級検定を受けに来てみてくださいね!

 

さて、講義が終わったら、いよいよ実践です。

実戦とは言ったものの、我々参加者がいきなり肉を焼くわけではありません。

 

中級・上級のインストラクターの皆さんが、すでに準備をしてくれていました。

 

Dsc07833

 

Dsc07846

 

チムニースターターを使った炭への火付けの方法、手順、そして仕組み。

聞けば聞くほど、いかに先人の方が工夫をしてBBQをされてきたかわかります。

 

より手軽に、より楽しく、より美味しく。

 

そういった工夫も、聞いて、実際に見るまでは知ることができませんでした。

多くの知識を引き継ぎ、また更新しながら、我々もBBQの知識を引き継いでいこうと思います。

 

炭の配置も、一筋縄ではいきません。

 

Dsc07878

 

Dsc07902

 

参加者が平らに広げた炭。

これは、ワンゾーンファイアといい、まんべんなく同じ火力になる配置です。

一般的なBBQではよく見る配置ですが……

 

Dsc07903

 

あの配置は、最後や急いでいるときに、一気に焼くときに使う配置のようです。

片側に炭を集め、強火・中火・弱火の3つのエリアを作る。

これを、スリーゾーンファイアと言います。

 

言われてみれば、ずっと強火で完成する料理なんて、そうはありません。

炭でやる場合、火力の変更は大変なので、場所を分ける。

 

言われて、目の前で見せてもらえば、『なるほど』以外の言葉が出てきません。

 

Dsc07944_20201114163801

 

他にも、ここには書き切れないほどの工夫と納得があったのですが、

なかなか写真と文章だけでは伝えきれないと思うので、ぜひ体験してもらえればと思います。

 

Dsc07932

 

Dsc07945

 

Dsc07948_20201114164201

 

シンプルに感想を言わせていただけるなら、『とても美味しかった!』ですね。

 

Dsc07959

 

BBQではこんな大きなお肉も焼きます!

豚肉・鶏肉・牛肉には、それぞれ安全になる温度があります。

肉芯温度計は、肉に刺すことで内部の温度を確かめることができる機械です。

 

不安があると、楽しむことは難しいですよね。

安全であることをしっかり確認して、BBQを楽しんでいきましょう。

 

Dsc07968

 

BBQで焼くのは、当然お肉だけではありません。

野菜も美味しく焼くポイントがあります。

 

Dsc08004

Dsc08002

 

Dsc07980_20201114164901

 

しいたけ、ピーマン、ズッキーニ。野菜だって、とっても美味しく焼けるんです。

 

特にジューシーなズッキーニ、甘いピーマン、出汁が出ているしいたけ。

水分を飛ばさずに焼く……工夫次第で、そんなこともできちゃうんですね。

 

Dsc07996

 

さて、いよいよBBQも終盤が近づいてきました。

我々参加者も、ついに焼くときがきたのです。

その食材は……食パン!

 

Dsc08012

 

バーンストライプ。斜めに焼き跡をつける技術です。

我々参加者は、このバーンストライプ食パンの出来を競いました。

 

網の焼き跡や、白い部分の範囲など、様々な判断基準がありました。

その判定は下城さんにやっていただき、我々はひたすらパンに焼き目をつけます。

 

Dsc08019

 

Dsc08007

 

ちなみにこちらが『かなりいい』バーンストライプがついているとのこと。

なかなか我々はそうはいきませんが、それでもやる以上は結果が出ます。

 

1位の方には……BBQ協会から『何か』が贈られました!

 

知りたい方は、参加してみてくださいね!

 

Dsc08032

 

さて、本日行ったのは『検定』でした。

ということは、『筆記試験』もあるわけですね。

講義と実践を見て聞いて、様々なBBQの知識を問う試験でした。

 

合格したかどうかは……1か月後のお楽しみです。

 

Dsc08023

 

試験が終わったあとは、最後のBBQです。

焼きバナナ、焼きオレンジなどのデザートが用意されていました。

熱くて甘くて酸味のある果物たち。

 

Dsc08037

 

そして焼きマシュマロもありました!

それぞれ焼く食材に合わせて、炭の配置も変わっていきます。

 

Dsc08045_20201114170001

Dsc08047

Dsc08052

 

最後は、写真映えする巨大なラスボス……

『セントルイスカットリブ』を食べて解散となりました。

 

Dsc08055

 

BBQ初級検定を受け、様々なBBQの歴史や知恵、工夫を学ぶことができました。

 

こうして得た知識や経験を活かしながら、また多くの人にBBQの魅力を伝えていきたいと思います。

 

来年も開催予定ですので、興味のある方はぜひ検討してみてくださいね!

 

 

 

大谷

|

より以前の記事一覧