2017年6月26日 (月)

アジサイの幹についている白い綿の正体は?

Dscf3376 Dscf3378 Dscf3380 Dscf3382




センターでは、まだまだアジサイが見ごろです。

ふと幹をみると、白い綿がついています。
みなさん、この綿の正体をご存知ですか?

Dscf3387Dscf3388




調べてみると、どうやら、コナカイガラムシという虫と判明。
私は、この綿が生きている虫だとは思っていませんでした。

よく見て、写真を撮って、調べて、さらに目を凝らして見てみると、、、
確かに動いていました!!
これだけ綿状に見えるところには、無数のコナカイガラムシがいるということです。

Dscf3389





もっと近くに寄ってその細かい毛、小さな足、真っ白な体を撮ってやろうと思い、
手を伸ばしたら、、、、
飛んだー!!
しかも、1m近く、ピョーンと飛びました。

なかなかの跳躍力(笑)。虫嫌いだったら、悲鳴をあげていたでしょうね。
(そんなに虫嫌いではない私も、心の中ではぎゃーっと叫ぶほどの跳躍でした。)

ということで、残念ながら、間近な写真は撮れませんでした。

新しい発見にあふれている自然はやっぱりおもしろい。
知れば知るほどおもしろい。
アジサイの綿を見たら、ぜひじっくり見てみてください!!(高柳)

|

2017年6月 9日 (金)

アジサイが満開です。

Dsc_8884センターでは、アジサイが満開です!!
ぜひ見に来てください。



本当は、アジサイ図鑑として書くつもりでしたが、、、
いろいろありすぎて、わからない!!(すみません。)

ということで、今日は、写真でお楽しみください。
Dsc_8876Dsc_8880_2Dsc_8887Dsc_8890Dsc_8891


Dsc_8894
Dsc_8895Dsc_8896_2 Dsc_8897 Dsc_8898 Dsc_8899 Dsc_8903 Dsc_8909






アジサイは、100種くらいあります。(センターには、7~8種類でしょうか。100株ほどあります。)品種改良されて、増えているそうです。
アジサイが赤や青の花を咲かせるのが、不思議だなぁと思って見ていますが、
その理由は、吸い上げた土の養分によって、色が変わるから、だそうです。

同じ場所でも、青や赤の色を咲かせているものもあり、
植物の不思議ですね。

また、先日の神奈川シニア自然大学校の講座で聞いた事ですが、
アジサイは、少し前までは、葉っぱを食べる虫がいなかったとのこと。

しかし、最近は、アジサイをも食べる虫が現れたそうです。
そう思ってみてみると、アジサイも確かに虫に食われている形跡があるものもあります。
虫も、植物も生きるのに必死ですよね。

今しか楽しめない、見ごろのアジサイをぜひ楽しみに来てください。(高柳)

|

2017年6月 5日 (月)

アザミが咲きました

Img_7795
センター周辺を歩いていたところ、アザミの花を発見しました。トゲのある葉とトゲのような花が特徴です。鮮やかな紫色が目を引きます。咲いている花もあれば、つぼみもありました。
調べてみると種類にもよりますが、7月上旬あたりから花が咲くようです。
日当たりの良い場所なので、いち早く咲き始めたのでしょうか。
まだ梅雨入りするかしないかという時期ですが、もう初夏のようですね。これから咲く夏の花が楽しみです。(片岡)

|

2017年5月18日 (木)

どくだみ茶作り

Dscf2290
この時期、ちょっと日陰を覗いてみると、どくだみがたくさん生えています。
梅雨に入る前の晴れが続く今は、どくだみ茶作りの大チャンス!
ということで、作ってみることにしました。
Dscf2291
花は咲いておらず、小さなつぼみがついています。
摘みます!

Dscf2292
たくさん採れました。
地面にはまだまだ大量に生えています。

Dscf2294
よく泥を落とします。
ちなみに根っこにも効能があるので、そのまま残します。

Dscf2295Dscf2297
最後は輪ゴムで束ねて、風通しの良い日陰で1週間乾燥させると完成です。

こういった手仕事をすると、待つ楽しみが生まれますね。現代は時間に追われることが多いので、つい早く結果が欲しくなってしまうことがあります。それと真逆のできあがりを待つ時間は、即効性のあるものとは違う喜びや楽しさを感じさせてくれる気がします。
なにはともあれ1週間、わくわくしながら完成を待ちたいと思います!(片岡)

|

2017年5月11日 (木)

竹が落葉しています。

P1360852_3

いま、どんぐり山の森の中では、竹が落葉しています。

冬前に落葉する木が多い中、竹は春に落葉し、新しい葉っぱを出します。





P1360851_2
写真だと分かりにくいですが、地面一面、竹の葉に覆われています。
写真を撮っているときも、ひらひらと降り注いでいました。




これにちなみ、俳句では、
「竹の秋」というのが、晩春の季語 になっているそうです。
ほかにも、
「竹落葉」は、初夏の季語
「竹の春」は、秋の季語 
とのこと。

秋には、青々とした葉っぱをつけて養分を蓄え、翌春に頭を出す筍のための準備をしているんですね。

春は、つい地面から顔を出す筍や、青々とした若竹に目を奪われてしまいますが、
ちょっと顔をあげてみて、竹の黄葉、落葉を楽しんでみてください。(高柳)
※私事ですが、5月より、育休を終えて復帰しました。楽しいイベントや体験の提供に邁進していきたいと思います。よろしくお願いいたします!

|

2017年4月13日 (木)

本日の桜情報

Dscf0004Dscf0023_2館内は月に1度のWAX清掃日です。床がピカピカになりました。桜が散っているので業者さんは少し大変そうです。

外は、散歩がてらにお花見で近隣の方々がいらしています。桜は大分散ってきましたが、ところどころ花をまだしっかりとつけているような状態です。

Dscf0006Dscf0008 散った分、地面は桜の花びらが隙間なく広がっています。
このあたりは掃き掃除せずにあえてそのままに。水たまりに浮かぶ花びらは小さな花筏の様です。

桜やグラウンドの姿は毎日変化しているので、今の内にぜひ足を運んでみてくださいね。(片岡)

|

2017年4月 2日 (日)

真っ赤なつぼみ

Dscf9687 Dscf9688晴れて春の陽気に戻り、本日はあちこちで開花が進みそうです。桜の開花状況は何度か当ブログでお知らせしていますが、別の木の花ももうすぐ開きそうです。上の写真はイロハモミジのつぼみです。枝にまだ小さな緑の葉と真っ赤なつぼみが沢山ついていました。小さくかわいい花なので咲くのが楽しみです。

Dscf9693 Dscf9690 グラウンドの桜は半分くらい咲き始めた、というところでしょうか。まだつぼみが多くついています。これから咲くぞ!という準備万端なこの時期の桜も好きなのですが、みなさんはいかがでしょうか。散策の際にはセンターへ寄ってみてくださいね。その際は受付まで一言お声がけください。(片岡)

|

2017年2月 9日 (木)

2017年初雪

Dscf7526現在、黒川では雪が降り続けています。みぞれに変化しているときもあるので、今回は積もらなそうです。2016年の11月に早々と降ってから大分間が開きましたね。2017年になってからようやく雪をみることができました。

Dscf7525
雪が降る前は晴天続きだったので、梅の花が今年は例年と比べて早めに開花しています。ぱっとみるとこちらも雪の様です。まだ蕾もついているので、この雪にあたっても、もうしばらく咲きつづけそうです。

雪月花、という言葉もありますが、雪と花が同時にあると見ごたえがありますね。こんな天気ではありますが、周囲を見渡すと思わぬ景色が発見できそうです。(片岡)

|

2017年1月13日 (金)

梅の花

Dscf6373Dscf6374毎朝、グラウンドに霜が降りるほど寒いですが、見渡してみると、なんと梅の花が咲いていました。
冷えこみが厳しくなる一方、日差しが暖かい時がここ数日続いていたからなのでしょうか。満開になるのが今から楽しみですね。
まだまだ寒いと感じる自然界も、少しずつ春を迎えているようです。(片岡)

|

2016年11月17日 (木)

イロハモミジ見ごろ

Dscf4282Dscf4293Dscf4296Dscf4299




先週はほとんど緑色だったイロハモミジが、こんなに赤く色づきました。
枝の先の葉から、徐々に赤くなっていきます。

陽で葉が透けていて、とても鮮やかに見えます。
朝日の差し込む時間帯の紅葉が本当にきれいです。
2枚目の写真は、木の表側から撮っています。
他の3枚は、葉の裏側が見えるようにしています。
意外と、葉の裏側からってきれいに見えませんか?

イロハモミジは今が見ごろですので、ぜひ紅葉狩りに遊びにきてくださいね!
そしてこのきれいな様子をその目でみていただければ嬉しいです。(片岡)

|

より以前の記事一覧