2017年10月 3日 (火)

葉っぱの形がおかしい?!

Dsc04853



どこにでもある、草が生えた一斜面。
一か所、葉っぱの形がおかしい場所がありました。
よく見ると、葉っぱが糸でぐるぐると巻かれ、きれいな三角形になっています。

Dsc04856



そうです。クモの巣です。

Dsc04867



クモの巣というと、大きくキレイな形をした巣をよく見かけますね。
写真はジョロウグモです。

このような巣は、ここを通りがかる虫を捕まえるための巣で、
いわば、定点を決めて、獲物が来るのを待つ、「農耕民族」型。

巣をつくらずに、次々と狩りをしながら獲物を捕まえるのは、「狩猟民族」型。

とまぁ、クモにもいろいろあるそうですが、、、
Dsc04859
今日センター内でお見かけしたこのクモは、どちらになるのでしょうか。

しっかり姿を見ることはできなかったのですが、
中をのぞくと足がみえました。
その足の柄は、フクログモの仲間かなぁと思いますが、
(マダラフクログモか、ヤマトフクログモか。。。)
はっきりは分かりませんでした。

このクモは、日中はこの巣の中に隠れていて、
夜になって巣から出て狩りをするタイプのクモのようです。

この時期、クモの巣に悩まされる日々ですが、、、
こんなクモの巣の張り方もあるんだなぁと感心しました。(高柳)

|

2017年10月 2日 (月)

★の花

歩いていると、パッと★型の赤い花が目に付きました。
Dscf4413 Dscf4411
これは、ルコウソウ✿
横から見ると、アサガオのようですが、花は小さいです。
最近、つる植物について知る機会があったので、いろいろなところで“つる”に目がいきます。
つる植物の伸び方は、巻きつく・トゲを引っかける・吸盤のようにはりつくなど様々です。
これは見ての通り、巻きついていますね。
個人的なおススメは吸盤系です♪
小さな吸盤から出る粘着物質で張り付いているので、しっかりくっついています。
つるの部分が枯れてしまっても吸盤だけ残っていることがあり、足跡のように吸盤がいくつも残っているのがかわいいです。
つる植物を見つけた時にどのように伸びているか是非観察してみてください。
(藁谷)

|

2017年9月30日 (土)

オオバコといえば?

オオバコといえば、”雑草”、”強い生命力”、”どこにでもある”などという声が聞こえてきそうですが・・・。

私は、オオバコ相撲で、よくお世話になっています。
茎が強いので、茎同士をからませて、引っ張り合い、切れなかった方が勝ち、という遊びです。

いま、オオバコは、かわいらしい花をつけています。
オオバコの花、見たことありますか?
Dsc04359 Dsc04356



白くて小さい花です。
地面にあると見過ごしてしまいそうですが、ぜひ、足元にある花に目を向けてみてください。

実は、これ、種の形も面白いんですよ。
それは、またタネがついた時期にお知らせしますね。(高柳)

|

2017年9月29日 (金)

ローズマリーの花

Dsc04301Dsc04303事務所前の花壇にあるローズマリーが花を咲かせました。
薄紫色の小さな花です。
ローズマリーの開花は11~5月ととても長いそうです。9月の終わりなのでかなり早めの開花ですね。まだ枝の先の数輪が咲いた状態なので、これから沢山花をつけそうです。
Dsc04305

ちなみに、玄関に置いてあるローズマリーは花の咲く気配がありません。
日当たりの問題でしょうか。引き続き観察したいと思います。(片岡)

|

2017年9月28日 (木)

ハイイロチョッキリ、発見

朝晩が涼しく、すっかり秋模様ですね。
先日より本ブログにて、青いどんぐりが落ちる理由をご紹介してきましたが、
ついに、本人に出会うことが出来ました。

http://kurokawa-yagai.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-dad3.html

http://kurokawa-yagai.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-8b98.html

Dsc_2356



これです。
大きさは、1㎝くらい。意外と小さい!!

コナラの木の下にいました。
たまたまいたのか、何かの拍子に落ちてしまったのか。
ちょうどつがいでいるところをお邪魔してしまったようでした。

Dsc_2359




このハイイロチョッキリは、ゾウムシの仲間で、
どんぐりに卵を産み付けた後、枝を切り落とします。
この小さい体で、3時間くらいかけて枝を切るそうです。

1匹のメスから何匹位の卵が生まれるのでしょうか。
あまりにもたくさんのどんぐりが落ちているので、
木にはものすごい数のハイイロチョッキリがいるのか、
はたまた、一匹が頑張って落としているのか。
本当に森の事象はおもしろいです。(高柳)



|

2017年9月25日 (月)

イヌサフラン、咲きました!

Dsc_0049_2 先日、ブログにてご紹介した、イヌサフラン。
 http://kurokawa-yagai.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-ec82.html

 ついに、花が咲きました!

 (開花は、9月20日前後でしたが、アップし損ねておりました)

 ずっと室内に置いてあった球根でしたが、「日に当てると、色が濃くなる」と教えて頂き、半分を日に当ててみました。
残りの半分は、室内のまま。

はたして、色の違いはでるでしょうか。


Dsc_0041

Dsc_0048こちらは、ずっと室内に置いてあったイヌサフラン。









Dsc_0047そして、こちらが、日に当てたイヌサフラン。


違いは歴然でした。
日に当てた方は、きれいな紫色になりました。
といっても、優しい感じの紫色です。

そして、室内の方は、白です。




太陽の光で色が変わるなんて、おもしろいですね。
ほかにもこのような植物はあるのでしょうか。
まだまだ自由研究は続きそうです(笑)。(高柳)

|

2017年9月15日 (金)

この虫何の虫?

Dscf4020 Dscf4021
朝、グラウンドに止まっている生き物を発見しました。
触覚が太く濃い水色の線が入っていて、うねうねと動かしています。

蝶なのか蛾なのか、虫を見ても分からないことがよくあります。
蝶と蛾の見分け方はいくつかありますが、
触覚の先が、蝶は膨らんみこん棒のようになっていて、蛾はとがっていたり櫛のようになっているそうです。

写真の虫は触覚の先がとがっているので、蛾ですね。
よく調べてみたところ、これはホタルガだと分かりました。
頭が赤いところなど、蛍に似ていますね。
生き物探しをするとまだまだ色んなものに出会えそうです。(片岡)

|

2017年9月 8日 (金)

どんぐりが落ちているのは

まだまだセミが元気よく鳴いているセンターです。
先日、緑のどんぐりが落ちている理由を書きましたが、ふと、ある疑問が湧いてきました。
(過去の記事はこちら。→http://kurokawa-yagai.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-dad3.html

P9070928
P9070929_2




「落ちているどんぐりは、コナラだけなのか?」
という疑問です。


そこで、工作室裏の、いつもクヌギがたくさん落ちているエリアへ行ってみました。

すると、、、
P9070919




ありましたー!!
P9070921




どんぐりがついたまま落ちていて、枝の切り口は、すぱっとキレイな断面。
(少し日が経ってしまっており、茶色になっていましたが。)

これは、チョッキリの仕業に違いない。
P9070924 P9070925




ということで、帽子の所に穴が空いていないか、よく見たのですが、
クヌギは分かりにくいですね。
P9070926




帽子をとると、穴が空いていました。(写真の真ん中です。わかりますか?)
P9070927




そして、何かが入り込んだ跡が。。。
今回は、はっきり卵とはわかりませんでしたが、確かに、痕跡がありました。

ということで、またまた虫ネタになりました。
森の自然の不思議、研究するとおもしろいです。(高柳)

|

2017年8月30日 (水)

自然の落とし物がいっぱいです。

Dsc02847 Dsc02848ついに落ち葉の季節がやってきました。
センター内で、一番早く落葉しているのは、サクラのようです。


そして、同じく、どんぐりの実が落ちる時期も到来です。
なぜ、実が青いまま、葉ごと落ちているのか?
Dsc02849

そのヒミツは、過去のブログをご覧ください。
http://kurokawa-yagai.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-dad3.html
http://kurokawa-yagai.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-3eb7.html

さて、今日は、こちらをご紹介。(やっとここからが本題です。)
Dsc02852




実は、センターのあちらこちらでみかける、この白い綿のような玉。
これは何でしょうか。
Dsc02853Dsc02854




大きさは1㎝ほどです。
調べてみると、クモの卵嚢(卵がたくさん入ったもの)という事であることがわかりました。
時期がくると、ここからたくさんのクモの子ども達が生まれてきます。

が、、、なかなかクモの種類までたどり着けず。
今度、神奈川シニア自然大学校の講義で昆虫の先生がいらっしゃるので、聞いて見ようと思いますが、もしわかる方がいらっしゃったら、教えてください。

施設整備の観点からは、クモの巣は取り払いたいところですが、種類が分かるまで(9月12日)そのままにしておきます。(高柳)

|

2017年8月24日 (木)

タマゴタケが豊作!

Dsc_6170 長雨が続いたお陰で、どんぐり山に足を踏み入れると、沢山のきのこが生えています。

中でも赤くて目立つのが、タマゴタケ。
Dsc02334 白いタマゴから殻を破って赤いキノコが出てきます。
一見毒々しい色なので、毒キノコかと勘違いする人も多いようですが、実は美味しいキノコです。
旬が短いので、見つけたら直ぐに収穫しないと、ヘタってしまうのです。
Dsc02352 ちょっと一回りしただけで、沢山収穫できました。
Dsc02363 畑の野菜と一緒に、バター醤油炒めで頂きました。
やっぱり、旬の物・新鮮な物は美味しいですね!(野口)

|

より以前の記事一覧