2021年5月 8日 (土)

ハーブ畑に新しい仲間🌱

 

カンカンカン! …ペグ打ちの音。
もくもく、ジュー …たき火料理の音。
きゃー!ぎゃー!!! …子どもが事務所にいたずらに来た声💨


にぎやかな週末のセンターの片隅で、太陽の光をたっぷり浴びて、ハーブたちが育ってます!
20210508_115248

先日、かぼちゃんが植えたハーブ畑に新たな仲間、「イタリアンパセリ」「バジル」が加わりました。
20210508_115410
         ★ イタリアンパセリ ★       


20210508_115338
             ★ バジル ★


かぼちゃんによると、昨年はこのふたつを隣同士に植えたところ、イタリアンパセリの生育がとてもよく、
バジルがその勢いに負けてしまったとのこと。
「今年はバジルをちゃんと育てたい~!」と花壇の端と端に植えました。

調べてみると、ハーブ同士も相性が色々あるようです。
例えば「チャイブ」は「イタリアンパセリ」が嫌う酸を放出するため、隣同士は厳禁。
「レモンバーム」は繁殖力が旺盛のため、「バジル」を侵食してしまうようです。
繁殖力でいうと、「ミント」は特に強いため、単独で植えた方が良いそうです。

当たり前ですが、個性があるのは人間だけではないですね。植物の世界もイロイロ!
こんなことを考えながら植えて、育てると親しみが湧き、活用するときの楽しみも更に増します。


20210508_115310
ちなみに、バジルの近くには「トマト」を植えています。
「コンパニオンプランツ」と言い、バジルの香りでトマトに寄って来る害虫を防いでくれる相性バッチリの組合せです。

ぜひ、“ハーブの気持ち”になって、花壇をのぞいてみてくださいね!


舘野

 

|

2021年4月30日 (金)

日本ミツバチとタケノコ

昨日雨が降ったので、心配になってミツバチの様子を見に行きました。

今朝は天気も良く、ミツバチ達は元気に飛び回っていました。

178832694_178692560777493_22220131626041

日中も様子を見に行くと、更に活発に飛び回っていました。

中には両足に大量の花粉を付けて運んでいるハチもいました。

179244905_278786383981677_20102841609591 177534289_369991347688184_12614174513682

こんな活発に活動しているのであれば、まずは一安心です。

今までなら、中の様子が見たくて、巣を開けて除いたりしたのですが、今年はじっと我慢して、外から観察するのみにしておきます。笑

 

ハチの巣を見に行く途中、タケノコがかなり大きく育っていました。タケノコとして地中に顔を出してから1っか月もすると、大人の竹と同じくらいの背丈に成長します。そう考えるとメチャクチャ成長が早いですよね。

179455605_1196927407414360_6394843447519 178742372_211963183724907_69126354706729

今、周りについている皮を剥がして伸び上がっている最中です。ゴールデンウィークが過ぎる事には、全てのタケノコが大人の竹と同じ高さにまで成長しているはずです。

179356893_2813895748848800_4278961316710 178518888_254564229782346_47189700747658

今年は1mくらい育った竹でメンマを仕込んでいます。現在、乳酸発酵中!

6月頃には天日干しして、乾燥メンマを作る予定です。

これについても乞うご期待です。(野口)

|

2021年3月16日 (火)

開花宣言!

本日、センターの桜が開花しました。

開花宣言です!

161483869_287140046098308_88283644800248

多くの皆様にセンターの桜を見ていただきたいのですが、コロナコ禍のため、沢山の方がセンターに訪れても、、、。

Dsc00350_20210316095401

とは言え、お散歩がてらに立ち寄っていただくぐらいなら大丈夫なので、お近くにお越しの際は、センターの桜を見に来てください。

Dsc00362

お越しいただけない方のためにも、桜の写真をSNS(インスタ、フェイスブック、ブログ)で紹介していこうと思います。

こちらもお楽しみください。

Dsc00380_20210316095501

写真の腕も上げないといけませんね。(野口)

|

2021年2月17日 (水)

澄んだ空気

本日は風も緩やかで、穏やかな1日でした。

先日の雨以来、ぐっと空気が澄み渡ったような気がします。

 

雨は空気中の塵や埃を含んで地面に落ちるので、あながち間違いでもないのかもしれません。

 

昨日はブログでフキノトウを紹介しました。

山菜は春の訪れとして親しまれており、ほかにも桜やウグイスなどが例に挙げられます。

 

冬は野鳥観察の季節。

鳥を探してみたのですが、メジロもコゲラも見当たらず。

ヒヨドリかな。少し大柄な鳥が、空を飛んでいました。

Img_2009

 

真新しいコゲラの穴がありました。

キツツキの仲間たちはその名の通り、木を突いて中の虫を食べます。

 

……いつも思うんですけど、脳震盪とかにならないんですかね。

『木に穴を開ける勢いでつつく』って結構大きめな衝撃だと思うんですけど……。

 

今度調べてみます。

 

Img_2013

 

綺麗な梅の花も咲いていました。

真光寺公園に行く途中の道では、河津桜が咲いています。

 

Img_1904_20210217141101

 

センターの周辺を歩いてみて、やはり自然に恵まれた場所だなと感じました。

 

暖かくなるにつれ、虫やトカゲや花たちが、一斉に姿を見せることでしょう。

 

春の訪れが、今から楽しみですね。

 

 

大谷リオ

|

2021年1月12日 (火)

春がそこまで!

 今日も今年一番の寒さを更新したようです。

みなさん体調はいかがですか?

 

寒い中ですが、センターでは、外壁の工事が行われていて、現在外壁がはがれている状態です。

外も寒いけど、室内もなかなかの寒さです。

 

そんな中でも、自然は春へと向かっているようです。

梅の木に花が咲きました。この時期に咲くのは例年に比べて早いようです。

136389004_795347627725240_16078297387887

昨日、ボランティアの皆さんと、どんぐり山の整備をしていて、大きな丸太を動かしたら、なんと、タケノコが出てきました。

137328075_129508952333737_62201577211403136992675_230894671812455_83611069300012

1月に採れるタケノコは高級料亭などに高値で取引されていると、聞いたことがあります。

まさに、お宝発見となりました!

寒い、寒いと言っていても、土の中では、春を迎える準備が出来ているようです。

春が待ちどうしいですね!(野口)

 

 

|

2020年11月 5日 (木)

ツワブキの花

センターの入り口の坂道は2か所あります。その2か所の黒川駅側とコンビニエンスストア側のどちらの坂道のまわりに黄色い花が今たくさん咲いています。
Dsc07742 Dsc07735

駐車場「2番」のジャングルジム脇にも咲いています。
日陰で育つ植物なので、尻手黒川通り側のバス停の後ろ側の斜面にも多く茂っています。
梅雨時のアジサイがあるところにどうやら多く生息しているようです。

Dsc07732 Dsc07740

花の名前は「ツワブキ」と言い、春先に食べる「フキ」「フキノトウ」によく似ていますが、葉が肉厚で厚く、色つやが濃いものがツワブキです。

Dsc07731 Dsc07741_20201105161201

フキに似ているので食べられそうに思いますが、有毒なので十分にあく抜きをする下処理を行わないとそのまま食べたりはできません。
花を楽しむだけにして採ったり、食べないようにご注意くださいね。(川村)

|

2020年8月31日 (月)

夏の落とし物

まだまだ暑さが続いていますが、そこはかとなく秋が近づいてきています。
夏が終わりに近づくとどんぐり山の自然がだんだんと秋が近づいて来ていることを教えてくれます。
毎年、秋の気配が出始めると”どんぐり山”の木のみが落ちてきます。
Dsc06160Dsc06159_20200901164201

今年も、駐車場にポツリ、グランドにコロリ、厨房前や工作室前にポロリ、どんぐり山にはパラパラとドングリが落ち始めました。
少し強い風が吹くと野外炊事場の屋根にはカラカラ、コッコツとドングリが落ちてはねる音が誰もいない時にはよく聞こえます。

Dsc06177_20200901164301 Dsc06164_20200901164301 Dsc06165 Dsc06180

落ちてくるドングリの色や形は様々です。青いもの、黒いもの、茶色いもの、笠のついたもの、笠のついていないもの、小枝や葉とくっついたままのもの、大きなもの、小さなもの、丸いもの、長いもの。地面をゆっくり見まわすと本当にいろいろなドングリが落ちてきています。

Dsc06189 Dsc06192_20200901164401 Dsc06167 Dsc06158_20200901164401

そして、玄関前の夏ミカンには青い実が付き始めていますが、これも時々落ちてきます。
また、雷雨の前の強い風が吹くと、まだ青くて小さな柿の実も落ちてきます。
こうした夏の終わりに落ちてくる落とし物を見ると、着実に秋が近づいていることが感じられます。

Dsc06176_20200901164501Dsc06185 Dsc06181 Dsc06184_20200901164601  

そうそう、センターのホールの床にはコウロギも迷いこんできていました。
暑さももう少しで納まるような気がしています。(川村)

|

2020年7月24日 (金)

収穫デー

センターの玄関の前に大きな夏ミカンの木があります。
今年も黄色い大きな実がついていたので収穫することにしました。


まずは木にはしごをかけて実のあるところまで登ります。
剪定ハサミを使って切り、下にいる人に渡します。
Sdsc05570 Sdsc05572



近くの実を取ったらはしごを移動して、また実を取ります。
合計で13個取れました!
Sdsc05581



どれもずっしりと重く、実がつまっているのが分かります。
Sdsc05584



夏ミカンの次は宿泊棟前の花壇に植わっているきゅうりを収穫しました。
今日は一本でしたが、小さいものもいくつかありまだまだ収穫を楽しめそうです。
Sdsc05575 Sdsc05577 Sdsc05578



畑からはじゃがいも、ピーマン、ししとうを収穫!
他にはみょうがと大葉をゲットしました。
Sdsc05588 Sdsc05589



収穫したての野菜たちは本日のまかないで早速頂きました。
S20930_0



収穫したての新鮮な野菜を自家製のみそなどで調理する。
一番の贅沢かもしれません。

今日も自然の恵みに感謝です。
美味しい幸せをありがとうございました。
(小川)

|

2020年6月24日 (水)

紫陽花

皆さん、こんにちは。

本日はセンター付近に咲いている紫陽花の紹介です。

紫陽花は花の色が変わりやすく、最近ですと土壌のpH(酸性度)によって

花の色が変わる、というのが有名になりましたね。

リトマス試験紙、なんて懐かしい名前も目にしました。

色の変化はリトマス試験紙とは真逆らしいですが。

 

Img_2982

 

センターの紫陽花は、ちょうどセンターの入り口。坂の部分で咲いています。

 

Img_2981

Img_2979

Img_2978

Img_2980

 

成長スピードの違いは日当たりか、水か……いずれにせよ、今が見ごろ!

立ち止まって紫陽花の写真を撮る方も見かけます。

 

センターの植木鉢にも、小さな紫陽花が。

 

Img_2976

 

窓口にも。

 

Img_2975

 

徐々に色が淡くなっていますが、お越しいただいた際にはぜひ、お楽しみいただければと思います。

 

 

大谷

|

2020年3月30日 (月)

雪桜

昨日は春の黒川に雪が降り、満開の桜と降雪の混じりあった幻想的で美しい風景にとても感動しました。


みなさまに少しですが、昨日の風景をお届けします。

20200329_090716

20200329_090739

20200329_090411

20200329_090333


今日は雪も溶け、いつも通りの黒川です。

残念ながら桜はほとんど散ってしまいましたが、今度はグラウンドに桜のじゅうたんができました!


まだまだ楽しませてくれる桜に感謝しながら、次の季節も楽しみにしています。

黒川はとても自然豊かな施設です。

暖かくなり若葉の緑が映えるころには、たくさんの方と風景を楽しんでいますように。

(小川)

|

より以前の記事一覧