2011年11月 6日 (日)

ノエビア主催 「親と子の環境教室」

センターで、化粧品会社のノエビアさんによる『親と子の環境教室』が行われました。

「ノエビアのスキンケアは、植物のめぐみがあってこそ。」

その植物たちに生命を与える未来の自然を考え、2010年からノエビアでは野口 健さんといっしょに、未来の自然環境を考える活動を行っているそうです。

今日はこのセンターに野口 健さんが足を運び、16組の親子と一緒に121

119

竹を切る作業と、切った竹を使って竹カップ作りにチャレンジしました。

今日は、月に一度のネイチャーボランティア(黒川の森の手入れ)の日

なので、講師にはやまぼうし自然学校の方をお呼びしました。職員も指導に加わります。

健さんがはじめに竹を倒すと、

129

大きな歓声があがりました。160

健さんに続けと、子ども達も竹を倒していきます。

なぜ竹を倒すか?

竹を切らないと薮になり、森に光が当たらなくなるからです。

216

切った竹は捨てずに

有効活用(竹カップ作り)します。222

はじめは話をしなかった参加者同士も、協力しあって竹カップ作りに

夢中になっていました。

232_2

最後は完成した竹カップを持って記念撮影です。

健さんの話にもあったように、

参加者のみなさんにとって今日の体験は267

「自然に目を向けるきっかけ」づくりになったのではないでしょうか?

273

今後とも身近な自然に目を向けてもらいたいと思います。

(園部)

|

2011年10月 8日 (土)

ドラム缶ピザ指導~町田福祉保育専門学校~

町田福祉専門学校の100名の学生に、当センターのプログラム「ドラム缶ピザ」の指導を行いました。

まずはお互いの緊張をとぎほぐす為の「アイスブレークゲーム」です。拍手を使ったゲームと、じゃんけんを使ったゲームをやりました。あとだしじゃんけんでは、負けるのがなかなか難しかったようです。

003

班ごとに机とテーブル用の板を用意して、生地・トッピング・火係りに分かれ、説明を聞いてから作業開始。

生地係りは、粉から生地をこねます。目指すはほっぺたの柔らかさ。途中、オリーブオイルを加えなめらかに仕上げます。最後に生地を伸ばして完成です。

024_2

041

053

034

トッピング係りは、野菜等の具材を薄く切っていきます。切り方はその人のセンスが表れます。生地ができたら、フォークで穴をたくさんあけ、その上にピザソース、具材、チーズを乗せます。

030

015

016

火係りは、ドラム缶ピザ釜の中に、マッチで点火できるように新聞と薪を組みます。トッピングが終わったら焼きはじめます。火加減次第でピザの焼き加減が変わってしまうので、責任は重大です。

075

027

 028

各班スペシャルトッピングも含めて10枚のピザを焼きました。

完食です!!

072_2

077_2

おいしいピザを食べた後は、片付けと振り返りが待っています。

どの学生もアウトドアクッキングを楽しめようで、満足げな顔をしていました。

協力・コミュニケーションで生まれる達成感。これからも人とのコミュニケーションを大切にしていって欲しいです。

(園部)

089

081_8

|

2011年6月 9日 (木)

安全について

7709

本日センターでは、JON(ジャパンアウトドアネットワーク)主催の「キャンプディレクターのための安全研修会」が行われています。

自然の中で行う活動には、必ず危険のリスクがついてきます。事前に、活動中に、事後にリスクを回避するためできることは何があるのか?1泊2日の研修会に全国から25人のキャンプディレクターが集まりまりました。

センターからも2名の職員が参加しています。研修の内容については後日報告させていただきます。

さて、当センターにも、危険な生き物が住んでいます。最近頻繁に目にするのが、オオスズメバチ。昨年、一昨年と敷地内の木の根元に巣を作りました。今年はまだ巣を発見できていませんが、頻繁に飛んでいるのを見ると、どこかに作っているに違いありません。

3944 394639923997

オオスズメバチを見つけても何もしなければ人に攻撃することはまずありません3991。危険なのは巣の近くに行くことです。巣を守る習性があるため、巣の近くに行くと攻撃を仕掛けてきます。むやみに藪の中に入って行ったりしなけらば、刺される心配はまずないので、安心してください。

また、黒い服はクマと間違えて攻撃されやすいそうです。黒い服は避けましょう。そして、甘い香りの香水には匂いにつられて寄ってくる場合があるので、野外に出るときは香水を控えてください。

3891

スズメバチに続いて住んでいる危険な生き物がマムシです。普段はほとんど出てきませんが、昨年は2匹を駆除しました。マムシは毒蛇ですが、大変臆病な性格です。人の気配がすれば逃げて行ってしまします。怖いのは、マムシいるのに気付かずに踏んでしまい、驚いたマムシに噛みつかれることです。むやみに藪に入らないことをお勧めします。

事前のリスク回避という点では、危険な生き物がいるという事を理解しておくこと、また、対処法を理解しておくことが重要です。

幸いなことに、スズメバチやマムシにより事故はまだ1件もおきてはいません。これからも事故のないよう注意を促していきたいと思います。(野口)

|

2009年9月14日 (月)

ドングリを調べよう

ここの施設をよく利用される明治大学の先生より、チラシをいただきました。Rimg0004

『明治大学 ドングリから学ぼう-秋の黒川-』

なかなか面白そうな内容です。詳しくは、こちらをどうぞ。

センターにも、ドングリの木が生えています。散策路にはたくさんのドングリが落ちています。今日拾ったのは、クヌギのドングリ。これが頭の上に落ちてくると…痛そうです。Rimg0014 Rimg0019 Rimg0012

落ちてくるものは、ドングリだけはありません。まだ硬い柿も落ちていました。これはさらに痛そうです。

ずいぶん涼しくなり、秋を身近に感じはじめた黒川です。(加藤)Rimg0009

|

2009年7月14日 (火)

SAFETY OUTDOOR 2009

Sf09logo2 2009年7月1日~8月31日までの 夏の期間、『セーフティー アウトドア』ということで、自然体験活動での事故ゼロを目指し キャンペーンが行われています。Sf09logo

実施目的

  1. アウトドア活動における安全への意識を高める。
  2. アウトドア活動に関わる指導者等の安全に関わるスキルを向上し、地域の安全力を高める。
  3. アウトドア活動が安全に楽しめることを知ってもらい、より多くの人たちに自然体験を満喫してもらう。

7141b 当センターでも、もちろんこのキャンペーンに賛同し、協力団体としてエントリーしています!7142b

自然体験活動は、楽しい!面白い!・・・その反面、ケガ、事故などの危険が伴います。安全対策と、準備を行い 【もしも】の時のためにしっかりと備えて下さい。

7143b キャンプの中では、刃物や火を扱ったりします。また、気温が高くなり、日差しが強い中での活動もあると思います。7146b 7147b 軍手をする・帽子をかぶる・水分補給をしっかりさせる等、プログラムに合わせて対策を取ることが必要です。

『SAFETY OUTDOOR2009シンポジウム』が7月19日14:00~16:00、渋谷で行われます。 日本の自然体験活動、アウトドアの安全に関する情報がぎっしり詰まった2時間です。興味のある方は、参加申込フォームからエントリーの上、ご参加下さい。(伊藤)

|

2009年6月 2日 (火)

指導者養成研修

「おはようございます!」玄関で元気な声が聞こえます。Rimg0001 Rimg0002 Rimg0009

今日から自然学校指導者養成校の合同研修がはじまりました。参加されるみなさんは、将来プロの自然体験活動指導者になる方たちです。所長の野口も指導に熱が入ります。

午前中はキャンプ時の食材メニュー計画をたてる実習、午後はナタの使い方、かまど作り、火起こし実習と続きます。Rimg0008 Rimg0007 Rimg0004

グラウンドから煙のにおいがしたので、見学に行ってきました。薪を組み立てて、薪に一発で火をつける実習をしています。

新聞紙に火をつけ、様子を見ていると…。新聞紙だけ燃えて、薪だけが見事に残りました。さて、なぜ薪に火が燃え移らなかったのか???練習がんばってください!

次は森に入って薪を探し、それに火をつける練習です。先日の雨で薪が湿っているものもあります。与えられる課題も次々に難しくなっていきます。最終日には、検定試験があるそうです。Rimg0011

夜はキャンプで使う道具(ランタン、ストーブ)の実習があります。

私が受けたいぐらいの中身の濃い実習です。将来の活躍、期待していますね!(加藤)

|

2009年5月 9日 (土)

ネイチャーゲーム(重ね色、自然の紋)

591b 今日は、午後から「かわさき市民アカデミー~ボランティア講座~」が開かれていました。今日が2回目。

今回のテーマは、「パッケージプログラム体験」ということで、「新緑のどんぐり山を感じてもらう」ことをテーマに、ネイチャーゲームを行いました。593b

594b 595b 1つめは、カモフラージュ。2つめに、新緑の季節を『重ね色』で表現してもらうアクティビティを行いました。

重ね色とは、重ねる着物の表の色と、裏の色の関係を表し、色の組み合わせによって四季の自然の風物を写した、文学的で美しい色名のこと。

596b 597b 今日は着物の代わりに、短冊にどんぐり山の自然の色を取り込んで、色紙で今日の日の重ね色を表現しました。598b

それぞれの自然を見る視点や、角度が違うので、同じものを表現しても十人十色。また、考案したその色名も どれも素敵です。

5910b 最後に、自然の紋を行いました。今度は、自然が作る形をモチーフに表現していきます。599b_3 5911b_2 各自、思い思いの場所で筆を走らせます。

心を落ち着かせると、風や葉ずれの音や土の匂い・・・参加者それぞれ、様々なことを感じていたようです。

自然と共に生活してきた、日本人の知恵やその豊かな感性をも感じてもらえたのではないでしょうか。(伊藤)  

|

2008年1月27日 (日)

KIC活動報告(1月)

今月のKIC(黒川・自然案内人クラブ)の活動報告です。KICは、昨年4月にこのセンターで、ネイチャーゲームリーダー養成講座を受講した、有志の会です。3月にセンターで行われる「自然体験フェスティバル」で、ネイチャーゲームを指導できるように毎月1回集まって勉強会をしています。

1275b 1276b 今日のネイチャーゲームは、「木の葉のカルタ取り」。2チームに分かれて、出された葉と同じ葉を 黄色いシートの上で取ります。早く取れたチームは2ポイント。お手つきをしてしまったら、-1ポイント。葉っぱを利用したカルタです。かなり白熱したゲームになりました!!

次に、「わらしべ長者」。昔話のわらしべ長者のお話の通り、最初1本の藁を渡されて、最初の藁が、最後には竹になったり、松になったり・・・

最後のゲームは、「名づけの旅」。1277b_2 エリア内の様々な草木に結ばれたバンダナ。これらに名前付けをするゲーム。「この木はクネクネ曲がっているから・・・ヘビの木?」など、自由な発想で名前を考えていきます。1277b終了時は、全員で陽だまりに集まり、どんな名前をつけたか発表して、分かち合いの時間です。「あぁ、そうか!」と思わされるものから、笑ってしまう名前まで、様々で面白かったです。

今日は、是非「サザンカ染め」をしてみたいと言うみなさんの希望もあり、私が講師をさせていただき草木染めを行いました。

1271b 1272b サザンカの花びらを、メッシュの袋に入れて揉み出して染液を作ります。そこへ、染めたい木綿地のものを浸すこと約1時間。1273b

1時間後に取り出し、水洗いをして、絞り染めをしてある部分をほどいて完成!!大成功です。キレイに染め上がりました。だいだい色が混じったような、柔らかいピンク色です。

1274b 今日はその他に、どんぐり染め、玉葱染めも一緒に行い、自然が持つ色の優しさや、温かさを感じていただけたようで、嬉しかったです♪

3月のフェスティバルでのネイチャーゲーム、楽しみにしていて下さいね。(伊藤)

*紫玉葱(アーリーレッド)は、何色に染まるか知っていますか??

|

2007年11月 4日 (日)

KIC活動報告(11月)

KIC(黒川自然案内人クラブ)、11月の活動が行われました。

KICとは、今年4月にネイチャーゲームの講習会に参加し、来年3月にセンター主催イベント「自然体験フェスティバル」で、ネイチャーゲームの指導をすることを目標に集まっているメンバーです。毎月1回集まり、指導するために必要な研修を行っています。

1141b 1142b 今日は、麻生消防署の方を講師に迎え、AEDを用いた救命処置の方法を学びました。

AED、最近では駅・デパート・学校・・・いたる所で目にします。もちろんセンターにも受付窓口横に設置されています。「いざ!」という時の為に日頃の練習と、もし、人が倒れていたのを目の当たりにした場合、勇気を持って行動できるかどうかが大切ですね。

1145b 11410b午後からは、秋をより楽しむためのアクティビティです。今回は、スライドの枠を使い、この中に葉の色を重ねたり、面白い形の葉を入れたり作品を作ります。1144b_2

1146b もう1つは、鏡を使ったもの。折りたたみの鏡を使って、自然に落ちている葉や木の実等を、バランスを見ながら組み立てていきます。 まるで生花のようです。鏡の角度や、鏡との距離、色合いや奥行き・・・ちょこっと変えるだけで 表情が全く変わる面白さがあり、みんな鏡とにらめっこしながら真剣です!(伊藤) 1147b_2

|

2007年9月15日 (土)

竹バウムクーヘン

今日は、昨日のブログで予告をしたように マレーシアの方の研修会が行われました。

09151b まずは、主催事業の様子をまとめたパネルを見ていただきセンターの活動を知ってもらいました。所長の言葉を、通訳の方が英語でみなさんに伝えてくれます。この研修は、国際NGO団体のOISCA(オイスカ)を通して、マレーシアで「子どもの森」計画(詳しくはオイスカHPをご覧下さい)に携わっているみなさんが来て下さいました。

マレーシアにも竹があり、間伐で切り出した竹を利用したプログラムの体験ということで、「竹バウムクーヘン」「竹箸・竹カップ」のプログラムを行いました。

09152b 09153b09154bさっそくセンターの竹をみんなで切り出しに行き、バウムクーヘン作り開始。小麦粉・砂糖・卵・バターを混ぜ合わせて生地を作ります。

それを切った竹に流しかけて、炭火の上でクルクル回しながら焼いていきます。

09155b 焼き色がついたら、また生地をかけ・・・焼いてを繰り返していくと段々と年輪のように輪が大きくなります。10回を超えてこんなに成長したバウムクーヘン。完成間近です。

09158b 途中、竹の箸とカップ作りをしました。テープを巻いて真っ直ぐに切るアイディア等に感心していました。早速カップを腰にぶらさげています。

09156b  いよいよ、バウムクーヘンが完成しました!竹から丁寧に外します。切ってみると・・・09157b しっかりとキレイに年輪が出来上がっていました。バターの香りと甘さがとっても良い感じです。参加者の方々は、「オイスカケーキだ!」とその出来ばえと、美味しさに嬉しそうです。マレーシアで実践したら写真を送っていただけるそうねので、楽しみです。(伊藤)

|