2021年5月 2日 (日)

黒川里山整備

毎月第1日曜日はネイチャーボランティアの活動日ですが、川崎市にまん防が発令されているため、近隣の参加者と一緒に里山整備を実施しました。

ここ最近は隣の電車山の整備を中心に行っていたので、今回はどんぐり山を中心に整備をしました。

 

落ちている竹や木の枝などを拾って、広場を綺麗にしていきます。

178406454_215426633352995_47846799841919

竹や枝が片付いたところから、刈払い機を使って草刈りを行いました。機械を使うと効率よく作業が進みます。

178988860_293401989090919_88073389986419 180160043_1199952207108750_4529162163829

運んだ竹や枝は、道の脇の土留めに使いました。

181018215_469989174243653_80615189230057

柵の壊れている個所は、竹を切って、杭を打って、シュロ縄で竹を杭に縛って柵を直しました。

179221941_810631093187061_82853371360222

179984737_575376783378718_51179903220366

今回は、住居跡、その下の広場、遊歩道、シンボルツリーの周辺、樫の木の広場とかなりの広範囲を整備することができました。

180009192_897622694427374_16386937334534

178731322_876556959868079_83181527262819

178687228_323594749110301_28663776081910

180438284_326813702212596_23112736301890

181007799_939847370085103_75989672622482

これで、どんぐり山でも山の中に入って子どもたちが安心して遊べるるフィールドになりました。

180599585_1020448785151739_3469208867902

本日ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。(野口)

 

 

|

2021年4月 4日 (日)

第181回 ネイチャーボランティア

本日は、新年度初めのネイチャーボランティアの活動報告です。

参加者…10名
講師(やまぼうし自然学校)…6名
センター職員…1名
合計…17名

年度初めという事で、やまぼうし自然学校の丹野さんよりネイチャーボランティアの年度目標についてお話いただきました。

168708613_197336901896637_18931491529496

 

午前中は電車山の斜面に道を作る活動をしました。

準備運動を行い作業に入ります。

Dsc00985_20210404173901

 

斜面に竹を並べて、道を作るルートを確認しました。

Dsc01002

 

経験者も多く、上から下までまんべんなく散らばって、それぞれの役割を行っていきます。

道を平らに均す人、杭を作る人、横木を運搬する人、杭を打つ人等、手際の良く作業が進んでいきます。

167453622_498874504625192_34632503410898

 

167031033_312472073773577_12331910745139

167142954_275889197488019_56363050272205

167977431_187987689618877_58461928579555

Dsc01008_20210404175501

167043620_674282633296142_28270177097847

167467752_508776867177529_10241881299571

みなさんの力で、半日で道が完成しました。

予想以上の出来に、みな大満足です。最後に作った道に並んで記念写真を撮りました。

Dsc01020

 

昼食後、久しぶりのミニ講座が行われました。

今回の講座は講師の得平さんが山梨から果樹の枝を持って来たので、どの枝が何の果樹の枝化を当てるクイズを行いました。

普段食べている果物なのに、枝を見ただけではなかなか同定できないことがわかりました。

167543337_922546154986929_83594112601793

 

午後の作業は、薪割りです。

油圧の薪割り機も使って、グラウンドに積んである薪割りを行いました。

167082496_197817348517503_72760772491797

167682507_144289587540129_61239270093104

168874133_462592631853866_69668204694462

短時間でしたが、中庭の薪棚に薪を積み上げることができました。

166976932_463804688379454_75970339149910

 

最後は、遊歩道や柵際に顔を出したタケノコの駆除を行いました。

167934953_1829782077184587_7246164678608

駆除したタケノコは今回参加したみなさんに持って帰っていただきました。

168975763_486275432414677_53315388296491

今回も予定していた活動は、全て行うことができました。

作業した成果が目に見える結果となって残りのもうれしいです。

そして、みんなで行う作業は本当に楽しいです。

 

次回のネイチャーボランティアは5月2日(日)です。

参加ご希望の方は、センターまでお電話ください。(野口)

|

2021年3月 7日 (日)

電車山整備&キノコの植菌

毎月第一日曜日はセンター主催事業の「ネイチャーボランティア」を実施しているのですが、コロナの影響の為に、今月も有志だけによる電車山整備活動となりました。
とはいえ27名ほどの有志の方々があつまりました。
そこで電車山の整備項目を4つに分け、それぞれチームを組んで作業を行いました。

Dsc00025 Dsc00028

・山頂階段作りチーム
電車山の山頂へ向かう最後の上り坂に階段がありませんでした。
森の幼稚園の小さな子どもたちも電車山で活動することが増えてきましたので、滑りやすい坂ではなく、階段があった方が良いということで、階段を整備しました。
杭を打ち、横木を渡して、段を一段づつ平らにして立派な階段ができました。
また、たくさんある竹で手すりまで作ってくださいました。

Dsc00032_20210307171901 Dsc00049 Dsc00050 Dsc00062_20210307171901 Dsc00070 Dsc00085

・落葉プール作りチーム
いくつか作られた落葉プールですが、さらに増設しました。すこしでも土の流れ出しを防ぐためにも、また電車山の土がむき出しにならないためにも斜面を落葉プールで覆う為です。
こちらのチームもこれまでで最大の大きさのプールを長い竹と竹杭で作ってくださいました。

Dsc00040 Dsc00039 Dsc00042 Dsc00041 Dsc00065_20210307172201 156535566_1780272385480095_7775934473412

・ごろた石 整備チーム
ファイヤーピットのまわりには多くの石(というより岩サイズです)がごろごろと置かれ歩きにくい状況です。出来るだけ石を動かし平らにして、やはり小さな子どもたちでも歩きやすくしたい箇所です。
はじめは手作業を動かしていたのですが、午後にはロープを使って大勢で動かし、こちらもすっきりしました。

Dsc00026 Dsc00073 Dsc00071Dsc00064_20210308163501 156646579_2781920545457696_3983708652320


・枯れ木伐倒チーム
電車山には何本か枯れてしまったまま立っている木がありました。すぐには倒れないのですが、虫に喰われたり、腐りがすすみいつ倒れるのか予想もつきません。そこで今回2本の枯れ木を伐倒することになりました。
ロープを掛けて大勢で引きながら、根元をチェンソーで切り倒しました。これも人数がいるからこそできる作業でした。

Dsc00037 Dsc00036 Dsc00038 Dsc00052 Dsc00054_20210308162201 Dsc00055
Dsc00058 Dsc00072_20210307172601

そして、これらの作業を行いつつ、午後は椎茸となめこの植菌や薪割りも行いました。
少し前に伐倒したコナラの木がしばらく置いておいてありましたので、木の勢いがなくなった頃合いなので、ドリルで穴を開け、新しく手に入れた菌糸種を穴に打ち込み、日陰の北側に並べました。

157737216_478580230140374_78078109642702 158316255_1085028108630866_1655250583697
158004029_457797088596104_29601751207900 156712990_912193222860851_14515858897962

156840140_1189702721447329_8410230363040 157214271_252548223212761_37296588157244
Dsc00108_20210307173301 Dsc00103_20210307173301

薪割りも何人かの方が挑戦し、たくさんの薪ができたので、センターのホールの薪ストーブの横まで運びこんでいただきました。

157214271_288065976247178_48984224650350 157928391_276228720552682_77074508596221 156271677_3873947432651895_2430841771277 156988656_288249225982650_81707160393236

電車山を整備して、活動する際の安全性を高める活動は終わりがありません。
また、整備で出た木材を薪として活用する、切り出した竹を使って落葉プールや階段の手すりにする、キノコのホダ木にして再利用することで、自然の資源を無駄にしない活動でもあります。
コロナが落ちつけば、こうして整備された電車山を皆さんにどんどん使っていただきたいですし、もっと大勢で「ネイチャーボランティア」活動にも参加していただきたいものです。(川村)

|

2021年2月 7日 (日)

里山整備

毎月第一日曜日はネイチャーボランティアの活動日ですが、緊急事態宣言中は、センター職員と有志のメンバーのみで里山整備を実施しています。

そんな中でも、約20名のボランティアのみなさまが参加してくれました。

147657387_426786261892419_34284797051461

今回は、4つの作業を提案し分かれて作業を実施しました。

 

①石を動かして道を作る

②斜面に階段を作る

③竹林の斜面整備をする

④落ち葉プールを作る

 

各作業に5名前後のメンバーが集まり作業を開始しました。

 

①石を動かし道を作るチームは、ひたすら石を大きなバールで浮かして運び道を切り開きました。

146829393_251551913274418_25399341244390 146591655_430033191658248_21480076390585

ひとつ動かすとまた次に下から石が出て来て、途中あきらめそうになっていましたが、予定していた道を切り開き、動かした石をファイヤーピットの風よけに積み上げ、今日の作業は終了しました。

 

②斜面に階段を作るチームは、急斜面に丸太を寝かせ、杭を打って固定し、階段を作りました。

145418880_217648026741267_83321391446903

階段の上には、斜面に落ちないように手すりも作ってくれました。

147671383_4172933719401712_5328639810788

階段は斜面をスコップで平らにし、歩きやすい階段を完成させました。竹の根が入っていたため、土を平らにする作業が意外に大変でした。

立派な階段が出来たので、子どもたちも安心して斜面を降りることが出来るはずです。

 

③竹林の斜面整備をするチームは、竹林内に倒れた竹の処理や絡んだツルを切って処理する作業をしました。

146997650_746665586266075_83032832450141

  147378714_1338330729867601_8819980496734

倒れた竹にツルが絡んでいると運び出すこともできづ、ツルを切りに斜面の上り降りが大変でしたが、予定していた全範囲を綺麗に整備してくれました。

 

④落ち葉プールを作るチームは、斜面に杭を打って、切ってきた竹を寝かせて土留めを作り、その中に集めた落ち葉を入れ落ち葉プールを作りました。

148087916_2521645938140394_8775384938082

147141166_2298901973587698_5932150320444

斜面に落ち葉を積むことで、2年もすれば、落ち葉が土になり、斜面が平らになる予定です。

平らになったらテントを張ってキャンプが出来るようにしたいと思っています。

 

このような4つの作業が、みなさんのおかげで、電車山の整備がいっきに進みました。

まだまだ、やりたいことが沢山あるので、みなさん協力してください。

 

次回は3月7日(日)に行う予定です。

活動に参加してみたい方は、センターにご一報ください。(野口)

 

|

2020年12月 6日 (日)

第180回 ネイチャーボランティア

今年最後のネイチャーボランティアの活動日。電車山の整備を行いました。

参加者3名、講師のやまぼうし自然学校のスタッフ7名、センター職員1名の合計11名で実施しました。

Dsc08569

先月、開拓したフィールドを、更に広く整備するのが、今回のテーマです。

準備体操を終え、笹や小径木を切って、運んで、積み上げる作業を行いました。

Dsc08570 Dsc08574_20201206163201

ソーシャルディスタンスを取って実施したため、みなさん距離を置いて黙々と作業に没頭し、だれもしゃべらず、作業が進んでいきました。(笑)

その結果、予定していた作業箇所は、ほぼ午前中にめどが立ち、昼食後30分で、綺麗に整備を終えることが出来ました。

Dsc08590

 

綺麗になったフィールドからは、立派な3本立ちのコナラの木が現れました。

立派なコナラの木の前で、記念撮影!

Dsc08598

Dsc08599

整備したフィールドは、落ち葉が沢山敷き詰められていて、フカフカで気持ち良かったです。

また、新しい魅力的なフィールドが出来上がりました。

 

並行して、立枯れの木の処理も行いました。

掛かり木になっている所もあり、作業は慎重に行われました。

Dsc08571

杉の立ち枯れのため、水分も抜け、だいぶ軽くなっていたので、チェーンソーで切れ目を入れ、ロープを引いて倒す事が出来ました。

129451844_811190136328278_35546356608738

Dsc08592

切り倒した木は、玉切りにし、木と木の間に積み上げ、薪(燃料)として使えるようにしました。

Dsc08609_20201206170501

Dsc08616  

薪も2か所に積み上げることができ、最後にみんなで記念撮影。

Dsc08621_20201206171701

 

昨年の夏から始まった電車山の整備ですが、今回の活動で、フィールドを広げる作業は、ほぼ終えることが出来ました。

最初は、足も踏み入れることもできない状態だった山が、今では素敵なフィールドとして生まれ変わりました。

129479797_676713619681086_26509677065150

来年からは、このフィールドでキャンプが出来るよう、更に整備を進めて行きたいと思います。

人の力ってすごいですね。感心します!

今日参加していただいた皆様、本当にお疲れ様でした。(野口)

 

 

|

2020年11月 8日 (日)

11/8 ネイチャーボランティア

本日は11月の第二日曜日で、ネイチャーボランティアの活動日でした。

さっそく雑木を切り払うため、お隣の電車山に出発します。

 

電車山に到着したらストレッチを行います。

 

Img_0322

 

今日、切る雑木とスペースを相談します。

もう枯れているものや、育ちようがないもの、活動するのに邪魔になるものを切っていきます。

中には、ハンモックの支柱にするため、切らずにとっておく木もあります。

 

Img_0325

Img_0332

 

こういった切り株は、躓く原因になるので、地面すれすれで切っておきます。

 

Img_0327 Img_0345

 

劇的!というほどではありませんが、地面が広くなり、日当たりもよくなりました。

日当たりがよくなると、来年の春夏にまた植物が生えてきます。

毎月手入れをしなければ、あっという間に元通り。

植物の生命力を感じます。

 

Img_0365

 

こちらはエンジュという木です。漢字は『槐』と書きます。

非常に木目が綺麗な木で、コースターなどに重宝されます。

雑木林なので(竹もたくさんありますが)、こういった木を見つけることはあるんですね。

 

Img_0392

 

Img_0393

 

Img_0394

 

Img_0388_20201108165301

 

大きい木はチェーンソーで切断し、ロープを結んで引っ張ります。

倒れてきて人に当たらないよう、長いロープで遠くから引っ張りました。

 

Img_0398

 

最後は、切り開いたスペースで記念撮影!

 

Img_0405

 

今日は2か所切り開いたので、それぞれ1枚ずつ撮影しました。

見違えるほど広くなったスペースは、達成感抜群!

また来月、皆さんとお会いできることを楽しみにしております!

 

大谷

|

2020年10月 4日 (日)

第178回 ネイチャーボランティア

毎月第一日曜日はネイチャーボランティアの活動日です。

参加者5名、やまぼうし自然学校の講師6名、センター職員1名の合計12名で実施しました。

 

今日は大きく2つの活動を行いました。

ひとつ目の活動は、玄関脇の桜の木が枯れてしまったため、切ることにしました。

この木は建物をよけるように斜めに生えているため、沢山の子どもたちが、木登りを楽しんだ思い出のある木なのです。

事故が起こってからでは遅いので、本日、切り倒すことにしました。

Dsc07085

Dsc07092_20201004155201  

Dsc07093

Dsc07094

チェーンソーを使ってあっという間に、切り倒すことが出来ました。

残った木を腐らせないように、トップジンペーストと言う、切り口ゆ合促進剤を塗り、病原菌の侵入を防いであげました。

Dsc07102_20201004160801

 120570667_689240855279931_30042602437902

切った木も無駄にはしません。薪にして活用します。

120406316_676769046578858_26347250335250

無事に桜の木を切って、片付けることができました。

玉切りにした薪割り用の薪は、まだ沢山残っています。

薪割りに挑戦してみたい方は、センターまでご一報ください。

 

]

ひたつ目の作業は、隣の電車山の整備です。

最初に開拓した時に、竹を積んだ場所が邪魔になって来たので移動して、広場を作る作業をしました。

Dsc07125_20201004161601

Dsc07130

Dsc07122_20201004161901

みんなで距離を取りながら、作業を進めます。

竹は、枝を払って、積み直しました。

Dsc07134

Dsc07133

Dsc07139

 

石が沢山転がっているため、石の間から生えている笹やツルは、のこぎりを使って刈り取りました。

Dsc07152_20201004164001 

Dsc07154_20201004164101

 

沢山積んであった竹も、全て移動することが出来ました。

生えている青竹も全て切ってスッキリしました。

120580991_2698803183694160_5717705172142

Dsc07143_20201004164901

 

最後に、全員で記念撮影。草も綺麗に刈り上げられて、立派な広場が出来上がりました。

心地良い疲れと共に、やり遂げた充実感と達成感を味わうことが出来ました。

Dsc07158

次回のネイチャーボランティアは11月8日(日)になります。
皆様のご参加をお待ちしております(野口)

|

2020年9月 6日 (日)

第127回 ネイチャーボランティア

本日、約半年ぶりにネイチャーボランティアを行いました。
講師のやまぼうし自然学校のみなさんと参加者、職員を合わせて総勢12名で電車山整備に行きました。
S793

活動前はしっかりと準備体操を行います。
久しぶりに活動に出られる方もいるので「無理せず」をテーマにのんびり始まりました。
S795

とはいってもやはりみなさん手際がいい!
あっという間に竹がなくなっていきました。
S790 S780 S786


今日は大学の研究で“里山”をテーマにしている大学生が来てくれていました。
森林整備を行うのも、のこぎりを使うのも初めてというお二人。
講師の方に丁寧に教わって、黙々と作業してくれていました。
S784 S775 S778

午前中は雨が降ってきたので、早めに終了。
最初真ん中にあった竹林はなくなり、大きな広場になりました。
S776 S787

本来ならば午後はミニ講座があるのですが、感染症対策のため中止。
その分を整備時間にあて、電車山開拓を進めました。
Sdsc06399 Sdsc06408 Sdsc06406


休憩もしっかり取ります。
先日切った木がいいベンチになりました。
Sdsc06428


開拓を進めていくと立派なツルがぶら下がっていました。
太くて丈夫そうなので、所長がぶら下がってみるとターザンとして遊べることが判明。
Sdsc06410


挑戦者を募り、みんなで遊びました。
意外と高さがあり、少しスリルがあって楽しかったと感想を頂きました。
Sdsc06417 Sdsc06422


作業後半戦は勾配がきつくなり、竹を積んでいるところまで距離が出てきました。
切った竹も背を超えるくらい積み上がり、今日の成果がよくわかります。
Sdsc06409 Sdsc06431Sdsc06404


雨の心配もあったので、集合写真を取って今日は早めに終了。
奥行が分かるようにと、奥のツルにぶら下がってくれました(笑)
Sdsc06435


最後は講師より総評と、初参加のお二人から以下の感想を頂きました。
「大変だろうと想像してたけど、実際に体験したらもっと大変だった。けど、達成感が見えて楽しかった」
「のこぎりを使うのも何かも初めてで、いい経験になった。今後に活かしていきたい」
Sdsc06437


次回のネイチャーボランティアは10月4日です。

あともう少しで開拓を進めているエリアと、上のエリアが貫通します。
最初の雑木林からは想像できないくらい、きれいになりました。
そろそろキャンプができそうです。

こどもが遊べて、大人がくつろげる空間づくりを目指して整備を進めていきます。
ご興味がある方、ぜひネイチャーボランティアにご参加ください。

(小川)

|

2020年2月 2日 (日)

2/2 ネイチャーボランティア

本日は2月の第1日曜日でしたので、ネイチャーボランティアの活動日です。

隣の施設に面した斜面を切り開くと、今まで見えなかった景色が広がりました。

 

Img_1832

Img_1835

Img_1836

Img_1834

Img_1837

草の刈りこみによって、視界が一気に開けました。

日当たりが良い斜面なので、畑にすることも不可能ではありません。

中には立ち枯れしている木などもあったので、のこぎりやハサミで切り開いていきました。

やぶの中にはゴミなどもありました。

今日の作業でかなり綺麗になったと思います。

Img_1843

 

昼ごはんを食べた後は、『冬芽』についての講義がありました。

Img_1848

Img_1847

そのあとは、隣の電車山に行ってさらなる開拓に励みます。

ボーイスカウト川崎43団のみなさんが切り開いてくれた安定した足場を使って、

少し背が高い竹や灌木を切り倒しました。

Img_1867

Img_1871

Img_1870

 

綺麗に道ができたところで、近隣のしゃべりっちょ牧場より、お馬さんを引き連れて見に来てくれました!

足元に生えた下草を、一心不乱に食べるお馬さんたち。下草をほおばって喜んでいました。

 

Img_1873

Img_1895

坂道を颯爽と駆け上がるお馬さんを見て、皆さんから感動と驚きの声が聞こえました。

せっかくなので記念撮影。

 

Img_1883

他にもキツツキが開けた穴を見つけたり、電車山への期待が高まります。

Img_1864

Img_1888

また整備や開拓の様子はブログでお伝えしていきますので、続報をお待ちください。

ネイチャーボランティアは毎月第1日曜日に実施しています。

興味のある方はぜひ、センターまでご一報ください。

また皆さんとお会いできる日を楽しみにしております。(大谷)

|

2020年1月13日 (月)

第125回 ネイチャーボランティア

本日は2020年初のネイチャーボランティアの活動日です。

参加者8名、やまぼうし自然学校の講師の方6名、センター職員1名の合計15名で活動しました。

Dsc03833

10月の活動で整備した給食センター側の斜面を再度整備しました。

作業は、斜面の笹刈り、竹の切り株の整理、竹の伐採、小径木の伐採、柵の修理、はしごの修理、切った笹・竹・木の運搬と盛り沢山な内容でした。

 

各作業の様子を写真でご覧ください。

 

斜面の笹刈り:急斜面の笹を刈り込みました。

Dsc03808 Dsc03748

Dsc03788

 

竹の切り株整備:以前切った竹が、地面から40CMくらいの高さで切られているため、地面すれすれに切ってもらいました。

Dsc03729 Dsc03760_20200113162801

 

竹の伐採:斜面に生えてる竹を切り倒しました。

Dsc03798 Dsc03750

 

小径木の伐採:ひこばえや自然に生えてしまった小径木を伐採しました。

81990391_2497600410491780_48987731258245 Dsc03735

 

柵の修理:杭を作り

Dsc03746 Dsc03818_20200113175101

 

はしごの修理:グラグラになったはしごを針金でとめ直しました。

Dsc03829

 

切った笹・竹・木の運搬:斜面の上まで運搬しました。

Dsc03781 

Dsc03837

昼食後のミニ講義では鵜についての講義をしていただきました。

Dsc03785_20200113204201 Dsc03786

 

今回のネイチャーボランティアでは給食センター側の斜面が綺麗になり、景色も開け、風も通るようになりました。

Dsc03832

来月も、引き続き、斜面の整備を行いたいと思います。
これだけの斜面が綺麗に開けると、達成感も半端ないです。

また、来月も楽しみましょう!(野口)

|

より以前の記事一覧