2017年6月 4日 (日)

第94回ネイチャーボランティア

第94回ネイチャーボランティアの活動報告です。
参加者…8名
講師(やまぼうし自然学校)…6名
センター職員…2名
合計…16名
朝はとても涼しかったのですが、準備体操をする時にはこの天気。
快晴の中、スタートです。
Dsc_8605
午前中の作業は、グラウンドの桜枝の剪定・どんぐり山の中の枝の剪定・通路の木の伐採です。
この楕円のものは、スローラインといってロープの先が重りになっています。スーッと枝の間を飛び越えます。結構な高さの枝にもロープを通すことができます。
グラウンドの桜の木の枯れた枝は折れて落ちて来る可能性があるので、全て剪定しました。
細い所はロープで引っ張り、太いところは高枝のこぎりを使って切りました。
Dsc_8608Dsc_8610
Dsc_8611 Dsc_8613 Dsc_8616 Dsc_8619
Dsc_8625 Dsc_8632 Dsc_8634 Dsc_8637













Dsc_8643_2





午前中もたくさん木を切り倒したので、みなさんお腹がペコペコです。
今日は、3種類のルーを使ってカレーを作りました。
暑いので、キンキンに冷えた麦茶と2種類のサラダも。
タマネギのサラダは、講師の方が持ってきてくれた自家製タマネギを使って。
かつおぶしと大葉とポン酢をかけてさっぱりと。
みなさんに大好評でした。ありがとうございました!
Dsc_8650 Dsc_8653Dsc_8654 Dsc_8657 Dsc_8658 Dsc_8659







午後一は、「長尺(30m)ロープのまとめ方」の講習から始まりました。
ロープを使おうと思った時に絡まって全然ほどけない…そんな経験がある方もいるのではないでしょうか。
次に使用する時に、絡まないようにまとめることが大切です。
肩にかけられるようにすることで、持ち運びも便利です。
Dsc_8662 Dsc_8663 Dsc_8668 Dsc_8671 Dsc_8672 Dsc_8673


Dsc_8675


















午後の作業は、午前に引き続き枯れ枝の剪定と木の伐採、ブラックベリーの植樹をしました。
木の伐採では、講師の方の説明を受けてから、実際に受け口を作ってみました。受け口(垂直・斜め)の終点を揃えるのはなかなか難しい!という話になりました。
日の当たる斜面にブラックベリーの木も植えました。美味しい実がなりますように。
本日も、暑い中ありがとうございました。
次回は、7月2日(日)です。
Dsc_8691Dsc_8705



(藁谷)

|

2017年5月 7日 (日)

第93回ネイチャーボランティア

第93回ネイチャーボランティアの活動報告です。

参加者…11名
講師(やまぼうし自然学校)…8名
センター職員…2名
合計…21名
今回も多くの方が参加してくださり、賑やかな会となりました。
いつも通りしっかりと準備体操をしてスタート。
Dscf1866 Dscf1867
今日は、日陰になってしまっている所に陽が差し込むように3本の木を切ります。
講師の方がロープをかけている間に、参加者で以前切った枝などを片付けました。
あっという間にロープの準備が完了し、チェーンソーで受け口・追口を作ります。
ここからは、たくさんの方の力が必要です。
ロープでどんどん引っ張っていきます。
すると、メキメキメキー、ドドーン!
落ちる向きもバッチリでした。
Dscf1868 Dscf1869 Dscf1872 Dscf1873 Dscf1877 Dscf1878









木を倒したら…運ばなくてはいけません。。
またも、ロープを使ってズリズリ。。
今日は、たくさんの人がいるので、あっという間です。
最後は、担いで運びました。絵になる~。
人の力は、やっぱりすごいと感じました。
Dscf1885 Dscf1887Dscf1894_2








午前中からバリバリ働いたので、お腹もペッコペコ。
カレーをしっかり食べて午後に備えます。
Dscf1895




ミニ講義は、ナンテンショウ属の多様性についてでした。
Dscf1896

木を切ったら、お決まりの枝燃やしと薪づくり。
大量にあった木の枝も綺麗に燃やされ、たくさんの薪もできました。
今回作った薪は、たくさんの利用者の方に使われることでしょう。
縁の下の力持ちとなる、ネイチャーボランティア。
本日も、お疲れ様でした!!
次回は、6月4日(日)です。

Dscf1898 Dscf1900 Dscf1901 Dscf1907
(藁谷)

|

2017年4月 9日 (日)

第92回 ネイチャーボランティア

第92回ネイチャーボランティアの活動報告です。

参加者…9名
講師(やまぼうし自然学校)…5名
センター職員…2名
合計…16名

参加者が多く、とても賑やかな活動となりました。
Dscf9952



午前中は、全員で森の整備へ。
Dscf9800_2 Dscf9811 Dscf9815



柵や道の近くに生えているタケノコは、通路の妨げとなるので掘りました。
少しだけ出たタケノコの頭。それを見つける達人が数名!
見つけた時には「お~ぅ!」という嬉しい叫び声が所々で聞こえました。
Dscf9799



ロバさんといのっちの最高の笑顔~♬

整備をしながら、どんぐり山を歩いて回りました。
Dscf9824




その後は、シイタケの原木の場所を移動したり。
薪小屋の周辺を整備し、センターに沢山ある備品の整理ができるための小屋置場のスペース作りを主に行いました。
Dscf9840 Dscf9842 Dscf9848



Dscf9850 Dscf9856 Dscf9844



雨も強まってきたため、午前中の作業はこれにて終了。

センタースタッフ(本日は、しんちゃん&マッスル)お手製の美味しいカレーと、やまぼうしの石川さんが作って下さったタケノコの煮物をいただきました。
カレーも毎回少し違うのが、楽しみのひとつでもあります。
Dscf9874 Dscf9873



『旬のものを、すぐに食べられる。』
とても幸せを感じる瞬間でした。
新鮮でえぐみも少なく美味しい~♪

昼食を頂いた後はみんなで洗い物をして少し休憩を。
ツリークライミングジャパンの後藤さんから頂いたさつまいもを、つぼ焼き芋機で焼いて頂きましたが絶品!
とっても甘~い。
Dscf9876 Dscf9881



ひと休みしている間に雨も弱まってきたので、午後の作業開始です。

木を倒すため、全員ヘルメット着用。
ダイナミックな活動には安全面への配慮も大変重要ですね。

ヒマラヤスギを倒す瞬間は、迫力満点!
近くにいたボーイスカウトの人の力も借りて、沢山の力で大きな木を切り倒すことができました。
Dscf9902 Dscf9915_2 Dscf9884



Dscf9920 Dscf9913 Dscf9923



切り倒した木は虫が入らないように皮を剥ぎ、ベンチにしました。
年輪から見て、40年は経っていたであろう木。
今日突然切られ、木も驚いていることと思います…。
しかし、このような形で活かされれば木にとっても少しは嬉しいのではないかと思います。
Dscf9946 Dscf9951 Dscf9938



Dscf9955 Dscf9961 Dscf9962



他にも、倒した木の枝を切ったり斧を使った薪割りをしたり。
Dscf9930



最後は恒例の、初参加の方から感想をもらう時間。
今回はなんと初参加の方が5名も!!
Dscf9964



「楽しかったので、また来たい!」
「想像していた真面目な森の整備とは違った。←いい意味で。笑」
「なかなかできない体験が出来て良かった。」
などという感想を聞くことができました。

最後はおやつのために仕込んでいたつぼ焼き芋やたけのこを頂いて、解散となりました。
Dscf9968 Dscf9965_2



次の活動は、5月7日(日)です。
興味のある方は気軽にセンターまでお電話くださいね。

人が増えれば活気も溢れ、楽しさも増します。
ぜひお待ちしています。
(黒田)

|

2017年3月 6日 (月)

YouTubeにアップしました

Dsc_4344 昨日行われた、「ネイチャーボランティア」の活動報告をYouTubeでアップしました。

Dsc_4358 ハイライトムービーになっているので、ぜひご覧ください。(野口)
20170305★黒川野外活動センター★森林整備 ネイチャーボランティア

|

2017年3月 5日 (日)

第91回ネイチャーボランティア

第91回ネイチャーボランティアの活動報告です。
P1350006





参加者…8名
講師(やまぼうし自然学校)…5名
センター職員…2名
合計…15名

本日は暑すぎず寒すぎず、活動するには最適ともいえる気候でした。

初めて参加してくれた方が、なんと2名も!
新しい方が来てくれると、雰囲気もまた変わって楽しさも増しますね。
もしご興味ある方は、一度だけの参加も可能なのでぜひ遊びに来てください。
P1350011




さて、本日は
・先日のプレーパークで作った竹のジャングルジムを解体し、使っていた竹で柵の補修
・階段の修繕(杭を打っての階段作り)
を行いました。

いつものように自己紹介をしたのち、準備体操を。
ダイナミックな活動をするので、この時間もとても大切です。
P1340862




ヘルメット・鋸を装着して、早速森へ。
P1340863




竹のジャングルジムを解体するチームと、階段を修繕するチーム。
まずは分かれてスタートしました。

大人の手によって、どんどん解体されていくジャングルジム。
P1340866 P1340867 P1340876 P1340878




P1340891 P1340896 P1340904 P1340911

(※実は、今度の自然体験フェスティバル(3月20日月祝)では、この場所でもツリークライミングを行います。昨年よりもツリークライミングの体験ができる場所をツリークライミングジャパンの方が増やしてくださいましたので、参加される方はお楽しみに!)

解体したジャングルジムの竹は、修理が必要な森の竹柵へと生まれ変わります。
『角しばり』というロープワークを使って、補強を。
ネイチャーボランティアでは、様々な場面でプロの技が光ります。
(講師の方は森林インストラクター!)
P1340922 P1340925 P1340930 P1340938





階段修繕のグループは、丸太を必要なサイズに切って・運んで・杭をさして・杭をカケヤを使って打って・・・と、体力勝負の職人技!
P1340902 P1340945 P1340899 P1340900




沢山の方の協力により、修繕したい箇所の階段は全て綺麗になりました。
柵も安定。
P1340993 P1340992




多くの人の力によって、より安全な森になったどんぐり山。
改めて、この森はネイチャーボランティアなくして存在しないと感じました。

利用者さんはもちろん、『森のようちえん』などの事業でもこどもがより一層のびのびと活動できる安全な森に!
P1350004 P1340996 P1350002




最後は、つぼ焼き芋のお芋を食べて「お疲れさまでした~。」
「美味しい~!!」の笑顔が、つぼ焼き芋の美味しさと今日の頑張りを表していますね。
P1350013 P1350014 Dsc_0724




芋を語る野口所長と、お芋を食べながらニコニコお話中の本日主任講師、柳澤さん♬

本日ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。
次回のネイチャーボランティアは、4月9日(日)に行います。
ご興味ある方はセンターまで気軽にお電話くださいね。お待ちしています。
(黒田)

|

2017年2月 5日 (日)

第90回ネイチャーボランティア

Dscf7295第90回ネイチャーボランティアの報告です。

参加者・・・5名
講師(やまぼうし自然学校)・・・5名
センター職員・・・1名
合計・・・11名
本日は午後から雨の予報も出ており、どんよりとした曇り空の下での活動となりました。
活動中は身体がホカホカしてきますが、動きが止まると寒さがじわじわと伝わってきます。
Dscf7209
Dscf7208_2




○10:10 まずは事故やケガのないように準備体操から。
今回の作業はダイソー側の白樫の木の伐採です。周りの障害物となる竹を切り倒して準備を整えます。チェーンソーで切り込みを入れたのち、ノコギリで切っていくと「メキメキメキ」と音を立てて倒れました。木が倒れる様子を目の前で初めて見ましたが、凄い迫力でした。
Dscf7212
Dscf7216_6Dscf7220 Dscf7229
Dscf7255








切り倒した白樫の木は高さ18m、切り株の太さは34cm。
Dscf7258
Dscf7264そして、今日はボーイスカウト川崎第43団のみなさんにもお手伝いをいただきました。
Dscf7285 Dscf7292 Dscf7296 Dscf7287




Dscf7320_5薪をバケツリレーのように薪小屋まで運んでいただいたり、
切り株を運んでいただいたりしました。ありがとうございました。おかげさまでスッキリと片付きました。






○12:00 お昼ご飯は恒例のカレーライスです。今日はひよこ豆とレッドキドニー(赤インゲン豆)入りでした。食後の座学は「節分」について。節分に大豆や柊、イワシを用いる由来について学びました。
Dscf7298 Dscf7300


○14:00 午後の作業は切り倒した樹木の片付けと、丸太の運び出しや竹柵の修繕を行いました。
Dscf7304_2 Dscf7310 Dscf7322
最後に朽ちた竹の柵を直して作業終了。
途中でパラパラと雨が降りましたが、あまり濡れずにすみました。
本日は寒い中お疲れ様でした。また次回お会いできることを楽しみにお待ちしております。ありがとうございました。(土屋)

|

2017年1月 9日 (月)

第89回ネイチャーボランティア

第89回ネイチャーボランティアの活動報告です。

参加者…7名
講師(やまぼうし自然学校)…3名
センター職員…3名
合計…13名

朝まで降っていた雨の影響で、地面が少し濡れていたり、斜面が滑りやすくなっていましたが、寒すぎず活動のしやすい日となりました。

○10:10 準備体操
あいさつ、自己紹介をした後は、準備体操からスタート。
Dscf6034
本日のメイン作業は、どんぐり山にはえている竹の伐採です。
今月22日(日)のプレーパークの時に使う長く太い竹を20本切ることを目指して作業開始!
切った竹は、プレーパークで作るジャングルジムの材料になります。

まずは、講師の方から竹を切るときの切り方を教わります。
Dscf6038
竹を切る少し上のところに、ロープを巻いておくと、竹を切っている時に竹が割れてしまうのを防ぐそうです。


Dscf6041
その後、のこぎりで切っていきます。
最初に、倒したい方向に切り込みを入れ、受け口を作ります。
その後、反対側からまた切っていきます。

狭い中で、多くの人が作業をするため、みんなで声をかけながら安全に。
参加されている方たちは、ベテランの方々が多いので、お互いのチームワークはばっちりでした!!

Dscf6044
作業の流れを確認したら、全員で作業スタート!
ちょうどよい太さのものを選び、切っていきます。
さらに、昨年降った雪の影響で曲がってしまった細い竹も切っていきました。

Dscf6053_2 Dscf6052
切った竹は、平らで作業しやすい場所に持っていき、枝打ちをしていきます。
竹の枝は、2本に分かれて生えているので、根元を上手に切ると竹のでっぱりが少なく、次に使う時にも子どもたちが安全に遊ぶことができます。
そんな配慮の大切さも学びました。

みんなでがんばったので、全部で30本ほどの竹を切ることができました。

Dscf6059 Dscf6057
切った枝や葉は、グラウンドに運び出しました。
午前の活動はこれでおしまいです。
たくさん身体を動かしたので、みんなお腹ペコペコになっていました。

お昼ご飯は、黒川特製カレー。
みんなでおいしくいただきました。

○13:00 ミニ講座『スギノアカネトラカミキリ』について
スギやヒノキの変色や腐らせてしまう、虫のお話。この虫たちは、木が腐ってしまったところから入ってきてしまうのが原因です。それを防ぐためには枝打ちが大事とのこと。森林整備の大切さを教えていただきました。
Dscf6072




午後の作業は、切った竹の枝と葉を運び、グラウンドで燃やしました。
Dscf6077
たくさんの枝や葉がありましたが、大きな火で燃やしたのであっという間に燃えきってしまいました。

駐車場脇の桜の枝が枯れてしまっていました。落ちてしまうと危ないので、ロープで引っ張って落としました。
Dscf6081_2みんなは安全なところから見守りました。

Dscf6082Dscf6083最後には、講師の丹野さんが持ってきてくれたお芋をつぼ焼き芋にしていただきました。甘くておいしい、安納芋や紅はるかなど、様々なお芋をいただきました。
たくさん動いた後のおやつは、とってもおいしかったです!!

今日切った竹が、プレーパーク当日に竹のジャングルジムになるのが楽しみですね!本日も作業お疲れさまでした!次回の開催は、2月5日(日)です。ご参加お待ちしています。(小針)

|

2016年12月 4日 (日)

第88回ネイチャーボランティア

第88回ネイチャーボランティアの活動報告です。

参加者:9名
講師(やまぼうし自然学校):6名
センター職員:3名
合計18名。
12月にしては日差しが暖かく、風もほとんどなくて絶好のネイチャーボランティア日和となりました。
○10:10 準備体操
Dscf4911 Dscf4981




本日の作業は、どんぐり山のダイソー側にあるシラカシの伐採と、周りの整備です。
高さ約20Mもある大きなシラカシです。

切る前に、倒れる場所を想定して、周りの竹を伐採したり柵を一時的に取り外したりしました。
伐採した竹は、枝を掃い、一本の長い竹棒にして、柵の材料に。
Dscf4914 Dscf4915 Dscf4922 Dscf4913








倒すシラカシにロープをかけて倒れる位置を調整します。
そして、チェーンソーで切り倒します。
みんな少し離れた安全な場所から樹が切られていく様子を観賞しました。
(動画を試みたのですが、大事な所で手元が狂い失敗してしまいました・・。)
Dscf4923 Dscf4924 Dscf4931




見事!ねらい通りの場所にドーンと倒すことが出来ました。
メジャーで測ると、高さ19m直径30㎝。
年輪も肉眼で数えたら、45~50才という事がわかりました。

斜面から引き上げるのも、一苦労。引っ張る機械(チルホール)と、テコの原理を使って引き上げました。
ここまでで、午前中は終了。
Dscf4939 Dscf4940Dscf4949 Dscf4933Dscf4944 切ったシラカシを囲んで集合写真!



お昼は、いつもの黒川特製カレーと、講師の丹野さんが漬けてくれたラッキョウを一緒に頂きました!

○13:00 ミニ講座「わら細工」
来週の「黒川おもちつき」のしめ縄作りに向けて、作り方、教え方の確認をしつつ、一人ずつ作ってみました。
Dscf4954 Dscf4961 Dscf4963 Dscf4967





そして、その横でツボ焼き芋を仕込んで午後の作業へ向かいました。
Dscf4953大きなお芋は、丹野さんの差し入れ。Dscf4957
重いので、網を使って吊るします。
うーん、楽しみ!



○14:00 午後の作業スタート
午後は、竹柵の直しと薪割り。
なんという事でしょう。シラカシ一本があっという間に薪に変身しました。
長年の作業の賜物ですね。
Dscf4968 Dscf4970 Dscf4974 Dscf4975 Dscf4978




作業が終わるころに、お芋の焼ける良い香りが漂ってきました♪
Dscf4972 Dscf4973 Dscf4977 Dscf4982 Dscf4984




見てください!見事な黄金色!ねっとり甘ーいお芋になりました。
お腹いっぱい心もいっぱいになったところで、本日の作業終了。

本日もお疲れ様でした!次回は2017年1月9日(成人の日)です。
良いお年を(^^)/
(関口かつら)

|

2016年11月 6日 (日)

第87回ネイチャーボランティア

ネイチャーボランティアの報告です。

参加者:8名(神奈川シニア大学校OB含む)

講師:3名(やまぼうし自然学校)
センター職員:2名  合計13名で行われました。

風が吹いていましたが、日差しが暖かいネイチャーボランティア日和な日となりました。
○10:00 集合&準備体操
Dscf3680_2本日の作業場所になる住居跡で体操を行いました。

木に囲まれた窪地のため、ほとんど風が吹いていませんでした。




Dscf3681 Dscf3682 Dscf3684今日のメインは、住居跡の上にある立ち枯れした樹の撤去と、先週切り倒した樹の薪割りです。

講師のやまぼうし自然学校の人たちが、切り倒す樹にロープをかけている間に、別のプログラムで散らかっていた切った竹の整理を行いました。


続いて薪割り。
本日はベテランの参加者ばかりだったので、誰も何も言わずとも薪割り作業が黙々と始まりました。
Dscf3688 Dscf3691 Dscf3693 Dscf3697切った薪は、一か所に集めて積み重ねていきます。
倒れないように、バランスを見ながら組み立てていきます。







Dscf3698 Dscf3699 Dscf3700薪割りをしているうちに、樹を切り倒す準備が出来たので、みんなでロープを引っ張り、樹を倒しました。

この倒した樹は、また玉切りにして薪を作ります。見事に、午前中に2本の枯れ木を撤去することが出来ました。






○12:00 昼食
Dscf3709今日も特製カレー!
隠し味に、梅酒と味噌が入っているそうな。
とてもおいしく頂きました。



○13:00 ミニ講義「ネイチャーボランティアで使えるロープワーク」
センター所長のロバと、講師の森田さんが各縛り・いぼ結びを講習してくれました。
皆さん、真剣に取り組んでいました。
Dscf3713 Dscf3717 Dscf3720 Dscf3722 Dscf3721_2
○14:00 午後の作業開始
午後もひたすら薪割り!とにかく作業が早い!どんどん薪が積みあがっていきました。


Dscf3727 Dscf3730 Dscf3736最後は、見事な薪の壁が出来ました。
ここで、乾かすのですが、通常薪として使える様になるまで、生木だと、3か月ほどかかるそうですが、今回は枯れ木なので割とすぐに活躍してくれそうです。



薪の前で記念撮影。
Dscf3731 Dscf3733





○おまけ
Dscf3726 Dscf3724 Dscf3725狸の溜め糞と、謎の紫色のキノコ。

本日もおつかれさまでした!
次回のネイチャーボランティアは、12/4です。美味しいお楽しみがあるかも!?
ぜひご参加ください。初めての参加も大歓迎です。興味のある方は、黒川野外活動センターまでお電話ください。(TEL:044-986-2511)お待ちしています。(関口)

|

2016年10月 2日 (日)

第86回ネイチャーボランティア

久しぶりに青空が広がった一日でしたね。

第86回ネイチャーボランティアの活動報告です。
参加者7名、講師(やまぼうし自然学校)6名、センタースタッフ2名合計15名で行いました。
○10:00 集合・準備体操・個人装備準備
○10:15 作業開始
今日のメインは、立ち枯れしている木の撤去作業です。
木の周りが草ボーボーなので、まずは全員で草刈りからスタート。
Dscf1848 Dscf1849_2「頑張るぞー!」
Dscf1847
←草刈りビフォー写真。








Dscf1850 Dscf1852 Dscf1853 Dscf1854 Dscf1861_2





どんどん刈ります。



Dscf1858
←草刈りアフター写真。
スッキリ!!






Dscf1861_3 Dscf1859倒す木にロープをかけます。
20メートル程の高さです!!








Dscf1869ポカリで休憩!
「風呂上がりのビールよりうまい!」と、参加者の方。




○11:00 階段&柵補修
Dscf1870 Dscf1876 Dscf1880 Dscf1882_2 Dscf1883






最近の長雨の影響で、森の中の階段が崩れているところが多々あったので
切った木の枝を使って柵や階段を整備を行いました。


○12:00 昼食
本日もカレー!美味しく頂きました。
Dscf1885





○12:45 ミニ講座「木を知る」
Dscf1887_3
クイズ形式の講座で、楽しく木について学びました。




○13:00 午後の作業スタート
Dscf1892 Dscf1894 Dscf1897_2木にかけたロープを皆で引っ張り
「メキメキッ!ドーン!」と勢いよく倒れました。
間近で見ると迫力満点です。
倒した木を、持ちやすい大きさに切り、グラウンドへ運びます。
最後は薪割り。
Dscf1901 Dscf1902 Dscf1904パカッときれいに割れると、やみつきになり、次の日のことを忘れてひたすら割ってしまいます。



本日の活動をYOUTUBEにアップしました。
ぜひご覧くださいね。
(関口)

|

より以前の記事一覧