2018年5月 6日 (日)

ネイチャーボランティア 第105回

Dsc09535 本日は、真光寺公園側の整備を中心に行いました。

Dsc09420_2 Dsc09494 参加者8名、やまぼうし自然学校の講師5名、黒川職員2名、合計15名で実施となります。まずは準備体操から。

現場への移動途中、4月に生えてきたタケノコが7m位成長していてビックリしました。
午前は、枯れて倒れた松や小径木の撤去、斜面の草刈り及び運搬を行いました。
P5060007P5060009 枯れた松は、講師の松永さんがチェーンソーを使って運べるサイズに切り分けてた物を約50mみんなで運搬しました。



Dsc09472_2 Dsc09479 Dsc09481 小径木は、手のこを使って切り倒しました。










P5060012 Dsc09460 P5060018
通路沿いの草刈りも順調に進み、通路が広く感じられます。




Dsc09507 Dsc09503平らな場所は人力で運搬。斜面はバケツリレー方式で運搬しました。Dsc09526 Dsc09517_2




31946598_382869078896222_651006820331944622_382869182229545_8436407893 お昼はスペシャルカレーを頂きました。キッチンハーブのパクチーとイタリアンパセリを積んでお好みでトッピングしていただきました。以外にパクチーがカレーに合うのに驚き!







Dsc09521 31946122_382874088895721_7694242174 P5060042 ミニ講義はすみれのお話を聞きました。花が開かない閉鎖花のすみれがあることを知り、実際にフィールドで発見することができました。





午後は、薪の運搬と巨大タープ上げを実践しました。
Dsc09550 Dsc09528_4 P5060058バケツリレー方式で薪を運び、薪ラックに沢山の薪を積み込むことができました。人力はすごいですね。


Dsc09572 黒川恒例の巨大タープもみんなの力で3連で張ることができました。風が強かったのですが、みんなの力は偉大です。

予定していた作業は無事に終了。本当にありがとうございました。(野口)




|

2018年4月 1日 (日)

ネイチャーボランティア第104回

Dsc07084Dsc07089本日は、今年度1回目のネイチャーボランティアが行われました!今年度もやまぼうし自然学校の皆さまに講師に来ていただき、ボランティアの皆さんと黒川の里山保全に努めていきます。よろしくお願いします!今回は、やまぼうし自然学校の方8名、ボランティアの方7名で行いました。

まずは軽い自己紹介から行い、顔と名前を知ったところで、年間を通してどう活動していくかを説明していただき、本日の活動が始まりました。




Dsc07123Dsc07106Dsc07137




まずは、里山のハザードマップを見ながら、里山を一周しました。どこに危険があるのか、この植物は何なのか、ここはこんな改善が必要、などを話し合いながらゆっくりと周りました。普段はなかなか見れない部分に目をやると、今まで見えなかった危険や発見がたくさんありました。腐っている木があったり、滑りやすい地面があったり、改善点はたくさんあります。




Dsc07092Dsc07157Dsc07148Dsc07163Dsc07175




一周終えて、次は散策路に伸びてきている邪魔になるタケノコを掘って「駆除」しました。
辺りには、まだ落ち葉が多くあってタケノコが紛れてしまい見つけにくいですが、長靴を履くことで、底でタケノコの突起を感じやすくなり見つけやすかったです。見つけたタケノコはスコップで堀り、タケノコを下からすくい上げるように取りました。大きいものからかなり小さいものまで形や大きさは様々でした。
昼食は、このタケノコとハリギリという山菜を天ぷらにしていただきました。
ハリギリの天ぷらの写真は、みんながあっという間に食べてしまい、ありません(笑)



Dsc07191 Dsc07199Dsc07212 Dsc07220Dsc07238





午後からは、黒川養蜂プロジェクトを進めました。前からあった巣箱を含めて合計4つ、巣箱を設置しました。今回使う巣箱は、中に針金が十字に組んであるタイプのシンプルなものを使います。蜂を寄せ付けるために、黒砂糖と黒霧島というお酒を混ぜて溶かし、それを巣箱に塗って設置しました。仕上げに人工キンリョウヘンという、蜂の好きなフェロモンを出す装置をつけて完成!蜂が来て巣を作るのが楽しみです!


Dsc07170Dsc07247_2 Dsc07255Dsc07252Dsc07265





そして、最後は紫陽花をプランターに移す作業を行いました。この紫陽花は、2月にセンターの道路脇に飛び出して生えていたものを伐採して、その一部を水に浸けて置いたものです。浸けた当時は緑はなく、枝だけのような状態でした。それがここまで成長しました。なので、それをプランターへ移して、今後の成長に期待することにしました。6月の梅雨の時期に期待です。

今年もネイチャーボランティアでは、様々なことを行います。活動の内容は今後もブログにアップしていきますので、楽しみに「していてください!(柏原)

|

2018年3月 4日 (日)

ネイチャーボランティア 第103回

Dsc04492
本日のネイチャーボランティアの活動報告です。

●参加者・・・9名
やまぼうし自然学校・・・5名
センター職員2名

最高気温20℃と、春の陽気の中で活動しました。

Dsc04475準備体操で身体をしっかり伸ばします。
身体がほぐれたら出発です。

Dsc04476Dsc04478Dsc04483

Dsc04484


イベントで作った竹のジャングルジムを解体しました。
作るときは時間がかかりましたが、大人数なのもあり、解体はあっという間に終わりました。
Dsc04487Dsc04489ロープをほどいた後、竹は柵の材料に使いました。

Dsc04498Dsc04501



Dsc04505





所々森の柵が壊れているので、修理もしました。
小さな子も森で遊ぶので、「命がかかっているのよ!」と竹に縄を真剣にくくっていました。

Dsc04541Dsc04551Dsc04563シラカシにロープをかけ、木にチェーンソーで受け口と追い口を作ります。
さらにロープをみんなで引っ張って倒していきます。

Dsc04568


Dsc04569_2




Dsc04570
Dsc04571
倒れました!
背が高く、かなり重さのあるシラカシでした。倒れた瞬間、風の通りが良くなりました。






Dsc04572Dsc04573Dsc04574Dsc04576Dsc04579お昼のカレーを食べながら、参加者の方が見事なロープワークをされていて、プチ講座が開催していました。ロープの端がほどけにくくなっています。

Dsc04586午後のミニ講義は「サクラを知ろう」です。日本に自生している桜や栽培種の桜の特徴や、豆知識について学びました。

Dsc04588Dsc04590Dsc04598Dsc04613
Dsc04616









Dsc04509Dsc04522Dsc04523Dsc04623Dsc04626 午後は、午前に倒したシラカシを分解して、薪にしたり、柵作りをしました。みなさんのおかげで、大きなシラカシが活動中にほとんど薪になりました!

Dsc04630出来上がった薪を囲んで記念撮影!
本日はみなさまご協力いただき、ありがとうございました。
次回の活動は4月8日(日)です。
またのご参加をお待ちしております!(片岡)

|

2018年1月 8日 (月)

ネイチャーボランティア 第101回

本日のネイチャーボランティアの活動報告です。
Dsc04360



参加者…4名
講師(やまぼうし自然学校)…8名

センター職員…2名
合計…15名

2018年となり、新年1回目となるネイチャーボランティア。

もうすぐ開催する『くろかわプレーパーク(1月21日日曜日)』で【竹のジャングルジム】を作って遊ぼうと考えているのですが、その際に使用する“竹”をネイチャーボランティアのみなさんに切ってもらいました。
Dsc04342_2




まず初めに竹の切り方を森林インストラクターの方が教えてくれます。
安全のための工夫を聞いて、この後は実際に自分で切ります。
Dsc04335 Dsc04350_2




森林インストラクターである講師の方が沢山いるので、分からない事はすぐに教えてくれます。

ながーい竹は、切った後に運ぶのも一苦労。
力を合わせて運びます!
Dsc04369 Dsc04363 Dsc04338




切った竹はそのままではジャングルジムとして使うことが出来ないので、枝落としを。
多くの人が遊ぶ遊具になるので、細部にまでこだわって作業してくれています。
Dsc04383




切り落とした大量の枝や葉は、ビニールシートにくるんで運びます。
キャンディのように包んで~♬
Dsc04387 Dsc04400 Dsc04391




なんと、一度にこんなに沢山運べちゃいました!!
Dsc04408 Dsc04411 Dsc04393




運んだ枝はガンガン燃やしていきます。
大きな炎は迫力満点!
Dsc04395



大勢の力で、あっという間に沢山の竹を切ることができました!
これぞ人の力😊☆
Dsc04421 Dsc04404Dsc04451_2




午前中の作業を終え、昼食はカレーライス。
…と、その前に!
本日限定、所長の『ニジマス燻製』をつまみ食い♪
Dsc04432




美味しい~!
Dsc04434




午後への元気チャージも、完了です!
Dsc04438




昼食後のミニ講義は、『ヤスデ』について。
本日の主任講師である松永さんが、面白く『ヤスデ』について教えてくれました。
身近にある植物にも、様々な名前の由来やマメ知識があります。
Dsc04441 Dsc04446



「午後の作業も頑張るぞ!」と外に出たところ、すぐに雨が。

天候による判断で早めに外作業を切り上げることにし、室内で『道具のメンテナンス』を。
野口所長が砥石(といし)の使い方をみなさんにレクチャー!
Dsc04460 Dsc04472




みなさん包丁やカマを研ぎ、集中してメンテナンスしていました。
切れ味のビフォー&アフターを確かめながらなので、やりがいも感じられます。
Dsc04462 Dsc04476 Dsc04483 Dsc04493



安全に効率よく作業をするためにも、道具をメンテナンスすることはとても大切ですね。
Dsc04500




最後はあま~い つぼ焼き芋をおやつにいただき、今日の活動は終了です。
Dsc04503




次のネイチャーボランティアは、2月4日(日)。
自然の中に入り一緒に汗をかきながら、楽しい時間を過ごしませんか?
いつでも新しい仲間を募集中です😄
本日ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

(黒田)

|

2017年10月 1日 (日)

第98回ネイチャーボランティア

第98回ネイチャーボランティアの活動報告です。
Dsc04734



参加者・・・4名

講師(やまぼうし自然学校)・・・8名
センター職員・・・2名
合計・・・14名
Dsc04391 Dsc04725 Dsc04424 Dsc04573




本日の主任講師は、松永さんです。
Dsc04374 Dsc04393




ネイチャーボランティアの魅力のひとつは、『ダイナミックな森林整備ができるところ』
(日によって活動内容は異なりますが。)

午前中は、森に光を入れて明るくするためシラカシを切ったり、
Dsc04398 Dsc04624 Dsc04630 Dsc04621

枯れ枝をロープや滑車を使って折ることなどをしました。
Dsc04690 Dsc04694 Dsc04699









ネイチャーボランティアで行う森林整備の活動は、森を使う全ての人の安全に繋がっています。
森のためでもあり、人のためでもあるのです😊
Dsc04733




昼食には、美味しい手作りカレーを頂きました。
今日は副菜が大充実!
☆参加者のいのっちが、畑から採ってきてくれたきゅうり&味噌。
☆いつもお世話になっている川村夫婦から、しその実としらすとスダチの和え物。
☆所長のお手製ミョウガのピクルス。
を頂きました。
Dsc04652

※写真は、頂いたしその実です。

どれもとーっても美味しかったです!
(昼食写真を取り損ねてしまい、大変残念…。)
午後は竹柵を作りました。
Dsc04706 Dsc04710 Dsc04727 Dsc04724




活動後は、やまぼうしの石川さんからあまーい梨を♬
梨は、疲労回復にもよいそうですよ。
疲れた体に染みわたります。

次回の活動は、11月5日(日)。
初参加の方も、いつでもお待ちしております。
本日ご参加いただいた皆さま、お疲れさまでした!
Dsc04598




(黒田)

|

2017年9月 3日 (日)

第97回ネイチャーボランティア

第97回ネイチャーボランティアの活動報告です。
Dsc03077



参加者…5名

講師(やまぼうし自然学校)…7名
センター職員…2名
合計…14名

「昨日までの涼しさはどこへいっちゃったの?!」
と思うぐらいに、夏のような天気に恵まれた今日。
複数の団体さんの利用で、グラウンドも大賑わいでした。
Dsc03148




午前中は、薪小屋周りに転がっている木々をまとめたり運んで整備を行いました。
Dsc03004 Dsc03011 Dsc03012




Dsc03027




本当は木を燃そうと考えていたのですが、活動は安全が第一!
多くの方が利用している今日は避けようという判断になりました。
Dsc02999




落葉はたい肥になるよう一か所にまとめたり。
薪として使えるような太さの木は、薪小屋に整頓して入れました。
Dsc03003 Dsc03032




置いてあるだけの状態だとあまり見栄えも良くないのですが、綺麗に整理することによって使いやすく・燃料としても生き返ります。
Dsc03031 Dsc03072_2




午後の竹柵作りのために、使えそうな竹を森から見つけてくるチームも。
階段の壊れもパパッと直してくれました。
Dsc03048 Dsc03050 Dsc03052




Dsc03088 Dsc03079Dsc03085
皆でやるからこそ、効率的に様々な作業を行うことができます。

昼食はセンター職員のマッスルが作ってくれた美味しいカレーをいただきま~す。
Dsc03096




活動中に野口所長が摘んだ『ミョウガ』や、本日の主任講師である山口さんが畑から持ってきてくださった『キュウリ』や『なす』も一緒にいただきました。
カレーにさっぱりとした野菜が合う~😊
採れたてのものや旬をいただくって、とても贅沢ですよね!!
Dsc03018 Dsc03092 Dsc03097




元気チャージをした後は、一休憩してから午後の作業へ。
午後は竹柵を作るので、そのために必要な2種類のロープワークを学びました。

1つめは、『いぼ結び』。2つめは『角縛り』。
どちらも習得すると大変便利なロープワークです。
Dsc03120 Dsc03110 Dsc03114




ロープワークを覚えるためには、実践あるのみ!
最初はできなくても繰り返し練習することで、次第に出来るようになります♪
Dsc03145




竹柵は主に、中庭わきの散策路から喫煙所あたりまでの壊れている部分や腐ってしまっていた部分を中心に直しました。
Dsc03140 Dsc03133 Dsc03126




綺麗になった柵の前で、記念撮影~☺
Dsc03150




毎回思いますが、ネイチャーボランティアに参加して下さるみなさんがいいるからこそ、どんぐり山の自然や安全は保たれているのです。
本当に感謝!
Dsc03038




ネイチャーボランティアでは、『常に』新しく参加される方もお待ちしています!
活動に参加をしてみようと思っている方、センターまで気軽にお電話くださいね。
⇒044-986-2511
共に自然の中で身体を動かし、良い時間を過ごせたら嬉しいです。
Dsc03068
本日ご参加頂いたみなさん、お疲れさまでした!
(黒田)

|

2017年8月 6日 (日)

第96回ネイチャーボランティア

第96回ネイチャーボランティアの活動報告です。

参加者・・・4名
講師(やまぼうし自然学校)・・・5名
センター職員・・・2名
合計・・・11名
朝から暑い~!
また暑い夏が戻ってきました。
作業する場所に給水タンクも常備。
こまめに休憩・給水をしながら。
Dscf3818
Dscf3813
今日の主な作業は「住居跡周辺の草刈り」です。
どんぐり山はこどものたちの遊ぶフィールドでもあります。
誰でも安心・安全に遊べるように定期的に整備をすることが大切です。
鎌や草刈り機を使って、黙々と作業を進めていきます。
Dscf3814 Dscf3815 Dscf3816 Dsc01161




Dsc01164

Dsc01183_2 Dsc01174 Dsc01176
作業から戻ってくると、まるで頭から水をかぶったような状態に。
午前中だけでかなり体力も消耗したはずです。
おいし~いお昼を食べて元気を取り戻しましょう!!
BBQ上級インストラクターの職員によるBBQのおもてなしです。
Dscf3819 Dscf3821
Dsc01189 Dsc01190 Dsc01205











午後は、紫陽花の挿し木をしました。
センターまでの坂道をアジサイロードにする夢に向けて…(笑)
鹿沼土を敷き詰め、ルートン(発根促進剤)をつけた斜めに切った茎を指します。
しっかりお水をあげて、ハイポーズ!
本日は暑い中、お疲れ様でした。
次回は、9月3日(日)です。
Dsc01211 Dsc01212 Dsc01213 Dsc01216 Dsc01217


(藁谷)

|

2017年6月 4日 (日)

第94回ネイチャーボランティア

第94回ネイチャーボランティアの活動報告です。
参加者…8名
講師(やまぼうし自然学校)…6名
センター職員…2名
合計…16名
朝はとても涼しかったのですが、準備体操をする時にはこの天気。
快晴の中、スタートです。
Dsc_8605
午前中の作業は、グラウンドの桜枝の剪定・どんぐり山の中の枝の剪定・通路の木の伐採です。
この楕円のものは、スローラインといってロープの先が重りになっています。スーッと枝の間を飛び越えます。結構な高さの枝にもロープを通すことができます。
グラウンドの桜の木の枯れた枝は折れて落ちて来る可能性があるので、全て剪定しました。
細い所はロープで引っ張り、太いところは高枝のこぎりを使って切りました。
Dsc_8608Dsc_8610
Dsc_8611 Dsc_8613 Dsc_8616 Dsc_8619
Dsc_8625 Dsc_8632 Dsc_8634 Dsc_8637













Dsc_8643_2





午前中もたくさん木を切り倒したので、みなさんお腹がペコペコです。
今日は、3種類のルーを使ってカレーを作りました。
暑いので、キンキンに冷えた麦茶と2種類のサラダも。
タマネギのサラダは、講師の方が持ってきてくれた自家製タマネギを使って。
かつおぶしと大葉とポン酢をかけてさっぱりと。
みなさんに大好評でした。ありがとうございました!
Dsc_8650 Dsc_8653Dsc_8654 Dsc_8657 Dsc_8658 Dsc_8659







午後一は、「長尺(30m)ロープのまとめ方」の講習から始まりました。
ロープを使おうと思った時に絡まって全然ほどけない…そんな経験がある方もいるのではないでしょうか。
次に使用する時に、絡まないようにまとめることが大切です。
肩にかけられるようにすることで、持ち運びも便利です。
Dsc_8662 Dsc_8663 Dsc_8668 Dsc_8671 Dsc_8672 Dsc_8673


Dsc_8675


















午後の作業は、午前に引き続き枯れ枝の剪定と木の伐採、ブラックベリーの植樹をしました。
木の伐採では、講師の方の説明を受けてから、実際に受け口を作ってみました。受け口(垂直・斜め)の終点を揃えるのはなかなか難しい!という話になりました。
日の当たる斜面にブラックベリーの木も植えました。美味しい実がなりますように。
本日も、暑い中ありがとうございました。
次回は、7月2日(日)です。
Dsc_8691Dsc_8705



(藁谷)

|

2017年5月 7日 (日)

第93回ネイチャーボランティア

第93回ネイチャーボランティアの活動報告です。

参加者…11名
講師(やまぼうし自然学校)…8名
センター職員…2名
合計…21名
今回も多くの方が参加してくださり、賑やかな会となりました。
いつも通りしっかりと準備体操をしてスタート。
Dscf1866 Dscf1867
今日は、日陰になってしまっている所に陽が差し込むように3本の木を切ります。
講師の方がロープをかけている間に、参加者で以前切った枝などを片付けました。
あっという間にロープの準備が完了し、チェーンソーで受け口・追口を作ります。
ここからは、たくさんの方の力が必要です。
ロープでどんどん引っ張っていきます。
すると、メキメキメキー、ドドーン!
落ちる向きもバッチリでした。
Dscf1868 Dscf1869 Dscf1872 Dscf1873 Dscf1877 Dscf1878









木を倒したら…運ばなくてはいけません。。
またも、ロープを使ってズリズリ。。
今日は、たくさんの人がいるので、あっという間です。
最後は、担いで運びました。絵になる~。
人の力は、やっぱりすごいと感じました。
Dscf1885 Dscf1887Dscf1894_2








午前中からバリバリ働いたので、お腹もペッコペコ。
カレーをしっかり食べて午後に備えます。
Dscf1895




ミニ講義は、ナンテンショウ属の多様性についてでした。
Dscf1896

木を切ったら、お決まりの枝燃やしと薪づくり。
大量にあった木の枝も綺麗に燃やされ、たくさんの薪もできました。
今回作った薪は、たくさんの利用者の方に使われることでしょう。
縁の下の力持ちとなる、ネイチャーボランティア。
本日も、お疲れ様でした!!
次回は、6月4日(日)です。

Dscf1898 Dscf1900 Dscf1901 Dscf1907
(藁谷)

|

2017年4月 9日 (日)

第92回 ネイチャーボランティア

第92回ネイチャーボランティアの活動報告です。

参加者…9名
講師(やまぼうし自然学校)…5名
センター職員…2名
合計…16名

参加者が多く、とても賑やかな活動となりました。
Dscf9952



午前中は、全員で森の整備へ。
Dscf9800_2 Dscf9811 Dscf9815



柵や道の近くに生えているタケノコは、通路の妨げとなるので掘りました。
少しだけ出たタケノコの頭。それを見つける達人が数名!
見つけた時には「お~ぅ!」という嬉しい叫び声が所々で聞こえました。
Dscf9799



ロバさんといのっちの最高の笑顔~♬

整備をしながら、どんぐり山を歩いて回りました。
Dscf9824




その後は、シイタケの原木の場所を移動したり。
薪小屋の周辺を整備し、センターに沢山ある備品の整理ができるための小屋置場のスペース作りを主に行いました。
Dscf9840 Dscf9842 Dscf9848



Dscf9850 Dscf9856 Dscf9844



雨も強まってきたため、午前中の作業はこれにて終了。

センタースタッフ(本日は、しんちゃん&マッスル)お手製の美味しいカレーと、やまぼうしの石川さんが作って下さったタケノコの煮物をいただきました。
カレーも毎回少し違うのが、楽しみのひとつでもあります。
Dscf9874 Dscf9873



『旬のものを、すぐに食べられる。』
とても幸せを感じる瞬間でした。
新鮮でえぐみも少なく美味しい~♪

昼食を頂いた後はみんなで洗い物をして少し休憩を。
ツリークライミングジャパンの後藤さんから頂いたさつまいもを、つぼ焼き芋機で焼いて頂きましたが絶品!
とっても甘~い。
Dscf9876 Dscf9881



ひと休みしている間に雨も弱まってきたので、午後の作業開始です。

木を倒すため、全員ヘルメット着用。
ダイナミックな活動には安全面への配慮も大変重要ですね。

ヒマラヤスギを倒す瞬間は、迫力満点!
近くにいたボーイスカウトの人の力も借りて、沢山の力で大きな木を切り倒すことができました。
Dscf9902 Dscf9915_2 Dscf9884



Dscf9920 Dscf9913 Dscf9923



切り倒した木は虫が入らないように皮を剥ぎ、ベンチにしました。
年輪から見て、40年は経っていたであろう木。
今日突然切られ、木も驚いていることと思います…。
しかし、このような形で活かされれば木にとっても少しは嬉しいのではないかと思います。
Dscf9946 Dscf9951 Dscf9938



Dscf9955 Dscf9961 Dscf9962



他にも、倒した木の枝を切ったり斧を使った薪割りをしたり。
Dscf9930



最後は恒例の、初参加の方から感想をもらう時間。
今回はなんと初参加の方が5名も!!
Dscf9964



「楽しかったので、また来たい!」
「想像していた真面目な森の整備とは違った。←いい意味で。笑」
「なかなかできない体験が出来て良かった。」
などという感想を聞くことができました。

最後はおやつのために仕込んでいたつぼ焼き芋やたけのこを頂いて、解散となりました。
Dscf9968 Dscf9965_2



次の活動は、5月7日(日)です。
興味のある方は気軽にセンターまでお電話くださいね。

人が増えれば活気も溢れ、楽しさも増します。
ぜひお待ちしています。
(黒田)

|

より以前の記事一覧