2021年5月12日 (水)

5/12 のあそびくらぶ

皆さん、こんにちは。

本日はのあそびくらぶの開催日でした。

参加者も17人集まり、みんなでさっそくどんぐり山に出発です!

 

Img_3881

 

木に生えたキノコは、いつだって子供の人気者。

「毒キノコだ!」「触っちゃダメ!」という声が飛び交います。

スタッフの「食べなければ大丈夫だよ~」と、緩い声が入りました。

 

Img_3878

 

置いてあるパレットに乗って、ジャンプジャンプ!

揺れる地面を楽しみました。

 

Img_3882

 

思い思いの場所で、思い思いの遊びをするのがのあそび流。

三々五々散らばり、それぞれの遊びをスタッフが見守ります。

 

Img_3884

 

移動途中で見つけた綿毛。

1人が吹けば、1人が捕まえようと手を伸ばします。

 

Img_3891

 

地面に空いた不思議な穴。

アリの巣かな~?と予想が立てられますが、アリの姿は見えません。

 

引っ越したのか、寒いのか。

子どもたちも不思議そうな顔をしていました。

 

Img_3893

 

もしかしたら、今日の一番人気は綿毛だったかもしれません。

 

Img_3912

 

Img_3915

 

綿毛はあちこちで吹かれ、風に乗って飛んでいきました。

 

……ものの見事に植物の策略に乗ってますね。

来年も、きっとたくさんの花が咲くことでしょう。

 

Img_3908

 

暖かくなってきたので、花もたくさん咲いていました。

ハルジオン、シロツメクサ、セイヨウタンポポ等々。

 

Img_3920

 

名札に入れて、かわいくデコレーション!

おしゃれな名札ができました。

 

Img_3928

 

アリの巣観察会も行われていました。

はてさて、アリの部屋にはたどり着けたのでしょうか?

 

 

自然を一杯満喫したら、最後はおやつを食べて解散となります。

 

Img_3930

 

 

みんな、楽しかったね。また会いましょう。

 

次回ののあそびくらぶは22日のいちにちのあそび!

 

活動の様子はブログにあげさせてもらいますので、ぜひご覧ください。

 

それでは、センターでまたお会いできる日を楽しみにしております!

 

 

大谷

|

5/12 おさんぽくらぶ

今日は4人のお友だちが来てくれました!

 

「はじめまして」で緊張気味かと思いきや、しっかり「おはようございます」のご挨拶もでき、森に落ちているどんぐりを見てさらにスイッチオン!となりました。

 

森を歩いていくと…今日はたくさんの穴穴穴!

無数のアリの巣です。

穴の割りにはアリがいません。

「ありさん、呼んでみよう!」「ありさーん!」「どこいるのかなぁ」「遊びに行ってるのかなぁ」

空想が広がります。

Img_3764 Img_3758_20210512124601Img_3790

更に森を進んでいくと…大体の子どもたちが好きな、枝や竹がありました。

片手に持ち、始まったのは、バンブー楽器!竹を叩いて「いい音だねぇ」。

Img_3765 Img_3767 Img_3784

その枝を使い、水路では、バーチャルなようなリアリティがあるような、「釣り」遊び。

何か居そうで居ない...「釣れないねぇ」と言いながらも楽しそうなみんなです。

Img_3778 Img_3780

さて、森の中は起伏も激しく、なかなかスムーズには歩けません。少々勇気のいるシーンもあります。

そんなときは、手を貸す場合もありますが、まずは子どもたちが体の動かし方を自分でやって覚える事が大切です。

お尻をついて滑り降りる。両手両足を使い、上り下りしてみる。出来た時は、達成感と自信が子どもたちの顔にみなぎります。

Img_3770 Img_3818

今日はだいぶ温かくなっています。

温かい日は、水遊びがしたくなる!大人が仕掛けた節もありますが、せっかるある竹を使い、木の実を拾い、子どもたちの「洗わなきゃ!」の一声で、竹に水を入れることにしました。

結果、水を竹から竹に移しいれる遊びが流行。

水があふれるとか、濡れるとか、そういうのは子どもたちには関係ありません。なんか楽しいのです。だからやる。ただそれだけです。

Img_3841 Img_3837 Img_3850Img_3851

少々疲れたら休憩です。

休憩中も何か遊びにしていく子どもたち。丸太は座るのも一苦労ながら、座ることができたら電車に。

大きな板状のシーソーに板を這わせたら上り下りしたくなります。ちょっとしたチャレンジも展開されました。

そしてリオが捕まえてくれたトカゲ。眺めているだけで時間が過ぎました。

Img_3858 Img_3855 Img_3864_20210512130001

 

こうして今日も盛りだくさんのおさんぽくらぶとなりました。大満足なみんなが最後に求めたのは、「ママ」でした!

 

ねぷた(坂口)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2021年5月11日 (火)

点検途中で…

皆さん、こんにちは。

センターでは定期的に、外の設備の点検を行っています。

 

自然環境を相手にする以上、設備の劣化や落枝は避けられないものです。

 

気持ちよく安全に利用していただくため、設備点検は欠かせません。

 

そんな点検の途中で、面白いものを見つけました。

 

Img_3742

 

落ち葉もまばらになった茶色い道路。

これだけでは、何かわかりませんよね。

ちょっとアップにしましょう。

 

Img_3743

 

さて、ピンと来た方もいるのではないでしょうか。

 

さらにアップにします。

Img_3744

Img_3745

 

そうです。アリの巣穴がありました。

 

アリのパワーは、自分の何十倍ものサイズの昆虫を運べるほどのパワー。

 

実は子どもたちが踏み固めたグラウンドにすら、穴を開けてアリが住んでいます。

 

うるさくないのかな…というのは置いておいて。

 

この撮影場所は、我々が『住居跡』と呼ぶ、どんぐり山の下にある広場へ向かう道の途中。

 

およそ5~7mに渡って、アリの巣だらけ。

しかもびっしり。苦手な人はぞっとするかもしれないレベルで、並んでいました。

 

 

面白いことに、アリの姿は1匹も見えませんでした。

餌の調達中なのか、今日は少し寒いから避難中かな?

 

……下で繋がってたりするんだろうか……?

 

見えないからこそ、想像が広がります。

 

丁寧に見て回ると、普段見落としがちな季節の変化も見つけられます。

時には上や前だけでなく、下や横にも目を向けてみると、

新たな発見があるかもしれませんね!

 

大谷

|

2021年5月 9日 (日)

火起こし体験!

皆さん、こんにちは。

本日センターでは、グラウンドで火おこし体験が行われました。

 

ナイフを使って木を削ったり、メタルマッチでの火おこしにチャレンジします。

 

Img_4617

 

焚き火台も出して、火おこしにチャレンジ!

 

メタルマッチ、フェザースティック、バドニング……

 

様々な技術を学びながら、火を熾しました。

 

Img_4624

 

炎は人類の『原初の発明』だと言われています。

 

今日使ったメタルマッチ、ナイフも発明ですね。

今では人類の文明が進み、火を直接見る機会は減ってきています。

 

電化製品が増え、電気が我々の生活を支えています。

 

Img_4610

 

しかし、災害時に電気が止まる可能性は常に存在します。

その時に、火をおこすことができるかどうかで、生存率が少し変わるかもしれません。

 

Img_4618

 

現代社会で火おこしの技術は、生きていくのに必須ではないでしょう。

しかし、不要である、とは言い切れないと私は思います。

 

今日火おこしを学んだ子どもたちが、地域にいるということ。

 

それはきっと、いざというとき地域の支えになると思います。

 

Img_3730

 

そして、今日はマシュマロを焼いておやつに食べました。

 

自分で点けた火で焼いたマシュマロは、きっといつもより美味しかったことでしょう。

 

また火おこしの技術を使って、センターを満喫してくださいね!

楽しみにしています!

 

 

大谷リオ

|

2021年5月 8日 (土)

ハーブ畑に新しい仲間🌱

 

カンカンカン! …ペグ打ちの音。
もくもく、ジュー …たき火料理の音。
きゃー!ぎゃー!!! …子どもが事務所にいたずらに来た声💨


にぎやかな週末のセンターの片隅で、太陽の光をたっぷり浴びて、ハーブたちが育ってます!
20210508_115248

先日、かぼちゃんが植えたハーブ畑に新たな仲間、「イタリアンパセリ」「バジル」が加わりました。
20210508_115410
         ★ イタリアンパセリ ★       


20210508_115338
             ★ バジル ★


かぼちゃんによると、昨年はこのふたつを隣同士に植えたところ、イタリアンパセリの生育がとてもよく、
バジルがその勢いに負けてしまったとのこと。
「今年はバジルをちゃんと育てたい~!」と花壇の端と端に植えました。

調べてみると、ハーブ同士も相性が色々あるようです。
例えば「チャイブ」は「イタリアンパセリ」が嫌う酸を放出するため、隣同士は厳禁。
「レモンバーム」は繁殖力が旺盛のため、「バジル」を侵食してしまうようです。
繁殖力でいうと、「ミント」は特に強いため、単独で植えた方が良いそうです。

当たり前ですが、個性があるのは人間だけではないですね。植物の世界もイロイロ!
こんなことを考えながら植えて、育てると親しみが湧き、活用するときの楽しみも更に増します。


20210508_115310
ちなみに、バジルの近くには「トマト」を植えています。
「コンパニオンプランツ」と言い、バジルの香りでトマトに寄って来る害虫を防いでくれる相性バッチリの組合せです。

ぜひ、“ハーブの気持ち”になって、花壇をのぞいてみてくださいね!


舘野

 

|

2021年5月 7日 (金)

桜の剪定から給食センターとの連携へ

給食センター側にはみ出してしまった桜の木。

ご迷惑をおかけしていて気になっていたので、剪定することにしました。

183124543_189900636289860_35547325989386

182686751_3958501244242487_6865244753987

写真を見てわかるように、フェンスから枝がはみ出しています。

181590870_778431852877630_90205284732635

新しく購入した小さなチェーンソーが活躍してくれました。

はみ出した枝を切り落とし、アッと言う間に、作業は終了しました。

183337272_2667915320178773_7927348248341

フェンス側に出ていた枝を綺麗に刈り込む事ができました。

181119238_813216272951436_61600484829396

切り落とした枝を片付け作業完了!

準備から片付けまで、1時間で終えることができました。

Dsc01185

その後、給食センターの所長さんよりお礼の電話を頂きました。

その時、「災害時に川崎にの施設として、互いに協力しましょう。」と言う話をさせていただきました。

給食センターからは食材を、野外活動センターからは薪や鍋、アウトドアの知識や技術を駆使して、炊き出しが出来れば、いざと言う時、市民のみなさんの役にたつことができます。

 

枝を払った事がきっかけで、災害時の話まで発展出来て、本当に良かったです。(野口)

|

2021年5月 6日 (木)

GWを終えて…


 ざわざわ、わー、きゃー、おいしい~!
昨日までのGW3日間は、ドラム缶ピザ作りのイベントを実施していたので、
にぎやかな声や煙のにおいが漂っていました。


 ざわざわ、ざわざわざわ~…
風が葉っぱを揺らし、音を立てる。少し土ぼこりと太陽の香り。
今日は静かな施設です。

20210506_133508

20210506_133612

 
 静かな所内は自然の美しさが目に留まります。
ヤマツツジの淡いピンクがちょこんと坂の途中に。
アジサイもつぼみを付けています。

20210506_133734 20210506_133808


 GW中はイベントにご参加の方以外にも散策途中に立ち寄り、所内の活動に興味を持ってくださった方がたくさんいました。
みなさまとお話する中、コロナ渦において、ますます野外活動への興味関心が高まっていることを実感できました。
安全・安心第一に、今年度も『お子さまが』『家族が』『一人ゆっくり・ガッツリ!』野外活動を楽しめる場を提供していきたい!
と思いました。


 次回のイベントは5月12日(水)『焚き火cafe』🌙
好評につき、追加開催です!ご興味ある方はぜひお問合せください!

★焚き火cafeご案内

★焚き火cafe 前回の様子


舘野


|

2021年5月 5日 (水)

5月5日ドラム缶ピザ焼き体験

GWピザ3日目!
本日は12組のご家族にご参加いただきました。

まずはみんなでゲームをして、役割ごとに説明を聞いてスタートです。
Simg_3636


生地係、トッピング係、火係に分かれて作業開始です。
子どもたちも小さいな手でゆっくり頑張っていました。
Simg_3658 S20210505_104010 S20210505_103036


トッピングはこだわりポイント!
どのピザもカラフルで美味しそうです。
Simg_3678 Simg_3676 S20210505_104401


生地が完成したらピザを焼きです。
火力の維持も大事な仕事。子どもたちも軍手をして、薪を入れてくれていました。
S20210505_105121 Simg_3672 S20210505_111116 S20210505_110926S20210505_112819


「美味しい~!」と嬉しい声も聞こえてきます。
自分たちで一から作ったピザは美味しいよね。
大人たちからも「想像以上に美味しくてびっくりです」と、高評価いただきました!

Simg_3707Simg_3699Simg_3710Simg_3691

今日のかぼちゃんのイチオシ写真はこちら!
「楽しかった~!」と感想もくれました。
Simg_3701


3日間に分かり開催したドラム缶ピザ焼き体験。
今年は35組121名の方にご参加いただきました。

参加者のみなさんと楽しい時間を過ごすことが出来、我々職員も嬉しい時間となりました。

センターでは感染症対策をしっかりと行い、「焚き火Café」や「親子ブッシュクラフト教室」などたくさんのイベントを企画しています。
またみなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

ご参加ありがとうございました!
(小川)

|

2021年5月 4日 (火)

5月4日ドラム缶ピザ焼き体験

昨日に引き続き、本日も穏やかな天気のもと、ドラム缶ピザ焼き体験2日目を迎えました。

 

今日お越しいただいたご家族の方は、はじめて来所された方が多く、このセンターの魅力を知っていただくいい機会になればと思いながら、ドラム缶ピザを開始しました。

 

今日もスタートは、家族間のチームワークを高めるゲームから。心を合わせ手拍子をするゲーム。素早さと正確さが必要です。

今日の第1位は小学4年生のお子さんとお母さま。「コツは何ですか?」⇒「人数です」というドライかつ的確な返答がナイスでした!

 

ピザの肝となる生地作りは、所長のロバよりレクチャーです。

Img_3477 Img_3480

ベテランの商売人のようなトークとデモンストレーション。これを参考に作っていった各ご家族の生地もいい具合に仕上がっていきました。

Img_3492 Img_3535

トッピングのポイントは、細かく薄く。今日も包丁を握る手が緊張気味のお子さんもいましたが、ずいぶん手慣れた様子の子もいて、頼もしい限りです。

 

そして火つけ。これには皆さん、魅力を感じたようで、ほぼ全員がレクチャーに参加。

メタルマッチを手に着火です。

Img_3511 Img_3519

ドラム缶オーブンに関しては、昨日に引き続き、2家族合同です。

今日は火つけの魅力に取りつかれた少年たちがおり、「はじめまして」にも関わらず、一緒に薪を組み、協力して着火している様子が印象的でした。帰り際には、手をつなぎ、まるで3人兄弟のように歩いている姿がまた素敵でした。

Img_3628

さて、いよいよ「焼き」はじめ。

Img_3625

なかなかの灼熱地獄。しかし美味しいピザの為には必要な工程。でも熱中症も心配。やけども心配…。結果、各火おこし担当の皆さん、頑張ってくれました。

見てください!美味しそうなピザ!いや、美味しいのです。

Img_3566 Img_3609_20210504160301 Img_3616

この笑顔がおいしさを物語っています。

Img_3627 Img_3614 Img_3623

「早く食べたかったんだぁ」と言いながら、顔中ソースだらけでほおばる子どもたちがほほえましかったです。

Img_3585

 

明日は3日目。ご参加の皆様、道中お気をつけてお越しださい。

本日ご参加の皆様、ありがとうございました。

またお待ちしています!

 

坂口(ねぷた)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2021年5月 3日 (月)

5月3日ドラム缶ピザ焼き体験

今日も澄み切った青空が広がる中、木々の緑が映える天気となりました。

1620024246323

今年度、実施に踏み切ったドラム缶ピザには、たくさんのご応募がありました。ありがとうございました。

抽選で12組の親子のみなさんにお集まりいただきピザ作りがスタートしました。

 

これまでは、お集まりいただいたご家族同士がグループになり、コミュニケーションを取りながらワイワイガヤガヤ実施するピザ作り。

しかし、今年度は密を回避し、家族単位でピザ作りと食事が完結できる方法で運営をしました。

ピザ作りの行程は、役割分担で進んでいきます。親御さんお一人とお子さん二人のご家族はやる事が盛りだくさん!親子のチームワークが試されます。

 

行程のひとつは「生地作り」。

Img_3336 Img_3328

水加減、こね方のコツ、生地の柔らかさの目安などを教わります。

Img_3379 Img_3369 Img_3356

 

トッピングは、たくさんの野菜を切っていく作業があり、慎重に真剣に包丁を握る姿がありました。

 

ある程度ピザが仕上がってきたら、焼くためのドラム缶オーブンへの火入れ。すなわち火おこしです。

ドラム缶オーブンは、2家族合同で。着火の仕方はメタルマッチ!「メタルマッチって何?」と気になった方は、5月16日(日)の【親子ブッシュクラフト講座】へ!

Img_3398 Img_34031620024264946

火のおこし方、火の調整の仕方などを学び、いざ焼き作業へ!

火が入りすぎて焦げてしまったピザもあったようですが、各家族、それぞれ美味しそうに焼けたピザがほとんどです。

Img_3432 1620024235019 Dsc01147 Img_3443

親子でパクリ!

「正直、味は期待していなかったんです」という親御さんにもご満足いただける味だったようです。

Img_3428 Img_3448

Dsc01161_20210503165201

「思った以上に子どもが頑張ってくれました」、「子どもが主体的に動いてくれた」、など、家族単位だったからこその助け合いや成長がみられたようです。

明日も安全に実施できるよう、スタッフ一同準備を進め、皆様をお待ちしています。

坂口(ねぷた)

 

 

 

 

 

 

 

 

|

«黒川里山整備