センターの利用について

夏の利用についてたくさんのお問い合わせを頂いております。
センターでは新型コロナウイルス感染防止のため、当面の間施設での活動を以下のようにしています。



【プログラムについて】

活動は屋外のみとします。室内メインでの活動は禁止です。

野外炊事に関しては、従来通り実施可能ですが、プログラムの内容に関わらず以下の注意点に留意してご利用ください。

 

[共通ルール]

調理時のマスクの着用

調理器具等の使用前後の洗浄、消毒、手洗いの徹底

・野外炊事内の立入りは1区画最大4名まで

・コンパネテーブルの使用人数は、1枚に対して最大4人まで

・厨房の入室人数は最大6名まで

 

[雨天時]

・タープの下や室内において受け入れ人数を超える場合、「密状態」になるため、ご利用いただけない場合がございます。雨天時の別のプログラムをご検討ください。

(大タープ1枚 最大15人、中庭タープ 最大10名)

 

各プログラムの注意

[流しソーメン]

・隣の人との距離を1m以上保ち、左右交互に配置をし、密を避けて実施して下さい。

1本の竹に対して利用人数を最大10人までとします。(竹は2本使用できます)

麺をすくう箸と食べる箸を分けてご利用ください。(色や形状で分かるようにしてください)

・麺を流す人は、マスクと手袋の着用をお願いします。

 

[ドラム缶ピザ]

・作業台はドラム缶1台につき、2台以上使用して密着しないようにしてください。

・ピザを食べる際はお互いの距離を確保してください。

 

[バーベキュー]

・グリル(焼き場)の周りに大人数が集まらないようにしてください。

・使用人数は、ウエーバーグリル(円型)U字溝ともに最大3名とします。

・食べる際はお互いの距離を確保してください。

 

[キャンプファイヤー]

・大声での発声や接触を伴う活動はお控えください。

・雨天時のキャンドルファイヤーは10人までとします。


[五右衛門風呂]

・五右衛門風呂は、1つの釜に一人ずつ入ってください。お風呂の回りに沢山の人が集まらないようにしてください。

・必ず着衣で利用をしてください。水着またはぬれてもいい服をお持ちください。

 

[その他]

・テント泊を希望される団体は、テント内の狭い空間に複数の人が入らないように工夫してください。

 

なお、新型コロナウイルス感染症につきましては、日々状況が変化しており、今後の推移によっては新たな措置、対応となる場合があります。予めご了承ください。

変更点などは随時ホームページ等でご案内いたします。

みなさまにはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力賜りよう、よろしくお願いいたします。

|

2020年9月30日 (水)

BBQインストラクター初級/上級講習会10/3から募集開始

Dsc01298_edited
BBQインストラクター初級/上級講習会を11月に開催します!
初級は11月14日(土)、上級は11月15日(日)に実施します。

Dsc04484_edited 19bbq_jyo2

初級では、BBQの文化、歴史「野外焼き肉」と「BBQ」の違いなどを座学で学びます。その後は、スマートな炭のおこし方や分厚いステーキ焼き方などを実際に試食をして楽しみながら講習を受けることができます。お肉も美味しいですが、焼きたてのしいたけやピーマンが絶品なのでぜひ体験しみてください!
また、イベントの実施にあたり、感染症対策などをご参加の方にいくつかお願いしておりますので、あらかじめご了承ください。

申込開始は10/3の9:00からです。こくちーずプロ(https://www.kokuchpro.com/event/2020bbq_syokyu/)からお申込をお願いいたします!(片岡)

イベントの詳細はホームページ(http://www.kurokawa-yagai.com/9-syusai-sidousya.htm)をご覧ください。

|

2020年9月29日 (火)

樹木の消毒

センターもすっかり秋めいてきました。
今日は消毒会社さんによる樹木消毒が行われました。

Dsc07067_20200929172701 Dsc07066

特にグランド周辺の樹木、桜の木を中心に消毒をしてもらいました。

Dsc07063 Dsc07064

薪などは燃やして使うので消毒は避けてもらいました。
また室内の駆除トラップも交換してもらいました。
時々部屋の隅に置かれているのを見たことがある方も多いと思います。

Dsc07069 Dsc07056

こうして人に危害を与える毛虫や樹木を弱らせてしまう虫の駆除がきちんとされたことでしょう。ただし、柿などの食べられる実を取るのはしばらくご注意くださいね。(川村)

|

2020年9月28日 (月)

ピザ試作

本日はセンター利用時のキャンプでドラム缶ピザを検討している方と一緒に試作を行いました。
と同時に段ボールオーブンを使ってのピザ試作も行いました。
Sdsc07049 Sdsc07051


まずは生地作りです。
いつもは素手で行っていますが、今回は衛生手袋とジップロックを使った2パターンで実験。
予想ではもっと手袋に生地がくっついてしまうかと思ったのですが、全然問題なし!
通常通りのふわふわの生地をこねることができました。
Sdsc07045 Sdsc07044


具材はオリジナルのトマトベースに加え、マスタードを塗ったジャーマンポテトピザも作ってみました。
Sdsc07047 Sdsc07052


同時進行で段ボールオーブンにもピザを入れていきます。
炭火でじっくりと約8分かけて焼いていきます。
ドラム缶ピザとはまた違った歯ごたえのあるピザが焼き上がりました。
S22601


ドラム缶ピザは約3分でサクッと出来上がるので、どんどん焼きあがります。
ジャーマンポテトもマスタードの効いた大人味でとても美味しかったです。
Sdsc07053 S22600


段ボールオーブンでは和風照り焼きも焼きました。
仕上げに乗せた大葉がさわやかでとてもGOOD!!
ハマりそうな美味しさでした。
S1380


最後はデザートです。
今回は定番のバナナチョコと、白カビチーズとメイプルシロップのハーフ&ハーフピザにしました。
チーズとメイプルはワインが欲しくなる味でした(笑)
S22599


どれもとても美味しく、黒川のピザのおいしさを再確認しました。
段ボールオーブンのピザは身近にある材料で簡単にでき、かつ美味しいピザが焼けます。

センターではどちらも行うことできますが、おすすめはドラム缶ピザです。
ぜひ好きな具材を持ち寄っていただき、黒川のドラム缶ピザをお試しください。
(小川)


|

2020年9月27日 (日)

ボーイスカウト活動

ボーイスカウト川崎43団 ボーイ隊のメンバーが、奉仕活動の一環で、電車山の整備を行ってくれました。

 

入り口からのスロープの落ち葉を、熊手と竹ぼうきを使って綺麗に片付けてくれました。そして、集めた落ち葉を、センターまで運び堆肥場に積み上げてくれました。

120253441_1244930325875630_7147113393131

袋に詰め、かなりの距離を協力して運搬してくれました。落ち葉だけでなく、土も一緒に運んでくれたので、かなりの重労働だったと思います。

Dsc07027

山頂付近では、以前に切っ手積んであった竹の撤去を行ってくれました。

Dsc07036 Dsc07041

撤去した竹は、同じ長さに切りそろえ、半分に割って、次回の活動で薪として利用するそうです。

Dsc07020

最後にロープで束ねて、薪の完成です。

カマの使い方講習を受け、山頂付近の草刈りも実施してくれました。

  Dsc07029

 

みなさんの協力のお陰で、35年間も手つかずだった電車山が、魅力あふれるフィールドに代わっていく姿は、本当に素敵です。

今回整備をしてくれたボーイスカウトのみなさん、本当にありがとうございました。

 

もう少し、整備を進め、今度この場所でキャンプをしましょうね。

Dsc07019 

山頂からの景色も電車山の魅力です。

 

Dsc07034_20200927140901

途中にはアケビの実が食べごろになっていました。

 

センターではボーイスカウト川崎43団ビーバー隊が、焼き芋に挑戦していました。

センターでは、今シーズン初の焼き芋です。

120098643_1212369745800714_5437354111595 120196388_666583040645469_54788084070129

石焼き芋器とつぼ焼き芋器を使い、沢山の焼き芋を焼いていました。

Dsc07017 120109095_2767197753501969_7655799521251

こんなに焼き芋器が充実している施設は、ほかにはないでしょうね!

子ども達も焼きたての美味しい焼き芋をほおばっていました。

120199641_549235829201746_31980824570209

お芋をお持ち込み頂けば、石焼き芋もつぼ焼き芋も焚火で焼き芋も楽しんでいただけます。

いろんな焼き方で、焼き芋を楽しんでいただければ幸いです。(野口)

 

 

 

|

2020年9月26日 (土)

雨の避難者

皆さん、こんにちは。

すっかり気温も下がり、長袖の出番が増えましたね。

本日センターの外は、長い間雨が降っていました。

 

施設の点検をしていると、視界の端でちょろちょろと動く影が。

 

自然に囲まれたセンターでは、雨の日は生き物たちの雨宿りに使われたりします。

先日はオスのカマキリが窓に止まっていました。

 

今日のお客は、この子!

 

Img_3607

 

とても小さい子供のヤモリです!

爬虫類の一種で、名前は似てますが両生類のイモリとは別種。

 

広げた5本の指で、窓や壁に張り付きます。

普通の虫が貼り付けないガラス窓にも張り付く手足は、

専門の研究者が構造を研究しているほどに吸着力があります。

 

Img_3609

 

主食は小型の虫なので、明かりに寄ってきた虫を捕食します。

よく家の壁に張り付いているのも、止まった虫狙いなんです。

 

「家を守る」ヤモリ、「井戸を守る」イモリ、というわけですね。

 

……雨で避難してくる虫も狙ってるのかな。そんな気もしてきました。

 

ちょっと動きが鈍いのも、気温が低いせいでしょうか。

 

涼しくてほっとする反面、夏の暑さも少し恋しくなってきました。

 

しばらくは気温の変化が激しそうなので、みなさんお体に気を付けてお過ごしください。

 

大谷

|

2020年9月25日 (金)

秋雨でも平気!

秋雨と台風接近でしばらく雨天が続いています。でも自主保育の皆さんは元気にセンターへ来てくれています!
お昼ご飯をきちんと食べるために、まずは火起こしから!
”もへもへ~”と呼ばれる火口(ほくち)作りもお母さんだけではなく、子どもたちでも作っちゃいます。
麻ひもが無くなったら子どもたちが自分でナイフを使って切り出します。
火起こしだってメタルマッチで着けちゃいます。

Dsc06916 Dsc06920 Dsc06922 Dsc06924

雨だからと数日前から近くの公園で集めた松ぼっくりや、家で不要になった串や木切れも薪の代わりに使用して、これまた一度使って残った消し炭を再利用して湿った中でも火おこしできちゃいました。さすがです!

Dsc06932 Dsc06951 Dsc06943 Dsc06954_20200925171401

火が炭に回るまで、雨のグラウンドでひと遊び。頭にかぶる傘は両手が開いて便利そうですね。
ドングリを集めて工作したり、折り紙をしたり、泥だらけになってガケすべりをしたり、晴れの日でも雨の日でも子どもたちは遊びが止まりません。

Dsc06960_20200925171401 Dsc07007_20200925171401 Dsc06972_20200925171401 Dsc06994 Dsc07004 Dsc06978_20200925171401

しばらくすると野外炊事場のカマドの炭も良い状態になりました。
今日は飯盒で用意したお味噌汁や、おもちやウインナーでお昼ご飯を食べました。

Dsc06967 Dsc06999 Dsc06990 Dsc06973

そしてカマドの中には大きなアルミホイルのかたまりが入っています。
そうです、美味しいおやつ用の焼きいもです。
あたたかい焼きいもをみんなで分け合って、それはそれは美味しそうです。

Dsc07002 Dsc07006 Dsc07010 Dsc07016

雨が降ろうが服がドロドロになろうが全く慌てない、自主保育の埜の子(ののこ)さんたち、自然中で今日もいっぱい楽しみました!(川村)

|

2020年9月24日 (木)

ドリルビットホルダーをDIY

センターで使用するドリルビット(ドリルの刃)が、いつも使いたい時に見つからず、苦労するので、収納用のドリルビットホルダーを作ることにしました。

120073041_252098599425482_43194487682542

 

倉庫の収納を考え、40㎝に切った板を、電動ヤスリで磨き綺麗にしました。

120139299_1672468269576582_2819433855725 119962082_389972765500342_28221494305168    

 

綺麗になった板に穴をあけていくのですが、穴と穴の感覚を3㎝とし、穴をあける場所に印をつけドリルで穴をあけていきます。

ドリルビットにマスキングテープを貼り、深さ3㎝で止まるようにしました。これにより、穴が貫通するのを防ぐことができます。

120116787_4625192597521380_8004299753173120129154_351167899408351_12372431046294

 

36か所の穴が開きました。

この穴にドリルピットを刺して収納します。

列ごとに、木工、鉄鋼、その他の刃に分類して刺してみました。

119973749_318356166123043_28228607195240 120040277_336109267716289_41953518131507

 

このように収納すると、一目でドリルピットの刃がわかるので、使う時にも迷わず使うことができます。

使った後も、元の場所に戻せば良いので、次回使う時に倉庫をひっくり返して探す心配もなくなりました。

120014049_2715167672056311_2207580413230

 

倉庫にもピッタリ収まりました。

今日の作業はここまでとし、今後、板に直接、ドリオルの刃のサイズを書いて、使ったら同じ場所に戻すようにしたいと思います。(野口)

 

|

2020年9月23日 (水)

9/23 おさんぽくらぶ

Dsc06866
おさんぽくらぶの活動報告です。
本日は3人のお友達とどんぐり山探検をしました。

Dsc06864 
ぽっかりと小さな穴が空いています。
小枝をいっぱいさしてみました。
なんだか花火のようです。

Dsc06874 Dsc06868
山道に慣れてきたのか、どんどん進みます!
指をさして「こっち!」と崖登りに挑戦する子もいました。

Dsc06877
急なはしごも登ってみます。
子ども達から見ると足場の間隔もあり、垂直に見えます。
「できない、できない」とひるんでいた子も登ることができ、
「できた!」と喜んでいました!

Dsc06879 Dsc06883
水たまりをジャンプ!
連続でぴょんぴょんと上手に飛び跳ね、
まるでカエルさんのようでした。

Dsc06884
小雨のため、どんぐり山の斜面はツルツルです。
何度かすべり落ちながら上まで登り切りました。

Dsc06889
竹をコンコンと叩き、音を比べています。

Dsc06891
門の開け閉めに夢中になる子もいました。
お友達やスタッフのために、やさしく開け閉めをしています。

Dsc06894_20200923134701 Dsc06907
パレットに乗ってここでもジャンプ!
トランポリンみたいに跳ねて楽しみました。

最初は山を歩くのが拙かった子ども達が活動の中盤から走り回る姿が印象的でした。
2時間という短い間にどんぐり山での体の使い方を身に着けているようでした。
本日もご参加いただきありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。(片岡さゆさん)

|

9/23 のあそびくらぶ

皆さん、こんにちは。

本日はのあそびくらぶの開催日でした。

 

天候は曇り空でしたが、午前中に雨が降っていたので地面は濡れています。

 

Dscf5880

Dscf5883

 

 

どんぐり山の坂は大変滑りやすくなっていましたが、

ロープや手足を使って何とか登り切りました!

登り切った後はどんぐりを転がしたり、ソリで滑ったりして遊びます。

 

Dscf5923

 

次は泥エリア!

水と土を混ぜて作った泥で、思うがままの泥工作!

 

Dscf5924

Dscf5925

Dscf5906

Dscf5920

Dscf5908

 

Dscf5926

 

泥で作ったケーキの前で、記念写真をパシャリ。

木の枝を釣り竿に見立てたり、キノコをつついて遊んだり、

子どもたちの発想力にはいつも驚かされます。

 

Dscf5928

 

最後は綺麗手を洗って、おやつを食べて解散になりました。

 

雨なら雨なりに、楽しみ方が色々とあります。

お友達が知っていたり、スタッフが教えてくれたり、自分で思いついたり…

 

そんないろんな遊びを楽しめるのが、のあそびくらぶです。

 

次回の開催は10月7日、申込もすでに始まっています。

興味のある方はぜひセンターまでご連絡ください!

 

 

大谷

|

2020年9月22日 (火)

アートキャンプ!

皆さん、こんにちは。

本日は利用団体の方の活動の紹介です。

 

内容はアートキャンプということで、ダンスや詩、振り付けなどを行いました。

 

Img_8985

 

Img_8984

 

Img_8982

 

森の中の活動ということで、木や自然に触れる様子を見ることができました。

自然の中で、彼らの感性が程よく刺激されてくれたらいいなと思います。

 

現在、センターでは室内の活動をお断りさせていただいておりますが、

屋外でやるのも楽しいものです。

 

ぜひ、センターでの活動をご検討していただければと思います!

 

大谷

 

 

|

«秋の足音