2018年1月22日 (月)

黒川スキー場オープン!

Dsc06538 朝から降り始めた雪が、お昼過ぎには約10センチ積り、センター周辺は一面の銀世界となりました。

本日利用の自主保育「こめっこ」さんが、そりを持ち出しどんぐり山へ走って行きました。
Dsc06532_3 Dsc06518 カメラを持って行ってみると、そり遊滑りに雪だるま作りと雪国さながらの遊びを満喫いしていました。
どんぐり山の斜面がまるでゲレンデの様になっていて、そり滑りには最適な状況でした。
Dsc06524 交通機関への影響を考えると心配ありますが、子どもたちにとっては最高の遊び場になりました。(野口)

|

2018年1月21日 (日)

くろかわプレーパーク☆思いっきり遊んだ1日!

本日、『くろかわプレーパーク』を開催しました。
Dsc06506



参加者数は159名!
昨年の倍以上の方が、遊びにきてくれました~!
Dsc06254 Dsc06027 Dsc05951



「“やってみたい”をやってみよう!」を合言葉に、普段なかなかできない体験をできるのがこの『くろかわプレーパーク』♪

禁止事項が少ないため、思いっきり遊ぶことが出来ます。
ちょっと危険に感じるような事が、楽しかったりするんですよね~♬

さぁ、今日はこどもも大人も本気あそび!!

どんな遊びをしてもよいのですが、センターでは大きく5つのコーナーを用意しました☆

①【火のコーナー】

木や炭を使って火を起こせるコーナーです。
Dsc06295

ファイヤーサークルの火には、好きなように木や葉っぱなどをどんどん投入していくことができます。
大きな火になったり、小さな火になったり。
熱さや温かさを感じたりするのも、実際に体験してみることでこそ、感じられたはず。
Dsc05977




火遊びができる場所が最近は減ってきています。
大切にしたい遊びのひとつです。

それぞれが持ってきた食材をグリルで焼いている姿も楽しそう😃
手作りパンやおもちにウインナー☆
とうもろこし、手作りピザなど、楽しい工夫もいっぱいでした。
Dsc05939 Dsc06198 Dsc06109
Dsc06125 Dsc05981 Dsc06058




②【のこぎりコーナー】
のこぎりなど、様々な工具のあるコーナーです。
Dsc06120 Dsc05990 Dsc06371




Dsc06133 Dsc06321 Dsc06189





このコーナーでは、それぞれ作りたいものを、材料を自分で見つけて作ります。

本棚を作っている子や、車を作る子。
他にも、剱と盾・箱など思い思いの作品を作り上げていました。
工夫がすごい!!!
Dsc06318 Dsc06114 Dsc06472









こどもだけでなく、大人も真剣そのもの。

最後には、作った剣で、勝負だ~!!
Dsc06509




③【ブランコ/スラックライン】
黒川に設置したブランコは、真っすぐに進むだけではありません。
グルグルまわったりもしますが、それもまた楽しくって笑っちゃう~☆
Dsc06016 Dsc06389 Dsc06383 Dsc06477









Dsc06480 Dsc06141 Dsc06137









スラックラインも、色々な渡り方を楽しんでいました。
Dsc06251 Dsc06064









④【マシュマロコーナー】
参加者の方に配ったパンフレットがマシュマロ引換券になっています。
炭火で焼いて、クラッカーで挟むとあまじょっぱくて美味し~ぃ!
Dsc06056 Dsc05933




⑤【竹のジャングルジム】
今日来て下さったみなさんと一緒に作り上げました😊😊
Dsc05967 Dsc05969 Dsc06162









Dsc06264 Dsc06460 Dsc06269









こんなに大きくて立派な楽しいジャングルジムになりました!
お父さんの協力があってこそ、完成☆
2月のプレーパークに参加される方は、遊んでくださいね。
Dsc06083 Dsc06085 Dsc06086









次のプレーパーク開催日は、2月25日(日)です。
現在キャンセル待ちでの受付となりますが、ご興味ある方はお申込み頂ければと思います。
Dsc06463 Dsc06388 Dsc06168_2 Dsc06276









本日ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました!
またいつでも遊びに来てくださいね😊
(黒田やいも)

|

2018年1月20日 (土)

明日、プレーパーク開催!

明日は、『くろかわプレーパーク』!

昨年よりも参加者数がグッと増え、更に賑やかな一日になりそうです!!

もしも明日持ってくる食材を迷っている方がいましたら、火で焼いて食べると美味しそうなものがおすすめ♬
例えば、『おもち』『ウインナー』『おにぎり』『パン』『さつまいも』などなど・・・😊

もちろん、焼かずにそのまま食べられる昼食を持ってきて頂いてもOKです!
外で食べるごはんの美味しさは格別♬
みなさんがどんなものを持って来られるか、今から楽しみにしています。

写真は昨年の様子で~す。
Dscf6494Dscf6529 P1330210 P1330141





Dscf6537 P1330219 Dscf6557 Dscf6516





いっぱい遊んで、たくさん食べて☆
やりたいこと、やっちゃいましょ~う☆
※当日はグラウンドの一部に霜がおり、ぬかるんでいることが予想されます。
汚れてもよい靴で来てもらうと、気にせず遊べて、より一層楽しめるかと思います♬
では、明日はいっぱい遊びましょうね~!
(黒田)

|

2018年1月19日 (金)

黒川青少年野外活動センターってどんなところ?

本日は、川崎市立白鳥中学校2年生が職場体験に来てくれました。

Dsc05739
まず、なぜこのセンターを職場体験に選んでくれたのかを教えてもらいました。
「自然とふれあうことが好きだから」「あそぶことや子どもが好きだから」とのことでした。
センターに昔来たことがあるけれど何をしたかまでは覚えていない生徒さんと、ここの周辺のことはあまり知らないしセンターにも初めて来た生徒さん。
センターに来た経験がほぼなかったにも関わらず、自然・あそび・子どもが好きということでセンターを選んでくれたことを嬉しく思います。
Dsc05631

今日の流れや仕事の内容を確認した後、施設を管理する者として大切な利用者の方の受入準備の一つを。
「掃除はなんのためにする?」と聞くと「??」といった表情。
学校でも清掃はあるかと思いますが、何のためにするのかまで考える機会はなかなかないと思います。
「玄関は、このセンターの顔。ここが綺麗か汚いかで、このセンターの第一印象が決まる」と言うと、わかるようなわからないようなという感じ…。
「初対面の時、笑顔の人とむすっとした人、どっちの人が印象良い?」「私だったら、笑顔の人にまた会いたい。それくらい第一印象は大切。それは、施設管理も一緒でまた来たいなと思ってもらえるようにと常日頃考えながら仕事をしている」と聞くと「あぁ~、そういうことかぁ」とうなづいていました。
玄関の掃除も隅々まで丁寧に綺麗にしてくれました。
Dsc05628

その後は、センターで年間どのような事業をしているのかを玄関・ホールのチラシやパネルを使いながら、紹介しました。
700人越えのイベントやBBQ・冒険教育プログラムなどに興味を持ってくれたようです。
これから行われる大鍋まつりの大鍋の大きさや、冒険教育プログラムの4mの壁の高さを目の当たりにすると…かなり良いリアクションでした(笑)
Dsc05630 Dsc05633 Dsc05635 Dsc05637
くろかわ名物“どんぐり山”をぐるっと回り、午後行う竹柵づくりがどのようなものなのかをイメージしました。
その後は、本日利用している自主保育団体のおもちつき指導を見学・体験しました。
無くなりつつある日本文化のおもちつき…みんなで和気あいあいと楽しんでいました。簡単そうに見えるけど、実際やってみると意外と難しくコツが必要なこともわかったようです。
指導のお礼にとできたてのおもちまでご馳走になってしまいました。
おもちを頂いたことに最初は少し戸惑っていましたが「頑張ったご褒美だよ」と伝えると生徒さんも嬉しそう。にこにこクラブさん、お心遣いありがとうございました(^^)
Dsc05684 Dsc05659 Dsc05672 Dsc05690
昼食をはさんで、午後はロープワーク講習から実際の竹柵づくり。
ロープワーク講習は、時間制限有りのテストもあるので真剣そのもの!
楽しみながら、時に、真面目に、ロープワークを学んでいました。
学んだ結び方を即実践。どんぐり山の中の壊れてしまった竹柵を修理しました。
学んだものが形になることがとても印象に残ったようです。
「ロープワーク、家に帰っても出来そう?」と聞くと「これだけ練習したんで絶対大丈夫です!!」と自信に満ち溢れた嬉しい返答が。
今度センターに来た時は、大きなタープを立てましょう!
Dsc05639 Dsc05641 Dsc05694 Dsc05697 Dsc05707
Dsc05711Dsc05721Dsc05726 Dsc05731
最後に、メタルマッチでの火起こし体験をして、まとめとふりかえりへ。
「自然への関わりが減ってきた中、久々に自然と触れ合うことができた。センターの人が利用者の方に自然を知ってもらおうとしている姿がすごく良いと思った。」
「今まで部活でも、自然には触れ合う機会はあったけれど、今までと違った自然との触れ合い方を知ることができた」という感想を発表してくれました。
ロープワークが災害時の防災に役立ったり、竹柵を修理することが子どもたちの安全に遊べる場所づくりになったり…働くということはさまざな形で【人のためになること】だと考えています。今回、体験してもらったことが将来の夢にダイレクトに繋がるかはわかりませんが、今日という1日が将来について考えるきっかけとなればとても嬉しいです。
また是非、遊びに来てくださいね。
職員一同、お待ちしています。
(藁谷)

|

2018年1月18日 (木)

わくわくなピザ研修

Dsc05487Dsc05492本日は、川崎市内の「こども文化センター」「わくわくプラザ」の職員の方がドラム缶ピザ研修を行いにセンターへ来館しました。60名弱の方が集まり、賑わいをみせていました。
今日は、そんなピザ研修の様子をあげていこうと思います。
まずは、アイスブレイク(ちょっとしたゲーム)をやり、お互いに顔を知り、名前を知るところから始めました。その後、班に分かれて調理をしていきます。ピザにかける皆の思いは一つです。レッツクッキング!


Dsc05498Dsc05504Dsc05506各班、3つの役割に分かれます。
1つ目は火おこし係。まずは薪作りをして、火をしっかり起こさないと焼けません。薪の量で火加減も変わってくるダイナミックかつ繊細な仕事です。ピザを焦がさないように頑張ってください!
2つ目は生地係。美味しいピザは、生地の食感で変わります。各手順を丁寧に行うことで、生地はもちもちとひかり輝き、あなたの気持ちに応えてくれます。
3つ目はトッピング係。出来上がった生地に、彩りを加える係です。野菜はなるべく薄く切ると熱が伝わりやすくなります。また、美味しそうなピザはまず見た目からはいってきます。ピザをあなた色に染め上げてください。

Dsc05525Dsc05526トッピングまで終わったピザは、ドラム缶に差し込んだ鉄板の上で焼いていきます。専用のドラム缶で焼くと、大体3~5分くらいで焼けてしまうので、手軽に作ることができるんです。
焼けたピザはピザカッターで切って、できたてのうちに食べてください。できたてに敵うものはありません。
皆さんとても美味しそうに食べていました。この研修から、色んな方たちにドラム缶ピザの良さが伝わっていけばいいなと思っています。センターは、ドラム缶好きのあなたも応援します。





Dsc05530Dsc05534お話変わります。センターと道路の間の歩道に生えていた木を少し剪定しました。少し歩道に飛び出していた枝があり、目に入ったりしたら危ないので、そこの作業をさせてもらいました。ちなみに、剪定したのはアジサイです。梅雨の時期には綺麗な花を咲かせてくれますので、通りがかったついでに癒されてください!  (柏原)

|

各種麹が完成

4種類の麹が完成しました。

『味噌用の麦麹』
緑色の麹の花が咲きました。
26914295_330026927513771_619170217_ 26995104_330026904180440_1141490549





『味噌用の米麹』
白い麹の花が咲きました。

26914290_330026964180434_1130658222 26942886_330026980847099_1216358974





『醤油用の麹(小麦を使用)』
大豆に緑色の麹が付きました。
26941154_330027044180426_1818123125 26941049_330026987513765_1921486236





『醤油用の麹(強力粉使用)』
大豆に白緑色の麹が付きました。
26857224_330027070847090_1211192753 26856810_330027094180421_272893647_





同じムロで4種類の麹を仕込むのは温度管理が難しいのですが、今回は全ての麹を上手に作ることができました。(野口)

|

2018年1月17日 (水)

のあそびくらぶ~雨の日の火遊び~

本日ののあそびくらぶの活動報告です。

参加者…6名

今日揃ったメンバーは、雨や寒さに負けないのあそびっこ!
遊ぶ力もピカイチです☆
Dsc05393 Dsc05376




雨が降っていたので、雨具を着てスタート!
Dsc05334




いつもはお約束を確認してから遊び始めるのですが、今日は、木の上にボールが引っかかっているのを発見!
Dsc05349




(今日の利用団体さんがボールで遊んでいる時に、引っかけてしまったようです。)

こどもたちはそのボールが気になって仕方のない様子で、
お約束を確認するどころではありません。(笑)

ということで・・・まずはそのボールを落とす遊びからスタート☆
Dsc05353 Dsc05355









枝や石を投げてみたり、丸太を台にして乗ってみたり、試行錯誤…。
大人が手を出せばあっという間に取れるかもしれないボールですが、スタッフも利用団体のお母さん(自主保育団体さん)も見守っています。

ボールを落とすために自分で投げた枝が自分の所に落ちてきて、少し痛い思いをしたり。
思うようなところに投げられなかったり。
上手くいくばかりではありませんでしたが、それまでに様々なことを試してみる姿こそが大切にしたい姿です。
雨は、強まったり弱まったりでしたが、遊びに夢中になっているとそんなに気にならないのが不思議。
木々が傘になってくれているのもあるね♬
Dsc05338 Dsc05432 Dsc05367 Dsc05450




沢山ある丸太の上をバランスをとって歩いたり。
おがくずを集めて雪やきなこに見立てたり…♬
Dsc05371 Dsc05421 Dsc05411




雨の中でも『火遊び』~!
「雨だと消えちゃう。」と言っていた子もいましたが、
「やってみないと分からない!!」ので、やってみました。

実際に燃やしてみると、しっかりグリルの中で火がついています。驚
Dsc05435 Dsc05426 Dsc05436




「雨より火の方が強い!」と言う子も♬
やってみたからこそ感じられた気づきがあったようです。

こどもたちと一緒にいると優しい一面に出会うことも多いです。
木の枝が沢山あるところで、その枝がお友達にあたらない様に通る際それを束ねて待ってくれていた女の子。
その子は全員がそこを通りきるまで束ね続けてくれていて、一緒にいたスタッフはその姿にとても優しさを感じたそうです。
Dsc05407




あっという間に過ぎる2時間の中。
けれど、その中にこどもの色んな姿があります。

全てをブログでは伝えきれないですが、少しでもお家の方にのびのびと過ごしているこどもたちの様子を感じてもらえたらいいなと思ってブログを書いています。
Dsc05343 Dsc05434




1人1人、その日によっても様子が変わっていくことも認めながら、決めつけずに関わり続けたいと思います。
Dsc05469




寒さも厳しい頃ですが、冬も外遊び、楽しいよ☆
本日ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました!
(黒田やいも)

|

各種麹の途中経過

昨日仕込んだ麹が順調に育っています。
Dsc05312_2 Dsc05295_2 Dsc05296米麹は、かまぼこ型のままひっくり返しました。このまま夕方まで置いて平らにならします。


Dsc05299 Dsc05297 Dsc05298麦麹は、人肌以上に温度が上がっていたため、手返しをして温度を下げ、ムロに戻しました。


Dsc05304 Dsc05307小麦で仕込んだ醤油の麹は、大豆に白く麹菌が繁殖していました。手返しを行いムロに戻しました。



Dsc05303 Dsc05300強力粉で仕込んだ醤油の麹も、大豆に白く麹菌が繁殖していました。同じく手返しを行いムロに戻しました。



お昼と夕方に麹の状態を確認し、順調にいけば明日には麹が完成する予定です。(野口)

|

2018年1月16日 (火)

発酵食のススメ~神奈川シニア自然大学校講座より~

今日は、神奈川シニア自然大学校の入門コースの講座がありました。

テーマは、「日本の食文化~発酵食のススメ~」です。
Dsc05216




Dsc05217講師は、当センター所長です。
法被を着て登場!
そこには、「発酵食」を始めとするいろいろな文字が書いてあります。


Dsc05218 Dsc05220
まずは、米と麦を蒸すところからです。
それぞれ、50分間蒸します。
せいろに入れるのもコツがあります。


Dsc05222
蒸すのを待っている間に、麹の作り方について、説明をします。
自宅でも、ホットカーペット等を使って作ることが出来ます。
米麹と麦麹は、温度のあがり方が違うので、注意が必要です。


Dsc05223 Dsc05227 Dsc05228 Dsc05229 Dsc05231 Dsc05226_2





”ききみそ”ならぬ、みその食べ比べです。
昨年仕込んだ米味噌、昆布を入れただし入り味噌、2年ものの米味噌、麦味噌と、それぞれ少しずつ味が異なります。
新鮮な大根につけていただきます。



Dsc05224_2 Dsc05232Dsc05235
いよいよ、麹づくりです。
蒸し上がった麦と米を人肌に冷まし、糀菌をまぶします。

Dsc05241 Dsc05242 Dsc05243
麦麹は、平らに敷き詰めます。



Dsc05246 Dsc05248 Dsc05249
米糀は、かまぼこ状に。



Dsc05251
そして、ムロに運びます。
こちらも、自家製のムロ。
ホットカーペットと寝袋で作った、黒川独自のムロですが、
同じように、自宅でもできます。
Dsc05256 Dsc05257 Dsc05259Dsc05263




午後は、講義からスタート。発酵食の効果、よさ、腐敗と発酵の見分け方などの説明がありました。

そして、所長が仕込んだ、調味料の味見タイム。
酢の酸っぱい匂いが充満していました。
一瞬、ぎょっとする見た目のものもありましたが、一応、味は、酢でした。

今日は、国際自然大学校の指定管理者研修の皆さんも、講義を聴講され、
大賑わいでした。


Dsc05269 Dsc05267 Dsc05270Dsc05273





今日は、しょう油の仕込みもしました。
小麦粉と麦を煎るところからスタート。
↑Before (色をよく見てください)

↓After

Dsc05272Dsc05276
しばらく煎るとこんな色になりました。
部屋中、香ばしいにおいに満たされていました。





Dsc05279Dsc05280 Dsc05281_2小麦のものは、潰します。
すりこぎと、コーヒーミルを使いました。



Dsc05282 Dsc05285 Dsc05287厨房では、3時間火にかけた大豆が蒸し上がっていました。
親指と小指でつぶせるくらいやわらかいのが、要です。



Dsc05289 Dsc05290 Dsc05292




小麦に、麦麹菌をまぶし、それを人肌に冷ました大豆に混ぜて、ムロへ。
一晩ねかせます。

麹も醬油も、3日間かけて、手返しをして、仕上げていきます。
その様子は、またブログで紹介しますね。

Dsc05294
最後にまとめをして、解散となりました。
知れば知るほど、奥が深い発酵食。
なかなか麹から自分で作ったり、しょう油を仕込んだりすることは少ないと思いますが、日本の食文化と密接につながっていますね。

ぜひ、皆さんも発酵食を取り入れてみてください。(高柳)

神奈川シニア自然大学校では、現在、入門コースの受講生を募集しています。
こちらもホームページもぜひご覧ください!!→ 神奈川シニア自然大学校

|

2018年1月15日 (月)

【1/21くろかわプレーパーク】順次キャンセル待ち繰り上げ中です!

定員を超える申し込みを頂いているくろかわプレーパーク。
スタッフ増員が確定しましたので、定員を増やすことが決定しました。
Dscf6552

先週より、キャンセル待ちを頂いてる皆様に繰り上げのご連絡をさせて頂いております。
連絡がまだ来ていないという方は、不在で留守番電話に繋がらなかった方の可能性が高いです。
その場合、折り返しのお電話を頂けると幸いです。
(注意:2/25の繰り上げは現在調整中です)
4


開始時間や持ち物などの詳細は、黒川青少年野外活動センターのホームページ、もしくは、チラシにてご確認ください。
おっと…楽しむ心も忘れずに(^^)♪
3
ご不明な点がありましたら、お気軽にセンターまでお電話ください
TEL  044-986-2511
(藁谷)

|

«冒険教育プログラムとお芋の香り