2021年7月29日 (木)

まさかそこから……?

皆さん、こんにちは。

 

本日はちょっとした事件を紹介します。

 

「事件」と聞くと、少し身構えてしまうかもしれませんが……

たいしたことではないです。「そんなことあるんだ~!」という驚きがありました、ということですね。

 

 

ツリークライミングという、木登りの技術があります。

木の枝にロープを引っ掛けて、色々と道具を使って木登りを楽しむ技術です。

 

この最初のステップである、『上の枝にロープを引っ掛ける』。

 

これ、どんなやり方でやると思いますか?

 

 

 

 

当然、脚立を使うわけでも、棒を使うわけでもありません。

 

重石をつけた細いロープを投げるんです。

 

私も何度か投げたことがありますが、これが難しい。

 

コントロール力は自信満々でなくとも、それなりにできる方だと思っていたんですが……

 

頭上の木を見上げると、遠近感が掴みづらいんですね。

「あれっそこじゃない!」も「全然届かないで落ちてきた(笑)」もありました。

 

さて、センターの木は、枯れて折れた枝が絡まっていることがあります。

 

そんなときも、ロープを投げて引っ掛けて、引っ張って落とすことがあります。

 

もちろん、周囲の安全を確認してからです。

その日も、折れた桜の枝を回収するべく、職員が重石付きロープを投げました。

 

 

すると重石はべきべきと枝を折りながら突き抜け……

 

Img_4919

 

えっクワガタ……?

 

そうです、ノコギリクワガタが落ちてきたんです。

 

虫好き少年だった記憶がある方ならわかると思いますが、

我々にとってクヌギやコナラは蹴り飛ばすものです。

 

そして全く落ちてこないクワガタ、カブトムシに肩を落として帰る。

もしくは諦めきれずに二度三度と蹴りを入れる。

 

それは木の上にクワガタが「いるかもしれない」と思っているからですが…

 

正直、勝率は高くありません。

何も落ちてこないどころか、木が揺れずに足を痛めただけなんてこともしばしば。

 

 

 

なのに、なんとサクラの木からノコギリクワガタが落ちてきたんです。

 

いえ、たいていの人にとっては「ふーん……」で終わる話でしょう。

 

しかし、私にとっては、ちょっとした驚きだったのです。

何を思って桜に止まっていたのか、ちょっと休憩してただけだったのか。

 

Img_4921

 

真相は彼のみが知っています。

またどこかで会えるといいですね。

 

 

……桜の木肌にクワガタって、やっぱりちょっと違和感あるなぁ……

 

あ、ところでなんですが、センターの木は蹴らないでくれると嬉しいです。

木が弱ってしまいますし、それに先ほど言った通り勝率もよくないです。

しかも蹴りすぎると、上の枝が落ちてくるかもしれません。

無理に探さず、「会えればラッキー!」くらいの気持ちの方が、

彼らと出会えると思いますよ!

 

 

 

大谷リオ

|

2021年7月28日 (水)

PM16:00の黒川

 本日のブログは音を感じていただけたら…と思います。


 今日も夏空が広がる黒川。
午前中はミンミンゼミの大合唱が響き渡る黒川。「み~んみんみんみ~~~ん!!」という鳴き声を聞くと、
「夏だなぁ。今日も暑いなぁ。」と感じませんか。

20210728_153917 

 暑さの峠を越したPM16:00過ぎ。
気が付くと「りりりりりりりりぃ~~~~~」という鳴き声に。
ヒグラシの合唱のスタートです。

20210728_153726  

 別日で大谷(リオ)がセミの姿を探していましたが、この日も鳴き声はいたるところでしますが、姿は見えず…。
セミの姿を掲載できず、寂しいブログですが、「涼しい風が通り抜ける森の中、大合唱に浸る~♪」をイメージをしてお読みいただけたら幸いです(^_^)



舘野



 

|

2021年7月27日 (火)

たちばなフェスの準備完了!

明日、7月28日に川崎市高津区の橘公園で行われている「たちばなフェス」に出店します。

<木工作にチャレンジ>と言うテーマで、間伐材を利用して作る木のスプーン・フォークや竹のカップ作りを行います。

216965124_4180436735403038_4698917365478 223516272_320318526495149_51979100502503

お近くの方、お時間のある方、橘公園まで遊びに来てください。

水遊びのコーナーもある様です。笑

 

準備としては、先日切った木の枝にドリルで穴あけを行ったり、竹を車に入るサイズに切って詰め込みを行いました。

223144135_521403529122884_38089980603385 223583056_2399654683500895_7601731857493

スプーンやフォークを差し込むときに使うバトニング用の棒も手作りしました。

215113037_4400923573287847_3053100571743

 

ただの棒と間違えられ、捨てられたりしない様に、紐を付けて、焼き印も押しまし。

223991157_4258800044206242_6683881140943

また、会場の雰囲気を作るために、間伐材を利用してクラフト看板も手作りしました。

218234263_868310677446760_61562029872344

これで、準備万端です。

明日は多くの方に遊びに来ていただけると嬉しいです。

詳しくは、「たちばなフェス」で検索してみてください。

10時から16時頃までいるのでお立ち寄りください。

皆様のお越しをお待ちしています。野口

 

|

2021年7月26日 (月)

キャンプファイア用トーチを作りました。

センターには子どもの声をかき消すほどのセミの大合唱!
事務所にいると「みーん、みーーん、みーーーん!!!」(夏ですよー聞いてますかー?)と威勢のよい鳴き声に集中力を奪われます…。

今年も遠出や長期キャンプが難しいですが、子ども達のかけがえのない夏休みの時間を、黒川で過ごしてくれる団体様が多くいます。
みなさん計画している活動の一つとして楽しみなのが、キャンプファイア。

夜に外で過ごす…ただでさえワクワクする特別な時間。
仲間と大きな火を囲めば楽しさ倍増!

今日はそんな時間を演出するトーチ棒を作成しました。
施設整備で剪定した木の枝。なるべく真っすぐなものを選び、木の枝や節を切り落としトゲなどが刺さらないように加工。

 2_20210726152601
4_20210726152601
その後、古布や雑巾を枝に巻きつけます。
このとき、できるだけきつく、布が燃え落ちてこないように巻き付けるのがポイントです。
最後にワイヤーでしっかりと固定すれば完成。
3_20210726152601 1_20210726152601

20210726_135916 
木の種類も様々なので、重さや太さも個性のあるトーチ棒ですが、使用するお子様の学年に合わせて長さを2種類用意しました。
トーチ棒は350円で販売しております。
ご希望の方は事前にお声掛けくださいね!

 

舘野

 

|

2021年7月25日 (日)

今日の木

皆さん、こんにちは。

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

センターも容赦なく日光が降り注ぎ、利用者の方も日陰を選んで活動中です。

 

さて、センターの日陰といえば、森の中です。

 

もちろん建物の中でも日差しは遮れますが、

森の中に入れば明らかに空気が違うのがわかります。

 

風が吹き、『熱が籠る』ということがないんですね。

 

そんな日陰を作ってくれるのは、青々と葉を茂らせた木です。

『木陰』なんて言葉があるんですから。

 

前置きが長くなりました。

木にも寿命があり、そして風や雨で枝を落とします。

時には、人間が切ることで、本体の太い幹を生き延びさせることもあります。

 

そんな枝たちは、再利用されることで生まれ変わるのです。

 

Img_5326

 

 

今日は、生まれ変わるための下準備。

ちょうどいい長さに切り揃えられて、出番を待ちます。

 

Img_5329

 

Img_5333

 

もう、何になるのか想像がついた方もいるのではないでしょうか?

 

そうです、これは木のスプーン、フォークといった食器になります。

 

また完成品は、ブログに写真があがることでしょう。

 

さて、センターには様々な種類の木があります。

普段なんとなく眺めている木も、よく観察すればそれぞれ特徴があります。

 

Img_5336

 

葉っぱの形や木肌の違い、色に匂いに伸び方まで。

 

お気に入りの木を見つけて、自分だけの食器にできたら素敵ですよね?

 

Img_5340

 

1日ごとに気分を変えてもいいかもしれません。

 

そんなわけで、「今日の木」でした。

 

 

センターの木々を、観察して歩くのも発見があって楽しいですよ!

 

 

大谷リオ

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2021年7月24日 (土)

ニイニイゼミの羽化の後

Dsc01817

先日のブログでセミの抜け殻のご紹介をしましたが、

丸くて小さく黒っぽい抜け殻について詳しい方にお聞きしたところ、

ニイニイゼミの抜け殻と判明しました!

ニイニイゼミの抜け殻の特徴は

・小さくて丸っこい

・全体に泥がついている

・木の低い場所で抜け殻を見つけることが多い

なのだそうです。

今回は特徴が全部当てはまっていました。

 Dsc01818 

また、抜け殻の近くの地面に1.5cmくらいの穴が空いています。

この穴、恐らくニイニイゼミが地中から出てきたときのものだそうです。

セミが空けた穴は大体指が入る程度の大きさとのこと。

Dsc01820

ニイニイゼミは穴から羽化のために止まる木まで、あまり長距離を移動しないそうです。

写真の黄色の丸は、出てきたと思われる穴とセミの抜け殻です。

この黄色い丸同士の距離は約1メートルくらいでした。

1つの抜け殻から、ここから頑張ってでてきたのかなという道をたどれるのですね。

セミの抜け殻を見つけた時は、近くに穴があるかぜひ探してみてくださいね。(片岡)

|

2021年7月23日 (金)

7/23 特別開催いちにちのあそび

皆さん、こんにちは。

本日は実は、いちにちのあそびの追加開催日でした。

 

7/10のいちにちのあそびに、非常に多くのご応募をいただき、

定員を大きく上回ってしまったので、追加で開催いたしました。

 

11名の参加者にお集まりいただき、夏本番が始まる前の黒川を楽しみました!

 

Img_5172

 

午前中は隣の電車山へ探検!

久しぶりに来る子も、初めて来る子もこの先に何があるのか、わくわくです。

 

Img_5204

 

広がったのは、夏前で大きく育った竹!

センターの竹とは種類が違い、高くても3mほどの若竹がにょきにょき生えています。

 

みんなの視界を遮って、ここを抜けるとどこに着くのかな?

 

想像が膨らみます。

 

Img_5193

 

竹のトンネルを潜り抜け……

 

Img_5206

 

でかいキノコ発見!

 

Img_5180

 

ハート型の葉っぱも見つけました。

 

Img_5196

 

どんぐりだっていっぱい落ちています。

目指せ100個!

 

Img_5216

 

整備で切り倒した竹を使って、基地作りの始まりです。

 

Img_5247 Img_5252

 

完成した基地の前後で写真をパシャリ。

お洒落な基地ができましたね!

 

 

Img_5210

 

樹液にカナブン集合中……

おっと根元にもいますね。写真を……

 

Img_5212

 

飛び立つ瞬間を偶然撮影。速い。

 

日も高くなってきたので、センターの工作室に戻って、お昼を食べました。

 

まだまだ夏はこれからこれから。

暑さにやられないよう、しっかり休憩してから遊びましょう!

 

Img_5261 Img_5266

 

というわけで、スヤスヤゴロゴロタイム。

 

寝ないまでも、涼しい場所で横になるだけで、だいぶ体力は回復します。

 

子どもたちは「早く遊びに行きたい!」の大合唱でしたが……。

安全に、めいいっぱい、夏を楽しむためには、ペースが大事ですよ?

 

Img_5287

 

少し休んで、今度はどんぐり山で遊びます!

輪切りの丸太の上は、彼らにとっては魅力的なアスレチック。

キノコに驚きながら、軽快に渡って遊びます。

 

さてさて、向こうに行ったチームは何をしてるかな……

 

Img_5273

 

お? どうやら何か見つけたらしい。

 

夏ですからね、カマキリでもいたかな……

 

Img_5275

 

カ、カブトムシだーっ!?

 

ま、マジか。センターでオス成体のカブトムシを見たのは初めてです。

いるだろうとは思っていましたが、その数は少ないはず。

まさか狙ったわけでもないのに、こんな真昼間から……

 

ねらってもほとんど姿を見せないカブトムシくんが、まさかこんなあっさりと。

 

Img_4974

 

なんとなく、少し悔しい気もします。

 

Img_5302

 

これは蜘蛛の糸を渡るカマキリです。

これももちろん珍しい光景ではあるのですが、カブトムシに衝撃をすべて持っていかれました。

 

 

……いるんだな……。

とはいえ、ほぼ毎日出勤している職員たちの間でも、センターでカブトムシの成体を見るのは稀。

 

クワガタはちょこちょこ見ますが、カブトムシは非常に珍しいです。

 

今日この日、特別開催しなければ、きっと出会うこともなかったでしょう。

 

カブトムシの発見で、子どもたちのハンティング魂に火が付いたのか。

そのあとはひたすらカマキリの捕獲作戦でした。

 

捕まえたカマキリは、逃がすかおうちで飼ってあげてね。

 

Img_5309

 

最後はいつも通り、おやつを食べて解散になりました。

 

 

8月中は森のようちえんを開催しないので、次回開催は9/8になります。

9/8、22が水曜のあそび、18日がいちにちのあそび(土曜)です。

 

 

水曜のあそびは8/10から、いちにちのあそびは8/20から受付開始になります。

 

オンラインでも受付できるよう調整中ですので、また続報をお待ちください。

 

それでは、また皆さんとお会いできる日を楽しみにしております!

 

 

大谷リオ

|

2021年7月22日 (木)

秋と夏の実

本日は海の日。センターではブルーシートと空の青が広がっています。

Dsc01804 

Dsc01805Dsc01807

梅雨が明け、すっかり夏になったなと思っていましたが、

ふと木を見上げてみると柿の実がたくさん成っていました。

しかも、すでに結構な大きさに育っています。

夏になったばかりと思いきや、その直後に秋の気配を感じて少し驚きです。

Dsc01809 Dsc01810

グラウンド脇に植えてあるミニトマトたちもたくさん実っています。

夏らしいものもあってほっとしました。

緑色のものが多いので、これから熟して美味しいミニトマトがどんどん取れそうです。

植物たちはそれぞれ自分たちのペースで成長して実をつけ、次の季節へ準備しているのだと改めて感じました。(片岡)

|

2021年7月21日 (水)

セミの抜け殻

皆さん、こんにちは。

梅雨も明け、暑い日が続きます。

熱中症などには十分注意してくださいね。

 

セミの鳴き声も日を追うごとに大きくなり、夏の訪れを感じさせます。

 

センターで昼間鳴いているのは、アブラゼミが多いです。

こげ茶色の翅を持つセミは、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに世界的に見ると、『翅が透明ではない蝉』は結構珍しい部類だそうです。

 

……こんなにいるのに?

 

Img_5166

 

見慣れたアブラゼミの抜け殻です。

 

何気なく外を歩いていると良く見つかりますが、探すと意外と苦戦しました。

 

もしかしたら、遊びに来る子供が回収してるのかもしれません。

 

子どもの頃、セミの抜け殻を集めて自由研究をしたことを思い出します。

 

センターにいるセミはアブラゼミだけではありません。

夕暮れ時になると、「カナカナカナカナ……」と鳴き声が聞こえてきます。

 

そう、ヒグラシです。

 

Img_5157

 

おそらくこれがヒグラシの抜け殻です。アブラゼミよりも小柄で、色が黒い。

 

どうもまとまって出てきているらしく、1本の木に3匹の抜け殻を見つけました。

見慣れた茶色の抜け殻よりは、ちょっと珍しいものを見つけて嬉しい気持ちです。

 

野外トイレ前の木についてましたので、興味のある方は探してみてくださいね!

 

 

 

大谷リオ

|

2021年7月20日 (火)

大人のためのダッチコーヒー器作り

本日、「大人のためのダッチコーヒー器作り」ワークショップを行いました。

218239152_204038524869997_61975151322374

コロナの影響と平日昼間という事もあり、参加者は3名!

良い意味で、密に学べるワークショップとなりました。笑

 

1人1台ダッチコーヒー器を作って持って帰っていただくため、

まずは、板の加工からスタートです。

Dsc01774

角から2CM内側に印をつけ穴を開けます。3枚がずれないように穴をあけるのが重要なので、包装用ラップを撒いて、ずれを防止しました。

Dsc01775_20210720133801 

続いて板に大きな穴を開けます。この部分に瓶が入るようになります。

Dsc01777Dsc01779

続いて中くらいの穴を開けます。ここには瓶の先が刺さるようになります。

Dsc01781Dsc01782

穴があけ終わると、紙やすりで角を落とし、組み立てを行います。

ナットの向きが逆になったり、最初は少し混乱していましたが、コツがわかると、スムーズに組み立てが進んでいきました。

Dsc01787

Dsc01789

Dsc01788

組み立て完了。ダッチコーヒー器が完成しました。

 Dsc01798_20210720135401

最後にアイスコーヒーを飲みながら、ダッチコーヒー器の使い方をレクチャーして終了となりおました。

Dsc01802 Dsc01801

約5時間かけて点滴の様にゆっくり落とすダッチコーヒー。

夜にセットしておけば朝には、クリアーで美味しいコーヒーが出来上がっているはずです。

今日から、ダッチコーヒーライフを満喫してくださいね。(野口)

 

|

«薪割りを学ぶ