2019年8月22日 (木)

どんぐり山の様子

夏真っ盛りも峠を越したようです。少し日中もすごしやすくなりました。

Dsc07166 Dsc07174

森の中に入ってみると、夏の昆虫のナナフシの幼体やジャノメ蝶、秋の昆虫の赤トンボが混生しています。夏終わりと秋の始まりの季節になったみたいですね。

Dsc07162 Dsc07161

今日は、昨日野外活動をしていた時に、どんぐり山の奥の方で大きな物音がしたのでどんぐり山の脇の散策道へ様子を見に行きました。散策道を周囲によく目を凝らして歩いてみました。すると5mほどの長さの大きなコナラの枝がさかさまになって立っていました。昨日の物音はこの大枝が折れて近くの枝をなぎ倒しながら落ちた時の音のようでした。

Dsc07164 Dsc07170

特段強い風や雨があったわけでもなく、突然大きな音をたてて折れたようでしたので虫食いや立ち枯れなのかと、折れた部分をよく見て見ましたが、原因はわからずじまいでした。
とりあえず逆立ちのままの大枝は危ないので、枝を横に倒しておきました。

Dsc07171 Dsc071682

なぎ倒された小枝はまだ木に下がったままだったので少し引っ張ってみましたが簡単には落ちてきませんでした。センターの敷地外ではありますし、索道からは外れているので近づく人は少ないと思います。でも近いうちに台風が来る前には小枝も安全に地面に倒しておこうと思います。(川村)

 

|

2019年8月21日 (水)

AEDの交換と小児用パッドの設置

Dsc07156
本日はAED本体の交換と、新たに小児用パットを設置しました。
AEDとは自動体外式除細動器のことで、突然心肺停止した人がいた際に、周囲の人々で応急手当ができる医療機器です。
年々駅や町で設置してある場所が増えているので、見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。

Dsc07153 Dsc07154 Dsc07155
AEDには元々成人用のパッドがついています。小学生未満の子どもにAEDを使うときは、小児用のパッドに付け替えます。
実は、成人用のパッドは子どもにも使えますが、小児用パッドを大人に使うことは電力が弱いため使えません。
小児用パッドは成人用の1/3~1/4程度の電力を送ることができます。

電気ショックをするかどうかは、AEDの機械が自動で判断します。操作する人が判断することは何もありません。
そのため誰かが倒れてしまい、心肺停止になったか分からないときは、まずAEDを取り出してパットを付けてあげてください。
AEDは受付前に置いてありますので、万が一の時は迷わず使ってください。(片岡)

|

2019年8月20日 (火)

ドライトマト製作

まだまだ暑さが続いています。
そのおかげでセンターでは連日のように流しそうめんのご利用も続いています。
本日も2つの団体の方々が流しそうめんを楽しまれていました。

Dsc07127 Dsc07125

さて、今日はミニトマトでドライトマトを作ることにしました。

Dsc07126 Dsc07136

ミニトマトをヘタを取り除いて4つに切り、日光に当てます。

Dsc07137 Dsc07140

少し乾燥したところで、ネットに入れて風に当ててさらに乾かします。

Dsc07142 Dsc07148
Dsc07151Dsc07143

これから数日かけてしっかり乾燥させて、保存食にして夏以降もトマトを楽しんでみたいと思います。 
出来上がりが楽しみです。(川村)

|

2019年8月19日 (月)

秋のイベント情報!

まだまだ残暑厳しい日が続きますが、今日は涼しい秋のイベントのお知らせです!


★黒川森のようちえん「おさんぽくらぶ/のあそびくらぶ」

黒川の豊かな自然の中で、こどもたちの『興味関心』に最大限に寄り添い、遊びます。
9月から下半期がスタートします!すでに9月分の申込みが始まっていますので、参加ご希望の方はお早めにください。

詳細はセンターHPの専用ページからご覧ください。

 〇おさんぽくらぶ
 http://www.kurokawa-yagai.com/91-syusai-youjiB.htm

 〇のあそびくらぶ
 http://www.kurokawa-yagai.com/91-syusai-youjiA.htm
Ssdsc01300 Sdsc04064


★野外料理のプロ太田潤直伝!ダッチオーブン講習会


野外料理のプロから学ぶ、ダッチオーブン講習会です。
基礎から本格アウトドア料理と幅広い知識と技術が得られます。

詳しくはセンターHP専用ページをご覧ください。
http://www.kurokawa-yagai.com/9-syusai-sidousya.htm

S1


みなさまのご参加、お待ちしています!

(小川)

|

2019年8月18日 (日)

BBQコンテストへ向けてお肉の焼き方練習中

Dsc07122
本日は日本BBQ協会のみなさんが、アメリカのコンテストに向けてお肉を焼く練習をしています。

Dsc07104_edited
6時間かけてスモークをかけたチキンは柔らかくて食べ応えもばっちりです。
味見したところ十分美味しいと思いましたが、
コンテストに出すにはもっとしっとりさせて焼き上げる必要があるのだそうです。
見た目も大切で、チキンの皮が肉に被さってきれいに残っているものが成功です。
 Dsc07105_edited
少し強火で焼いて縮んでしまったものはコンテストの審査には出さないそうです。
とはいえ、食べるには十分な美味しさでした!

 Dsc07119_edited
会長が開発した新作のBBQソースでお肉の味付けをしていました。
トマトソース味とスモークソース味です。
他にも、アップルとチェリーとハバネロの入ったアメリカのソースも使用していました。

Dsc07120_edited
スペアリブも骨から肉がするっと離れて、柔らかく仕上がっていました。
「BBQのお店でもこんなお肉は出てこないよ!」とのこと。
長時間じっくり張り付いて温度を調節しながら焼いているため、
お店だとここまで手の込んだ調理は中々できないのです。
Dsc07108
手間をかけた贅沢なBBQを見ることができました。
コンテストは来月中旬にアメリカで行うそうです。
黒川から健闘をお祈りしています!(片岡)

|

2019年8月17日 (土)

アウトドアから学ぶ麻生区の防災講習会

今日は『まごころキッチンプロジェクト』さんが防災講習会をセンターで開催していました。『まごころキッチンプロジェクト』さんは”もしも”の時に備える緊急災害時飲食提供店ネットワークで、夏休みの機会に親子で防災の知識や経験を身に着ける練習の場としてセンターでの講座となりました。
Dsc06971 Dsc06972

アウトドアから学ぶということで講座のトップバッターとしてセンター所長のロバさんも講師で登壇しました。とはいえ午前中から気温が高く、室内での実習でした。今日のような暑い日差しの時に役立つ、タープを張るために必要なロープワークの練習からスタート!
Dsc06991 Dsc06997

強く結べるのにほどきやすい、「本結び」、木や棒杭にロープを結びつける「巻き結び」、ロープの長さを調整できる「自在結び」の3つのロープワークをまずは実習しました。そしてこの3つの結び方を使って簡易タープを立てる練習も行いました。
Dsc07007 Dsc07035
Dsc07039Dsc07040

続いての講習はガリバーさんによるキッズ防災実習でした。
動物たちの動きをまねして子どもたちがいざというときにすぐに行動できるような勉強や被災時に存在を知らせるために大声を出したり笛を吹く練習など周りに気兼ねすることなくセンターで練習しました。防災用の笛は競技用の笛と違い水にぬれても鳴らすことができるので防災用品として手に入れておくといいかもしれません。
Dsc07048 Dsc07049
Dsc07057 Dsc07051

次はみいさんのポリCOOK料理教室で防災ご飯の実習でした。加熱調理可能なポリ袋を使ってご飯を炊く練習や乾燥食材にドレッシングをかけて作る副菜の調理実習をして、レトルトカレーをあたためて今日のお昼ご飯にしました。
Dsc07068 Dsc07075 Dsc07087 Dsc07089
無洗米とお水をポリ袋に入れてお鍋で30分煮ると炊き立てご飯になってしまうんですね。そしてお水が限られているときはトマトジュースや麦茶など飲料でお米を焚いても良いなんてちょっと意外でした。
Dsc07079 Dsc07090  

お昼ご飯の後は座学で麻生区の防災地図を見たり、どのような救急用品を用意するかなど基礎的なことをマスターさんから学びました。基本的な防災情報はネットで検索すると山のように出てきますが、いざというときに役に立つ実用的な情報を選択するのが重要だそうです。
Dsc07092 Dsc07095 Dsc07096 Dsc07097

2つ目の座学は避難リュックに何を入れるのかゲームで120品ほどの日常用品から家族1人づつ8品を選ぶゲームを行いました。本当に必要なものだけと選び家族でそれぞれ持ち出す工夫などさくらさんと一緒に考えました。そしてさくらさんの家の避難リックの例として水タンクに備品を入れて持ち出すアイデアなども聞きました。ガムテープの代わりにテーピングテープを使うなどなるほどと思えるアイデアでした。
最後の座学は山口さんからスマホを使った防災のアイデアを聞きました。
Dsc07099 Dsc07102  Dsc06978Dsc06980

一日かけて内容が盛沢山の防災講習でした。でも、被災時のトイレの事や子育てママ向けの防災講習などまだまだたくさんの防災あれこれがあるそうです。
川崎市民による川崎市民のための防災共助ネットワークの『まごころキッチンプロジェクト』さんの今後の活動にも注目です!(川村)

|

2019年8月16日 (金)

スイカ割り

今日も暑さが続いていますが、利用者さんたちは元気です!午前中には保育施設の子どもたちが水鉄砲遊びに、午後は育児サークルの子どもたちが野遊びに来てくれました。
Dsc06898 Dsc06894

野遊びの途中でのおやつタイムはスイカ割りでした。スイカは子育てサークルのママ友達が家庭菜園で育てたものを差し入れでいただいたそうです。最初に夏休み中のお父さんが目隠しをしてスイカ割りの見本を示してくれました。でも、うまく割れなかったので次は子どもたちの番です。

Dsc06899 Dsc06901
最初は子どもたちもお父さんの真似をしていたのですが、目隠しで真っ暗なのが怖かったので目隠しをしなかったり、目隠しがずれていてスイカが見えちゃったりしました。そして一生懸命に棒でスイカを叩くのですが、なかなか割れません。

Dsc06936 Dsc06926

次いでお母さんたちにも順番がやってきて真剣勝負でスイカを叩くのですが、なかなか割れませんでした。

Dsc06905 Dsc06909

そして、再びお父さん登場!ようやく見事にスイカに亀裂がはいりました。
子どもたちはその亀裂に指をかけて最後には棒ではなく手でスイカ割り!
割ったその手で口にもスイカを運びます!
Dsc06947 Dsc06954

甘いスイカの匂いが広がりました。大きく切り分けてもらったスイカをパクつく子どもたちは、美味しいねと嬉しそう。

Dsc06960 Dsc06969

せっかくなのでと、室内で作業中の職員にもおすそわけをいただきました!
Dsc06970

楽しいスイカ割りのお誘いと手作りのスイカをありがとうございました!(川村)

|

2019年8月15日 (木)

黒川サマーキャンプ 3日目

あっという間の最終日。朝もお天気不良でハイキングは中止になりました。

子どもたちがぐっすり寝て元気いっぱい!
朝ごはんもしっかりと食べました。
3日目になると話題はキャンプの出来事や、班で流行った遊びなど、話題が変わってきました。
S_dsc0034 S_dsc0029 S_dsc0024 S_dsc0013


朝ごはんのあとは雨の合間をぬってグラウンドに立てたタープの撤収にいきました。
3日間過ごした、みんなの拠点です。最後までしっかりと片付けました。
 S_dsc0045 S_dsc0059 S_dsc0050


タープ撤収のあとは調理器具や自分の荷物、宿泊部屋の掃除などを行いました。
片付けも含めてキャンプです。みんなで楽しんで洗い物などをしていました。


しっかりと施設をきれいにしたあとはお昼の流しそうめんの準備です。
黒川で流すそうめんは小さく丸めて、流しやすく、取りやすくしています。
みんなの手際がとても良く、7kgのそうめんがなんと15分で巻き終わりました。
S_dsc0061_20190815192601 S_dsc0075_20190815192601 S_dsc0083


準備のあとはお待ちかねの流しそうめんです。
マイ竹カップにめんつゆを入れて、『流しそうめんの約束3か条』を聞いてスタートです!

そうめんの他にはキュウリやミニトマトなど夏野菜が流れます。
途中で席替えしたり、大人タイムうぃ設けたりしました。
S_dsc0089 S_dsc0091 S_dsc0096 S_dsc0150 S_dsc0185 S_dsc0194


今日は特別にロバさん特製の鮭わかめおにぎりも登場!
数量限定でしかもロバさんにジャンケンで勝たないともらえないということで、熱い?戦いが繰り広げられていました。
S_dsc0223 S_dsc0216


最後はデザートで冷凍みかんやパイン、ゼリーアイスを食べて終わりました。

そうめんのあとは、おわりのつどいで発表するあいうえお作文の文字作りと練習です。
今年のお題は「くろかわなつやすみ」です。
1日目のナイトハイクにクローズアップした作文や、3日間のエピソードを話してくれてたりと班の個性が出ていて素敵な発表でした。


最後は“さよなら”ではなく、“またね”をして、サマーキャンプは終了しました。

今年はお天気が不安定で、プログラムを変更しながら遊んだ3日間でした。
楽しいことだけはなく、時にはけんかもありました。
ですが、お互いに意見を言って仲直りをして、また一緒に活動するを繰り返して班の絆を深めていきました。

たくさんのエピソードがあり、ここでは伝えきれないですが、子どももスタッフも楽しんだ3日間になりました。
ご参加いただき、ありがとうございました。
(小川)

|

2019年8月14日 (水)

黒川サマーキャンプ 2日目

黒川サマーキャンプ2日目。今日は雨が降ったりやんだりの変わりやすい天気でした。

 

 

午前中は雨のため、室内にてアドベンチャーツアーを実施しました。

夕飯のドラム缶ピザのスペシャルトッピングがかかっているため、みんな真剣です。

班の仲間と協力して数々のアドベンチャーに挑戦しました。
Imgp0853 Imgp0829 Imgp0820 Imgp0798 Imgp0985 Imgp0992

 

午後は、ドシャ降りの雨の中始まった水遊び!
途中で雨も上がり、太陽が顔を出しました。

雨も含めて沢山の水を浴び、思いっきり楽しむことができました。
水遊び、最高!

Dsc06748Dsc06761Dsc06798Dsc06809Dsc06822Dsc06861  

Imgp1253 Imgp1259

 

雨も上がり、夕飯は黒川名物ドラム缶ピザに挑戦しました。

ブッシュクラフトの手法を使っての火起こし、粉から作るピザ生地。

手作りの本格ピザの美味しさに大満足でした。

67941602_374197443227520_863688222238257 68619314_383407555708509_215843169143619 67828570_2523457994553561_14348594315473 Imgp1287 Imgp1290

 

天気が目まぐるしく変わった1日でしたが、雨も含めて思いっきり楽しむことができました。夜に予定していたキャンプファイヤーが中止になってしまいましたが、それ以外は、予定通り実施することができました。

明日も天候が心配ですが、最終日も思いっきり楽しみたいと思います。(野口)

 

|

黒川サマーキャンプ1日目

一年に一回のサマーキャンプ。今年は48人の小学生と3日間を過ごします。

お家の人に「いってきます」をして、まずはキャンプのお約束の確認をしました。

そのあとはグラウンドに出て、仲間づくりゲームです。
2
人組や全体でなど、身体を動かして遊びました。


午前のプログラムは『タープの設営』です。
2
種類のロープワークと竹とブルーシートを使って、3日間の拠点となる場所を作りました。
Dsc06617 Dsc06623 Dsc06631 Dsc06646

タープが完成したあとは、その下でお弁当タイムです♪
学校や好きな教科の話などで盛り上がっていました。
Dsc06659 Dsc06657 Dsc06664 Dsc06665

午後は『竹カップづくり』です。
切り出した竹を自分たちで運び出し、ノコギリを使ってカップを作りました。
このカップはお茶飲みコップにしたり、流しそうめんのつゆ入れになったりと3日間大活躍します!
Dsc06678 Dsc06681 Dsc06686 Dsc06683

サマーキャンプではご飯も自分たちで作ります。
火起こし、鍋でお米を炊くなどの初めて体験をした人もいました。
Dsc06690 Dsc06696 Dsc06698 69304371_2290272184621108_41160175995762

今日の最後のプログラムは『ナイトハイク』です!
懐中電灯を使って、光の目印をたどりながら、暗いどんぐり山をお散歩しました。
Dsc06702 Dsc06721 Dsc06726 Dsc06710 Dsc06711 Dsc06719  

あっという間の1日目、雨が降ったりやんだりと変化に富んだ天気の中、子どもたちは元気いっぱいでした。

明日も雨の予報がされていますが、プログラムを一部変更したり、天気と相談しながら2日目も元気に遊びたいと思います!
(
小川)

|

«サマーキャンプ準備!